Vape FYI

HOME > BOX-MODスターターキット >SINUOUS P80 with ELABO mini(シニュアスP80 ウィズ エラボミニ) [Wismec(ウィスメック)] レビュー

30 2017

SINUOUS P80 with ELABO mini(シニュアスP80 ウィズ エラボミニ) [Wismec(ウィスメック)] レビュー

IMG_2341.jpg

WismecのSINUOUS P80 with ELABO miniスターターキットのレビューになります。

WismecはJoyetech系メーカーなので、MODの性能・精度・操作性は折り紙つきです。
アトマイザーのELABO miniは、当ブログで今までに取り扱ったクリアロマイザーの中で1,2位を争う出来で、味もよく出る爆煙系となっています。
個人的に今一番おすすめの"本格VAPEスターターキット"です!


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_2335.jpg

ロボットのようなSFを思わせる本体デザインに合わせて、パッケージの背景は宇宙になっています。

IMG_2336.jpg

パッケージ裏面
内容物一覧やメーカー所在地の記載と、正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_2337.jpg

表面にベロアのような生地が張られた、高級感のあるクッション材が使われています。

IMG_2338.jpg

IMG_2339.jpg

WismecはJoyetech系のメーカーなのでマニュアルの出来も良いです。ほぼ自然な日本語で分かりやすくなっています。

内容物
      • SINUOUS P80 MOD ×1
      • ELABO mini クリアロマイザー(WS01 Triple 0.2ohm組込済み) ×1
      • 予備コイル(WS01 Triple 0.2ohm) ×1
      • USBケーブル ×1
      • ユーザーマニュアル(日本語記載有り) ×2
      • ワーニングカード ×1

      IMG_2340.jpg

      • SONY VTC4 18650バッテリー(30A、2100mA、3.7V) ×1

      ベプログショップさんではバッテリー付きになっています。

      SINUOUS P80 のスペック

      サイズ 34.0*28.5*80.5mm(実測値)
      重量 100.3g(実測値)
      ワット数範囲 1-80W
      電圧範囲 0.5-8V
      充電最大入力 2A(急速充電対応)
      スレッド 510(スプリング式)
      バッテリー 18650 ×1
      出力モード VW/Bypass/TC(Ni,Ti,SS,TCR M1-3) mode
      抵抗値範囲
      0.1-3.5ohm (VW/Bypass mode)
      0.05-1.5ohm (TC modes)
      温度範囲
      100-315℃/200-600℉ (TC modes)
      保護機能 低抵抗値保護(VW 0.1ohm/TC 0.05ohm)
      短絡保護
      内部温度保護(70℃)
      自動カットオフ(10s ※変更可)
      過放電保護
      逆極性保護

      p80s_color.jpg

      シルバー/ブラック/ブロンズ/レッド/ブルー
      豊富なカラーバリエーションから好みのカラーを選ぶことができます。

      SINUOUS P80 MOD単体 [Wismec]でも購入できます。

      IMG_2366.jpg

      IMG_2342.jpg

      本体表面
      ステンレスのヘアラインが見えるシルバーで、一番無難なカラーでもあります。

      IMG_2365.jpg

      SINUOUS-P80_07.gif

      本体表面上部には"SINUOUS"のロゴマークが刻印されています。
      ロゴマークの下には、パフボタンに連動したLEDインジケーターがあります。

      グリーン/イエロー/レッド/OFF と設定可能です。

      IMG_2343.jpg

      本体裏面
      表面と同じ場所にLEDインジケーターがあります。

      IMG_2345.jpg

      本体裏面上部には"SINUOUS"のロゴがプリントされています。

      IMG_2346.jpg

      本体裏面下部には"P80"のロゴがプリントされています。

      IMG_2354.jpg

      本体側面(ディスプレイ面)
      ディスプレイ面全体がパフボタンになった造りで、握ってパフボタンを押すこともできます。パフボタンのある上部辺りを、親指もしくは人差し指でクリックする一般的な操作方法も可能です。

