Vape FYI

HOME > RDTA >Peerless RDTA(ピアレス) [Geek Vape(ギークベイプ)] レビュー

07 2017

Peerless RDTA(ピアレス) [Geek Vape(ギークベイプ)] レビュー

  • CATEGORYRDTA
  • COMMENT0
IMG_2607.jpg

Geek Vape(ギークベイプ)、Peerless RDTA(ピアレス)のレビューになります。

"Peerless RDTA"は直訳で「比類のないRDTA」になります。
ただの爆煙RDTAに見えますが、デッキポストが少々特殊な形状をしています。
シングルコイル運用可能&510ドリップチップアダプター付属なので、高抵抗ビルドも試してみたいと思います。


提供していただいたのはSourcemoreさんです。ありがとうございます!

Thank you for the offer! Sourcemore!

開封してみよう

IMG_2572.jpg

頑丈そうな大きいプラスチックケースです。
ロゴなどが紙の帯ではなくプリントされています。

IMG_2573.jpg

ケースはフィルムでラッピングされているのですが、上下に封印シールも貼られています。

IMG_2571.jpg

ケース裏面
正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_2574.jpg

IMG_2575.jpg

IMG_2576.jpg

内容物
            • Peerless RDTA本体 ×1
            • 予備ガラスチューブ ×1
            • レデューサー ×1
            • 510ドリップチップ ×1
            • 510ドリップチップアダプター ×1
            • Alpha Braid Coil ×2
            • 予備Oリング一式 ×1
            • 予備ネジ ×4
            • 予備リキッドチャージ口 ×2
            • ビルドツール ×1
            • ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×1

            Peerless RDTA のスペック

            種類 RDTA
            材質 SS+シリカガラス
            スレッド 510
            ドリップチップ 810/510
            直径 24mm
            高さ 37.2mm
            ※ドリップチップ・スレッド含まず
            重量 47.4g
            ※ドリップチップ含まず
            コイル シングル/デュアル
            エアフロー サイドエアフロー
            タンク容量 4ml
            カラー SS,Red,Gold,Blue,Black

            Peerless-rdta-color.jpg

            カラーバリエーション
            SS/レッド/ゴールド/ブルー/ブラック

            IMG_2598.jpg

            全体的にシンプルなデザインですっきりとしています。
            "Peerless"のロゴは刻印されています。
            大きく見えますが、一般的な24mmRTAと然程変わりません。

            IMG_2594.jpg

            810ドリップチップ装着

            IMG_2593.jpg

            810ドリップチップ接続部のOリングは、トップキャップ側にあります。

            IMG_2578.jpg

            IMG_2579.jpg

            810ドリップチップ
            二段階で広がるオーソドックスなタイプです。

            出口外径:18.0mm、出口内径:13.5mm
            接続部外径:12.0mm、接続部内径:9.0mm
            高さ:7.0mm(接続部含まず)

            IMG_2601.jpg

            510ドリップチップ装着

            IMG_2580.jpg

            510ドリップチップ/510ドリップチップアダプター

            IMG_2581.jpg

            二段階で広がるオーソドックスなタイプです。

            510ドリップチップ
            出口外径:15.0mm、出口内径:11.1mm
            接続部外径:8.4mm、接続部内径:6.0mm
            高さ:9.9mm(接続部含まず)

            510ドリップチップアダプター
            上面外径:16.0mm、内径:8.6mm、高さ:1.1mm(接続部含まず)

            IMG_2600.jpg

            無段階調整が可能で、2ヶ所あるサイドエアフローです。ストッパーはありません。
            トップキャップ上側の小さな窪み装飾のあるリングを回して調整します。
            全開ではスカスカ、全閉では吸えなくなり、しっかりと調整が効き滑らかに動きます。

            IMG_2595.jpg

            ポジティブピンは金メッキされています。
            ポスト固定兼用のため調整は不可です。

            IMG_2596.jpg

            ポジティブピンの出しろは、1.3mmと多く出ています。

            IMG_2608.jpg

            デッキ&タンク/トップキャップ
            ビルドやリキッドチャージはこの状態で行います。

            IMG_2587.jpg

            2ポール6ホールの変わった形状のデッキです。

            同じポストのPeerless RDAのメーカー商品ページを見ると、外側と内側下のホールはクラプトンワイヤーなど太めで大きいコイル用、内側上のホールが単線で小さなコイル用のようです。

