VapeFYI

HOME > 加熱式たばこ > iQOS互換機 > iQOS互換機 iBuddy i1(アイバディ i1) [iBuddy] レビュー

12 2017

iQOS互換機 iBuddy i1(アイバディ i1) [iBuddy] レビュー

IMG_2032.jpg

iQOS互換機のiBuddy i1のレビューになります。
かなり評判の良いiQOS互換機らしいです。

私はiQOS難民からVAPERになったので、加熱式たばこ自体が初体験になります。
紙巻たばこを止めてから約4ヶ月ほど経過し既に喫煙欲は無くなっているので、何か悪いことをしようとしているみたいでドキドキしますね。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_2006.jpg

パッケージのカラーが中身の本体カラーに対応しています。

IMG_2007.jpg

パッケージ裏面
内容物や正規品確認用のスクラッチがあります。

IMG_2008.jpg

本体がフィルムでラッピングされています。
些細な配慮が嬉しいですね。

IMG_2009.jpg

IMG_2026.jpg

クリーニングブラシ

IMG_2011.jpg

マニュアルは製本されたしっかりとした作りになっています。
日本語は怪しい感じですが、意味は分かるので操作などに困ることは無いと思います。

内容物
        • iBuddy i1本体 ×1
        • USBケーブル ×1
        • クリーニングブラシ ×1
        • クリーニングコットン ×5
        • ユーザーマニュアル(日本語記載有り) ×1

        iBuddy i1 のスペック

        サイズ 79.5mm*46.0mm*25.5mm
        重量 70.5g
        バッテリー容量1800mAh
        最大充電入力 5V-1A
        充電時間 2-3時間
        喫煙可能数 満充電時15本
        (iQOS:20本)
        喫煙時間 5分20秒又は16パフ
        (iQOS:6分又は14パフ)
        保護機能 加熱保護
        基板温度保護
        短絡保護
        カットオフ(5s)
        過放電保護

        20171011114028_4517.jpg

        カラーバリエーションは、レッド/ホワイト/ブラックの3色になります。

        IMG_2013.jpg

        本体表面
        右上にLEDが3つと、下に"iBuddy"のロゴがプリントされています。
        ラバー塗装されており、手触りが良く高級感があります。

        IMG_2014.jpg

        本体裏面
        何もありません。

        IMG_2016.jpg

        本体右側面
        パワーボタン

        IMG_2018.jpg

        パワーインジケーター

        IMG_2015.jpg

        本体上面
        スティックホルダー

        IMG_2019.jpg

        本体左側面
        スティックホルダーを押し出すための、スライドボタン

        IMG_2020.jpg

        スティックホルダーを完全に取り出すことができます。

        IMG_2021.jpg

        加熱ピン
        iQOSの折れやすいブレードとは違い、細めの釘くらいの太さがあり頑丈そうです。

        IMG_2023.jpg

        IMG_2024.jpg

        スティックホルダー

        IMG_2017.jpg

        本体下面
        充電用マイクロUSB端子

        IMG_2025.jpg

        充電は5V-1Aまでの対応です。
        PCのUSBやスマホのアダプターで充電します。

        充電中 緑LEDが流れるように点滅
        充電完了:LED消灯

        操作方法

        IMG_2027.jpg

        IMG_2028.jpg

        ヒートスティックセット方法 パターン1
        普通にヒートスティックを挿し込む。

        IMG_2045.jpg

        IMG_2046.jpg

        ヒートスティックセット方法 パターン2
        スティックホルダーにヒートスティックを予めセットしてから、スティックホルダーを持って挿し込む。
        私はこちらの方法の方が挿しやすく、フィルターが変形することもなく良かったです。

        IMG_2034.jpg

        電源のON/OFF:パワーボタンを2秒以内に5クリック

        電源がONになると、現在のバッテリー残量がインジケーターに表示されます。

        20170828154928_3581.jpg

        パワーインジケーター バッテリー残量
        LED3つ点灯 80%~
        LED2つ点灯 50%~
        LED1つ点灯 25%~

        IMG_2036.jpg

        予熱開始/停止:パワーボタンを3秒間長押し

        予熱中は赤LEDが点滅し(約20秒)、予熱が完了し喫煙可能になると赤LEDが点灯に変わります。

        喫煙方法:ただ吸うだけです。
        VAPERの皆さんは、癖でパワーボタンを押しながら吸わないように気をつけてください。私はやってしまいました・・・

        IMG_2039.jpg

        5分20秒又は16パフの喫煙が終了すると、加熱が終了し赤LEDからバッテリー残量表示の緑LEDに変わります。

        IMG_2040.jpg

        喫煙済みヒートスティックの取り出し方法
        スライドボタンを押してからヒートスティックを取り出します。
        いきなりヒートスティックを引き抜くと、スティックのカスが内部に残る可能性があります。