      解像度の高いOLEDディスプレイのサイズは0.96インチです。

      IMG_2355.jpg

      ディスプレイ面上部中央にマイクロスイッチ(パフボタン)が透けて見えます。

      IMG_2359.jpg

      ディスプレイ面下部
      内部の基板が透けて見えています。

      左:-ボタン、右:+ボタン、マイクロUSB端子

      IMG_2360.jpg

      本体側面
      特に何も無く、ディスプレイ面と対になったデザインになっています。

      IMG_2348.jpg

      IMG_2349.jpg

      本体上面
      スプリング式510スレッドになります。
      アトマイザーを取り付けた際に、P80上面とアトマイザーとの間に紙1枚程度の隙間ができ、双方に傷が付かないようになっています。

      IMG_2350.jpg

      IMG_2351.jpg

      本体底面
      バッテリーカバーには"WISMEC"ロゴの刻印とベントホールが開いています。

      IMG_2352.jpg

      バッテリカバーはスライド式になっています。
      開ける時は単にスライドさせ、閉じる時は押し込みながらスライドさせます。

      +ネジが4本見えているので分解が簡単そうです。

      IMG_2353.jpg

      バッテリーの向きは、奥側に+極を手前側が-極です。

      IMG_2367.jpg

      PCのUSBやスマホのアダプターなどを使用して充電します。
      5V-2Aの急速充電にも対応しています。

      IMG_2375.png

      IMG_2376.jpg

      eVic Primo Miniとはほぼ同じサイズ感です。

      アトマイザーとの組み合わせ

      IMG_2368.jpg

      IMG_2373.jpg

      ELABO mini(25mm)

      IMG_2369.jpg

      IMG_2372.jpg

      Serpent SMM RTA(24mm)


      IMG_2370.jpg

      IMG_2371.jpg

      Maze V3 RDA(22mm)

      SINUOUS P80 のファームウェアアップデート方法

      購入時のファームウェアより新しいバージョンが公開されている場合は、最新のバージョンにアップデートします。
      ※購入時に最新Verでもロゴは入っていない状態なので、最初に1度だけはやっておくことをおすすめします。

      ※2017/11/28現在の公開VerはV1.01です。

      上記URLのWismecサイトで、最新のファームウェアが公開されています。

      1. WinかMacをクリックしてSINUOUS_P80_V1.01.zipをダウンロードします。
      2. zipファイルを解凍します。
      3. SINUOUS P80とPCをUSB接続します。
      4. 解凍して出来たフォルダ内のUpdateWismec.exeを実行します。
        p80_update.jpg
      5. Updateボタンを押してSINUOUS_P80_V1.01.binを選択します。
      6. LOGOボタンを押してLOGO.bmpを選択します。

      万が一失敗しても慌てることなく、もう一度最初からやってみてください。 手持ちのUSBケーブルを使用すると上手くいかない場合がありますので、付属のUSBケーブルを使ってみてください。

      SINUOUS P80 の操作方法

      電源OFF時 
      パフボタン 5クリック電源ON 
      パフボタン 20クリックファームウェアのバージョン表示
      -ボタンとパフボタン 長押しバッテリーの電圧表示
      +ボタンと-ボタン 長押し液晶画面の反転 
      +ボタンとパフボタン 長押しTCR設定

      電源ON時 
      パフボタン 5クリック電源OFF 
      +ボタンと-ボタン 長押し
      +/-ボタンのロック
      -ボタンとパフボタン 長押しステルスモード
      +ボタン/-ボタンW数/温度調整
      ※華氏°Fと摂氏℃の切り替え(TCモード時)
       数値が最大時に+ボタン/最小時に-ボタン 
      パフボタン 3クリック-ボタンで設定カ所移動

      左上
      +ボタンで出力モードの切替
      VW/BP/TC/TCR

      左下
      +ボタンで表示内容切替
      A(アンペア)/パフ数/パフ時間
      ※パフ数・時間の時にパフボタン長押しでリセット

      右上
      +ボタンでバッテリーレベル表示切替
      マーク/%

      下から二段目(Power)※TCモード時
      設定温度に到達するまでのW数設定
      +ボタンで設定開始
      +/-ボタンで調整、パフボタンで決定

