Vape FYI

HOME > クリアロマイザー&コイル交換式 >Green Subohm Tank(グリーン サブオーム タンク) [CARRYS(キャリーズ)] レビュー

07 2017

Green Subohm Tank(グリーン サブオーム タンク) [CARRYS(キャリーズ)] レビュー

IMG_1801.jpg 

CARRYSのGreen Subohm Tankクリアロマイザーのレビューになります。

とにかく安さが売りの$10アトマイザーです。
ドリップチップやコイルまでもシリコン製になっているため、一抹の不安を感じますがさっそく見ていきたいと思います。


提供していただいたのはHEAVEN GIFTSさんです。ありがとうございます!

Thank you for your offer! HEAVEN GIFTS!


開封してみよう

IMG_1774.jpg 

覗き窓のあるパッケージなんて贅沢ですね。
もっとコストカットに努めてもらいたいものです。

簡易仕様が記載されています。

IMG_1775.jpg 

パッケージ側面
正規品確認用のスクラッチがあります。
$10で買えるクリアロのクローンが作られることは無いでしょう。

IMG_1776.jpg 

パッケージ裏面
内容物一覧やメーカーの詳細が記載されています。

IMG_1777.jpg 

IMG_1778.jpg 

内容物
          • Green Subohm Tank本体(G1 0.5ohmコイル組込済み) ×1
          • シリコンエアフローコントロールリング ×1
          • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

          どう見てもただのVAPEリングですが、"シリコンエアフローコントロールリング"なのです。物は言い様ですね。

          Green Subohm Tank のスペック

          種類クリアロマイザー
          材質SS304+クォーツガラス(タンク)
          スレッド510
          ドリップチップ810
          直径24.5mm
          高さ49.3mm
          ※スレッド含まず
          重量41g
          ※コイル含む
          コイルG1 0.5ohm(シングル)※付属コイル
          F2 0.3ohm(デュアル)
          F3 0.2ohm(トリプル)
          エアフローボトムエアフロー
          タンク容量4ml
          リキッドチャージトップフィル

          IMG_1779.jpg 

          IMG_1780.jpg 

          IMG_1781.jpg 

          塗装の仕上がりも良く、見た感じはとても$10のアトマイザーには見えません。
          グリーンのパーツは全て食品グレードのシリコン製になっています。
          カラーバリエーションは、ブラック以外にグリーンとシルバーがあります。

          IMG_1782.jpg 

          エアフローの調整機能はありませんので、シリコンエアフローコントロールリングという名のVAPEリングをここに使うようです。

          IMG_1783.jpg 

          510スレッドです。

          IMG_1784.jpg 

          ハイブリッドでの使用はできません。

          IMG_1785.jpg 

          トップフィル方式ですので、リキッドチャージ時はトップキャップを外したこの状態で行います。

          IMG_1786.jpg 

          デッキ/G1 0.5ohmコイル/チムニー/ガラスタンク/トップキャップ/810ドリップチップ

          IMG_1787.jpg 

          トップキャップ/810ドリップチップ

          IMG_1788.jpg 

          トップキャップ裏面

          IMG_1789.jpg 

          シリコン製810ドリップチップ
          外径:14.6mm、出口内径:11.5mm、接続部内径:7.5mm
          高さ:9.5mm(接続部含まず)

          シリコン製なので柔らかいです。

          IMG_1791.jpg 

          チムニーの下からコイルを挿し込みます。
          ネジなどは無く、ただ挿し込むだけです。

          IMG_1792.jpg 

          ジュースホールは4箇所あります。

          IMG_1793.jpg 

          コイル底面
          G1 0.5Ω 30-80W

          IMG_1794.jpg 

          コイル上面
          パラレルコイルのバーチカルです。

          IMG_1795.jpg 

          デッキ内側

          IMG_1796.jpg 

          コンタクトピンは刺さっているだけです。
          小さいので紛失しないよう注意してください。

          吸ってみよう

          ※新品のコイルを使用する時は、ドライヒットを防ぐためコイル上部のメッシュへリキッドを3-4滴ほど染みこませてから組み込んでください。
          リキッドチャージ後、5-10分ほど放置してコイルへリキッドをよく浸透させます。


          IMG_1798.jpg 

          リキッド:Summer Vibes(PG25/VG75)
          MOD表示では0.68Ωでした。

          20W 3.69V
          通電していないのかと思うくらいミストが出ません。
          立ち上がりが異常に遅いです。

          30W 4.52V
          少しマシになりましたが、まだおかしい感じがします。

          40W 5.22V
          やっと普通に立ち上がり、ミストも出るようになってきました。

          50W 5.83V
          このくらいが無難なように思います。
          味はリキッドのダイレクトな味がします。なにせリキッドがジュルジュルで口に入りまくるので、文字通りダイレクトな味です。

          コイル上部とチムニーの接点からリキッドを吸い込んでしまっているのか、コットンが緩いのかだと思います。
          コイルを挿し直したりしてみましたが改善しなかったので、ハズレコイルだった可能性が高いです。0.5Ωのはずが0.68Ωとか、異常な立ち上がりの遅さもハズレコイルだからなのかもしれません。



          IMG_1800.jpg 

          シリコンエアフローコントロールリングで、このようにエアフローを調整するようです。

          まとめ

          IMG_1799.jpg 

          セールスポイントはとにかく"安い!"
          15%OFFクーポンを使用して$9.34という激安クリアロマイザーで、スペアコイルも1個約$1です。

          運悪くハズレコイルを引いてしまったようで、まともに吸うことができず残念でした。
          シリコン製コイルを差し込むだけの仕様なため、当たり外れが出やすくなるんじゃないかと思います。
          やはりコイルだけは金属製のネジ式がよかったですね。

          なにせ安いので、総額の帳尻合わせや使い捨て、ネタなどにどうぞ!


          こちらから購入できます!



          ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
          ブログランキング・にほんブログ村へ
          にほんブログ村


          関連記事







          CARRYS  HEAVENGIFTS 

          0 Comments

          Leave a comment