            IMG_2588.jpg

            デッキ真上から
            上中央の小さな穴は、リキッドチャージ時のエア抜き用です。

            IMG_2589.jpg

            手前のヒンジを開くとリキッドチャージホールが現れます。
            ヒンジにはカチッとしたロック感は無く、トップキャップで押さえられます。

            IMG_2590.jpg

            シングルコイル用レデューサー
            上側はセラミックで、下側はシリコンです。

            IMG_2592.jpg

            レデューサー装着時

            IMG_2577.jpg

            ポジティブピン/ベース/ガラスチューブ/デッキ/トップキャップ/810ドリップチップ

            分解するとこのようになります。
            ネガティブ側ポスト用のネジを外しましたが、ラジオペンチを使用してもポストは外れませんでした。ネガティブ側が外れないと、ポジティブ側ポストも外せません。

            IMG_2584.jpg

            トップキャップ
            内側天井面は狭いですが一応ドーム状になっています。

            IMG_2586.jpg

            デッキ裏側
            右側の+ネジがネガティブ側ポスト固定用です。

            IMG_2585.jpg

            インシュレーターは非常に小さく軽いので、無くさないように気をつけてください。

            MODとの組み合わせ

            IMG_2603.jpg


            IMG_2606.jpg

            eVic Primo Mini [Joyetech]

            IMG_2605.jpg


            IMG_2604.jpg

            ビルドして吸ってみよう

            IMG_2612.jpg

            カンタル26g、内径3mm、6.5巻き、マイクロ、デュアル、0.52Ω

            メーカーの説明通りポスト中央上のホールを使用し、1つ目のコイルはネジの右側、2つ目のコイルはネジの左側を通しましたが、設置は割りと楽でした。
            エアホールに寄り気味になるような位置にしましたが、極端には寄せていません。

            IMG_2613.jpg

            コイルの高さは、エアホール上辺がコイルの中央辺りになる位置です。

            IMG_2614.jpg

            一般的なオーガニックコットンを使用しました。
            コットンの足の長さは、真横から見てほんの少し見える程度です。


            IMG_2615.jpg

            コイル :カンタル26g、内径3mm、6.5巻き、マイクロ、デュアル、0.52Ω
            31W(約4.0V)、エアフロー1/2

            一般的なボトルのノズルであればリキッドチャージはとても楽でしたが、スポイトでは辛いと思います。

            味の差が分かりやすいように私がいつもデュアルでするセッティングにしましたが、特別感は無いものの味は良く出ています。
            しかし、どうしても気になったのが、エアフローを1/2以上開けるとリキッドの飛まつが口へダイレクトに飛び込んでくることです。(スピットバックではありません)
            コットンを別の物に変えたり、W数を変えたり(空吸いでも同じ状況になるのであまり意味はない)、ドリップチップを変えたりと試しましたが解消できませんでした。
            エアフローを1/3程度にすると、あまり気にならなくはなります。
            (追記:原因はリキッドの過剰供給でした。)

            付属の810ワイドボアドリップチップは、味がどうのより私はワイドボアが苦手なので無しです。0.3Ω以下などで本領を発揮するのかもしれません。
            付属の510ドリップチップも大きめの外径ですが、断然こちらの方が咥えやすく内径も細いので味が出ました。

            今回のセッティングでは、トップキャップやドリップチップが熱くなったり、スピットバックはありませんでした。

            IMG_2616.jpg

            コイル:カンタル26g、内径3mm、6.5巻き、マイクロ、シングル、1.02Ω
            15W(約3.9V)、エアフロー3mm

            横着をして、片側のコイルを外してレデューサーを取り付けました。

            IMG_2617.jpg

            ドリップチップはNautilus2純正品です。

            レデューサーはあるものの、レデューサー側のエアホールも開いたままなのでどうかと思いましたが、意外と普通に高抵抗でも美味しく吸えます。
            ただやはり、シングル前提でキャップ内空間の狭いWasp Nano RDTAには若干劣ります。
            こちらではリキッド飛沫ダイレクト問題もないので、私はシングル高抵抗で使用します。

            まとめ

            IMG_2597.jpg

            良かったところ
            • シンプルな見た目がかっこ良い
            • 豊富なカラーバリエーション
            • 多めのタンク容量4ml
            • リキッドチャージが楽
            • 特殊なデッキポストでビルドが楽
            • レデューサー付きでシングル運用可
            • 510ドリップチップ使用可
            • しっかり出ているポジティブピン

            気になったところ
            • エアフロー1/2以上でリキッド飛沫ダイレクト
            • シングル用のエアホールも欲しかった

            シングル運用も十分可能で良いRDTAだっただけに、リキッド飛沫ダイレクト問題が非常に惜しいです。
            気にならない方も居るかとは思いますが、私には致命的でした。解消できないまでも、原因が分からないのでモヤモヤします。
            (追記:原因はリキッドの過剰供給でした。)
            ただ、爆煙デュアルはRDAで間に合っていますし、ビルドとリキチャが楽でシングル高抵抗でも十分使えるRDTAなので私は満足です!


            こちらから購入できます!



            ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村


            関連記事

            GeekVape  Sourcemore 

            0 Comments

            Leave a comment