Vape FYI

HOME > テクニカルMOD >SINUOUS P80(シニュアス) [Wismec(ウィスメック)] レビュー

24 2017

SINUOUS P80(シニュアス) [Wismec(ウィスメック)] レビュー

IMG_2239.jpg

Wismec(ウィスメック)のテクニカルMOD、SINUOUS P80(シニュアス P80)のレビューになります。

SINUOUSには「しなやかな・曲がりくねった」などの意味があり、人間工学に基づいた斬新なデザインのP80によく合ったネーミングです。
発売時から気になっていたMODなだけに、期待しています。


提供していただいたのはSourcemoreさんです。ありがとうございます!

Thank you for your offer! Sourcemore!


開封してみよう

IMG_2234.jpg

ロボっぽいデザインのMODだから宇宙なのでしょうか?


IMG_2235.jpg

内容物の記載や正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_2236.jpg

表面がふさふさしたクッション材ですが、質が良く繊維が抜けてくるようなことはありませんでした。

IMG_2237.jpg

IMG_2238.jpg

Joyetech系列のメーカーなようで、マニュアルの日本語の不自然さはほとんど無く分かりやすいです。

内容物
  • SINUOUS P80本体 ×1
  • USBケーブル ×1
  • 多国語ユーザーマニュアル(日本語記載有り) ×1
  • ワーニングカード ×1

SINUOUS P80 のスペック

サイズ 34.0*28.5*80.5mm(実測値)
重量 98.2g(実測値)
ワット数範囲 1-80W
電圧範囲 0.5-8V
充電最大入力 2A(急速充電対応)
スレッド 510(スプリング式)
バッテリー 18650 ×1
出力モード VW/Bypass/TC(Ni,Ti,SS,TCR M1-3) mode
抵抗値範囲
0.1-3.5ohm (VW/Bypass mode)
0.05-1.5ohm (TC modes)
温度範囲
100-315℃/200-600℉ (TC modes)
保護機能 低抵抗値保護(VW 0.1ohm/TC 0.05ohm)
短絡保護
内部温度保護(70℃)
自動カットオフ(10s ※変更可)
過放電保護
逆極性保護

p80_color.jpg

カラーバリエーション
レッド/シルバー/ブラック/ブロンズ/ブルー

IMG_2244.jpg

IMG_2240.jpg

本体表面
SINUOUSのロゴマークが刻印されています。

IMG_2266.jpg

SINUOUS-P80_07.gif

ロゴマークの下に、パフボタンと連動して光るインジケーターLEDがあります。
グリーン/イエロー/レッド/OFFと設定可能です。

IMG_2241.jpg

本体裏面
上部に"SINUOUS"、下部に"P80"のロゴがプリントされています。

IMG_2281.jpg

本体側面
下部 左:-ボタン/右:+ボタン、マイクロUSB端子

ディスプレイ面全体がパフボタンになっています。
ディスプレイのサイズは0.96インチです。

IMG_2252.jpg

上部中央にマイクロスイッチ(パフボタン)が透けて見えます。

IMG_2251.jpg

+-ボタン付近は基板が透けて見えます。

IMG_2243.jpg

本体側面
ディスプレイ面の反対側には何も無く、対になったデザインになっています。

IMG_2245.jpg

IMG_2246.jpg

本体上面
スプリング式510スレッド
アトマイザーとP80の間に薄い紙が入る程度の隙間ができ、P80に傷が付かないようになっています。
25mmのアトマイザーまで、はみ出さずに載せることができます。

IMG_2248.jpg

本体下面
バッテリーカバーにベントホールが開いています。

IMG_2249.jpg

バッテリーカバーはスライド式です。
開ける時は単にスライドさせるだけで、閉める時は押し込みながらスライドさせます。

IMG_2250.jpg

18650バッテリーは奥に+極、バッテリーカバー側を-極にしてセットします。

IMG_2253.jpg

PCのUSBやスマホのUSBアダプターで充電できます。
5V-2Aの急速充電にも対応しています。

IMG_2254.jpg

IMG_2256.jpg

eVic Primo Mini [Joyetech]との比較です。
サイズ感はほぼ同じですね。


アトマイザーとの組み合わせ

IMG_2257.jpg

IMG_2263.jpg

Serpent SMM RTA(24mm)


IMG_2258.jpg

IMG_2264.jpg

Maze V4 RDA(24mm)


IMG_2259.jpg

IMG_2262.jpg

Maze V3 RDA(22mm)


IMG_2260.jpg

IMG_2261.jpg

YURI RDA(22mm)


SINUOUS P80 のファームウェアアップデート方法

購入時のファームウェアより新しいバージョンが公開されている場合は、最新のバージョンにアップデートします。
※購入時に最新Verでもロゴは入っていない状態なので、最初に1度だけはやっておくことをおすすめします。