        吸ってみました

        IMG_2047.jpg

        ※私はiQOS未経験で、紙巻たばこは4ヶ月ほど吸っていません。

        ヒートスティックを買いに行く前に調べた結果、レギュラーが基本の味だということだったのでこれに決めました。
        でも箱には"REGULAR"とは書いてないんですね。
        おかげで、コンビニの店員さんも私もiQOSに詳しくなかったため、青い箱がレギュラーだと気づくのに手間取ってしまいました。

        とりあえずいつものことなので、ヒートスティックの匂いを嗅いでおきます。
        うーん、懐かしい紙巻たばこそのままの匂いです。良い匂いです。
        一般的な紙巻たばこより若干直径が小さく、短くなっただけで普通のたばこに見えますね。
        これを吸っても「禁煙継続中」って言い張りますが大丈夫ですか?

        では吸ってみます。
        プハァ~、なるほどなるほど。
        これ、完全にたばこですね
        フィリップモリス系洋モク独特の味そのものです。

        燃やしてはいないので一酸化炭素やタールが少ないためか、紙巻たばこをマイルドにして吸いやすくしたような感じです。
        軽くなったとか薄いのではなく、たばこ独特の毒々しさが減っています。
        それでも口内は紙巻たばこを吸った時のような独特の感覚になります。
        明らかにニコチンだけではなくタールを摂取している感覚を感じ、肺や胃への刺激も喫煙していた頃を思い出します。

        ミストはかなり少ないですね。
        ヒートスティックにはグリセリンが添加されていて、それが気化しているだけなので味には関係しませんが、視覚的にはやや不満が残ります。
        しかしながら昨今はミスト(煙)が嫌がられる傾向にもあるので、少ないのは良いことかもしれません。
        ミストの匂いも紙巻たばこっぽいですが、かなり薄く室内で吸っても問題無さそうでした。

        10パフ目くらいから最後の16パフ目にかけて、緩やかに味が薄くなっていく感じがしました。
        先端から順に燃やしているわけではないので、徐々に薄くなるのは仕方がないですね。

        喫煙中にスティックホルダー辺りが暖かくなりますが、熱く感じるほどではありませんでした。

        IMG_2041.jpg

        IMG_2042.jpg

        吸い終わったヒートスティック

        IMG_2044.jpg

        解体してみました。
        ヒートスティックの吸殻は臭いと聞いていましたが、私は不快なほどには感じず紙巻たばこの吸殻の方が臭いと思います。

        写真の吸殻は16パフだけした物ですが、16パフ後にそのまま再加熱してシケモクしてみたら、酷い味で喉にも肺にも嫌な刺激を感じたので絶対に止めておいた方がいいです。

        まとめ

        もし私がiQOSを購入しようとしていた時期に通販で簡単に購入できるiBuddy i1が存在していたら、おそらく今VAPEをしていることは無くヒートスティックを吸っていたと思います。
        そのくらい"たばこ"であり満足感がありました。
        味がマイルドになったことにより若干喫煙本数が増えた可能性はありますが、紙巻たばこからの移行はスムーズにできていたと想像できます。

        フィリップモリスが品薄商法紛いなことをしたり転売屋対策を怠った結果、私のような本来なら継続的にお金を落としたユーザーを多く逃したと思います。
        私が行くコンビニでは未だにiQOS本体を見かけることはありませんが、glo(グロー)本体はレジ横で見かけることが多くなりました。

        iQOSは超高確率で破損又は故障し、冬はまともに使えないようなので、値段もiQOSより安いiBuddy i1の方が断然良いですね。
        満充電時で吸えるのが15本なので、外出時に多く吸う方はモバイルバッテリーを持ち歩くより、小さくて邪魔にならないiBuddy i1を2つ持ち歩いた方が良いと思いますよ。

        iBuddy i1も各所で徐々に品薄になってきているようです。
        人気のカラーは入手しづらくなる可能性がありますので、お早めにどうぞ。


        こちらから購入できます!送料無料!


        ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
        ブログランキング・にほんブログ村へ
        にほんブログ村


        関連記事

        iBuddy  iQOS  ベプログショップ 

        0 Comments

        Leave a comment