      右下※TCモード時
      +ボタンで抵抗値のロック/アンロック
      パフボタンと+ボタン 長押し+ボタンで設定モード切替
      -ボタンで選択
      +ボタンで次の設定モードへ
      パフボタンで設定完了

      Led Color(LEDの色)
      Green/Yellow/Red/Off

      LOGO(ロゴ表示)
      ON/OFF

      Preheat(プリヒート)
      VWモード時に立ち上がりを良くするための機能
      (設定Timeの間はPwrのW数で出力する)
      +/-ボタンで調整
      パフボタンでPwr/Timeの選択切替
      ※Preheatから次の設定モードへは行けません。
      Pwr:1-80W
      Time:Off/0.1-2.0s

      Time out(カットオフ保護機能)
      指定秒数間パフボタンを押し続けると出力停止
      5-10s/15s/OFF

      disp_p80.jpg

      右下:バッテリー残量%、ロゴON、パフ数表示

      ELABO mini のスペック

      種類 クリアロマイザー
      材質 SS+ガラス
      スレッド 510
      ドリップチップ 510
      直径 25mm
      高さ 34.5mm
      ※ドリップチップ・スレッド含まず
      重量 67.2g(実測値)
      コイル 交換式
      エアフロー ボトムエアフロー
      タンク容量 2ml
      リキッドチャージ トップフィル

      IMG_2392.jpg

      IMG_2391.jpg

      金属の塊といった重厚感のあるかっこいいデザインで、今までに取り扱ったクリアロマイザーの中では一番好きです。
      外径は25mmですがガラスチューブは24mmとなっており、転倒時などに割れにくいようデザインされています。

      IMG_2393.jpg

      IMG_2394.jpg

      付属のドリップチップは510規格の物には珍しく、Oリングがありません。
      カチッとした感触で嵌り、エアー漏れはありませんでした。

      IMG_2396.jpg

      トップキャップは矢印を押すことにより開く、スライド式になっています。
      現れたチャージホールからリキッドをチャージする、トップフィル方式です。
      チャージホールは、一般的なノズルのボトルであれば問題なくチャージできるサイズです。

      ※ドリップチップを外した状態でないとスライドさせることはできません。
       メーカー曰く「チャイルドロック」です。

      IMG_2379.jpg

      IMG_2380.jpg
      付属の510ドリップチップ
      接続部を樹脂製にすることによって、熱が伝わりにくくなっています。

      外径:13.8mm、内径:10.0mm、接続部内径:7.7mm、高さ:10.4mm(接続部含まず)

      IMG_2395.jpg

      Oリング付きの一般的な510ドリップチップを使用することも可能です。

      IMG_2401.jpg

      エアホールは無段階調整が可能で、2ヶ所あります。
      エアフローリングはとてもスムーズに動き、全開全閉時にストッパーが効きます。

      IMG_2397.jpg

      ポジティブピンは差し込んであるだけなので、ハイブリッドでの使用はできません。

      IMG_2406.jpg

      アトマイザーを逆さにした状態でジュースホール未満のリキッド残量であれば、リキッドが残ったままコイルの交換が可能です。

      IMG_2399.jpg

      デッキ部分/タンク部分/ドリップチップ

      ざっくり分解すると3パーツに分かれます。
      タンクは大容量に見えますが、TPD対応の2mlです。

      IMG_2383.jpg

      タンク部底面
      タンク下部のリングが硬くて緩まない時は、リング底面の溝にラジオペンチなどを引っ掛けて回すことができるようになっています。
      タンクの奥は硬いシリコンになっていて、コイル上面と密着します。この構造により、分解時に必ずデッキ側にコイルがあるので楽です。