※2017/11/22現在の公開VerはV1.01です。

上記URLのWismecサイトで、最新のファームウェアが公開されています。

  1. WinかMacをクリックしてSINUOUS_P80_V1.01.zipをダウンロードします。
  2. zipファイルを解凍します。
  3. SINUOUS P80とPCをUSB接続します。
  4. 解凍して出来たフォルダ内のUpdateWismec.exeを実行します。
    p80_update.jpg
  5. Updateボタンを押してSINUOUS_P80_V1.01.binを選択します。
  6. LOGOボタンを押してLOGO.bmpを選択します。

万が一失敗しても慌てることなく、もう一度最初からやってみてください。 手持ちのUSBケーブルを使用すると上手くいかない場合がありますので、付属のUSBケーブルを使ってみてください。
  

SINUOUS P80 の操作方法

電源OFF時 
パフボタン 5クリック電源ON 
パフボタン 20クリックファームウェアのバージョン表示
-ボタンとパフボタン 長押しバッテリーの電圧表示
+ボタンと-ボタン 長押し液晶画面の反転 
+ボタンとパフボタン 長押しTCR設定

電源ON時 
パフボタン 5クリック電源OFF 
+ボタンと-ボタン 長押し
+/-ボタンのロック
-ボタンとパフボタン 長押しステルスモード
+ボタン/-ボタンW数/温度調整
※華氏°Fと摂氏℃の切り替え(TCモード時)
 数値が最大時に+ボタン/最小時に-ボタン 
パフボタン 3クリック-ボタンで設定カ所移動

左上
+ボタンで出力モードの切替
VW/BP/TC/TCR

左下
+ボタンで表示内容切替
A(アンペア)/パフ数/パフ時間
※パフ数・時間の時にパフボタン長押しでリセット

右上
+ボタンでバッテリーレベル表示切替
マーク/%

下から二段目(Power)※TCモード時
設定温度に到達するまでのW数設定
+ボタンで設定開始
+/-ボタンで調整、パフボタンで決定

右下※TCモード時
+ボタンで抵抗値のロック/アンロック
パフボタンと+ボタン 長押し+ボタンで設定モード切替
-ボタンで選択
+ボタンで次の設定モードへ
パフボタンで設定完了

Led Color(LEDの色)
Green/Yellow/Red/Off

LOGO(ロゴ表示)
ON/OFF

Preheat(プリヒート)
VWモード時に立ち上がりを良くするための機能
(設定Timeの間はPwrのW数で出力する)
+/-ボタンで調整
パフボタンでPwr/Timeの選択切替
※Preheatから次の設定モードへは行けません。
Pwr:1-80W
Time:Off/0.1-2.0s

Time out(カットオフ保護機能)
指定秒数間パフボタンを押し続けると出力停止
5-10s/15s/OFF

disp_p80.jpg

右下:バッテリー残量%/ロゴON/パフ数表示

まとめ

IMG_2267.jpg

良かったところ
  • 細身で角が無く握りやすい
  • ディスプレイ面全体がパフボタンなので押しやすい
  • 大きめで解像度の高いディスプレイが見やすい
  • 25mmのアトマイザーがはみ出ずに載る
  • P80とアトマイザーの間に隙間があり傷が付かない
  • Joyetech系と基本操作が同じで簡単
  • バッテリーの脱着が挿入方式で楽
  • 5V-2A急速充電対応
  • ほぼ自然な日本語のマニュアル

気になったところ
  • パフボタンの押し心地が少し硬め
  • 艶のあるプラスチック部分が多いため手跡が付きやすい
  • LEDは必要無くデザイン的にも埋めてほしかった(個人的な好み)
※パフボタンの硬さは、ディスプレイ面全体がボタンなので誤操作を防ぐため若干硬めにしてあるのだと思います。私はすぐに慣れました。

細身のMODは倒れやすいんじゃないか?と心配される方が居ますが、そんなことはありません。(MOD自体の重心が上部にあるiStick ASTERは例外)倒す人はどのようなMODでも倒すでしょう。

細身のスティック型MODが好きな私にとっては大満足なMODでした。
Joyetech系なので基本操作が共通で分かりやすいのもポイントが高いです。
eVic Primo Mini大好き人間の私が選ぶとしたら僅差でeVic Primo Miniですが、P80とはほぼ側違いなだけです。
既存MODと同じ性能ではありますが、値段・デザイン・安心感で十分おすすめできるMODです!


こちらから購入できます!


国内での購入はこちらから!
SINUOUS P80 スターターキット バッテリー付き【Wismec】 [ベプログショップ]


↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

Wismec  Sourcemore 

0 Comments

Leave a comment