      IMG_2400.jpg 

      タンク部分は3パーツに分解できます。
      ガラスチューブにOリングが固着している場合は無理に引っ張らず、お湯や水に浸けながらゆっくりと剥がしてください。

      IMG_2384.jpg

      デッキは分解不可です。

      IMG_2385.jpg

      ポジティブピンを抜いてみました。
      通常はここまで分解洗浄する必要はありません。

      IMG_2386.jpg

      WS01 Triple 0.2ohm コイル(40-80W)

      コイルのボトムには大きめのエアホールが開いています。

      IMG_2388.jpg

      大きなジュースホールが2ヶ所設けられています。

      IMG_2389.jpg

      コイル上面
      コイルの品名が"Triple"になっていますが、パラレル(ワイヤー2本)のバーチカル(縦置き)です。"Triple"とはワイヤーのことではないようですが、何のことかは分かりませんでした。


      使ってみよう

      ※コイルが新品の場合はドライヒットを防ぐため、予めコイル上面のメッシュ部分にリキッドを数滴滴下しておきます。

      IMG_2402.jpg

      ドリップチップを外し、トップキャップをスライドさせてリキッドをチャージします。

      ※コイルが新品の場合はドライヒットを防ぐため、立てた状態で15-30分放置してコイルにリキッドを十分に染み込ませます。

      IMG_2403.jpg

      リキッド:Envy(PG50/VG50)

      抵抗値はMOD表示で0.23Ωでした。
      コイルの推奨W数が40-80Wなので40Wから試しましたが、60W(約3.7V)から75W(約4.2V)辺りでの使用が良さそうです。
      今回使用したリキッドでは、70W(約4.0V)でエアホール2/3から1/2開けが良く味が出ていて美味しかったです。
      スターターキット付属のクリアロマイザーの中では、今のところ断トツで美味しいです。Cleito EXO[aspire]にも引けを取らないと思います。

      【ELABO mini】
      エアホールの調整: スムーズでよく効いています。
      : 70Wでチェーンスモークしても、ドリップチップやトップキャップが熱くなることはありませんでした。
      スピットバック: ありませんでした。

      【SINUOUS P80】
      持ち心地: 握っても普通に持っても良くフィットします。
      パフボタン: カチッカチッといった感触で、指一本でクリックする場合は少し硬めですが、気になるほどではありません。

      まとめ

      IMG_2405.jpg

      【SINUOUS P80】
      良かったところ
      • 細身で角が無く握りやすい
      • ディスプレイ面全体がパフボタンなので押しやすい
      • 大きめで解像度の高いディスプレイが見やすい
      • 25mmのアトマイザーがはみ出ずに載る
      • P80とアトマイザーの間に隙間があり傷が付かない
      • Joyetech系と基本操作が同じで簡単
      • バッテリーの脱着が挿入方式で楽
      • 5V-2A急速充電対応
      • 必要十分な機能・性能で長く使える
      • ほぼ自然な日本語のマニュアル

      気になったところ
      • 人によってはパフボタンが少し硬めに感じる(すぐに慣れました)

      【ELABO mini】
      良かったところ
      • 重厚感のあるデザインでかっこいい
      • スライド式トップキャップのトップフィルでリキッドチャージが楽
      • 加工精度が良くエアフローリングなどの動きが良い
      • 爆煙クリアロマイザーの中ではかなり良く味が出る
      • 低抵抗高Wのチェーンスモークでも熱くならない
      • スピットバックが無い
      • 数日間の使用で漏れや滲みは無い
      • ほぼ自然な日本語マニュアル

      気になったところ
      • タンク容量が2mlと少なめ(TPD対応のため仕方がない)
      • 予備のガラスチューブなどが付属していない

      【スターターキットとして】
      本格的なVAPEスターターキットとして、性能・デザイン・将来性・値段どれも素晴らしく、今一番おすすめできるキットです!
      ベプログショップさんでは、安心のSONY製VTC4バッテリーが1本付属するので、あとはお好みのリキッドを選ぶだけで本格的なVAPEデビューができます。
      豊富なカラーバリエーションから、お気に入りのカラーをチョイスしましょう!


      こちらから購入できます!送料無料!




      ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村


      関連記事

      Wismec  ベプログショップ 

      0 Comments

      Leave a comment