VapeFYI

HOME > スターターキット > BOX-MODスターターキット > N1 PRO 240W KIT(エヌワン プロ 240W キット) [VAPTIO(ベプティオ)] レビュー
26 2017

N1 PRO 240W KIT(エヌワン プロ 240W キット) [VAPTIO(ベプティオ)] レビュー

IMG_5946.jpg

VAPTIO(ベプティオ)の爆煙スターターキット、N1 PRO 240W KIT(エヌワン プロ 240W キット)のレビューになります。

カラーディスプレイ搭載でバッテリーをデュアルとトリプルに変えられるMODと、最大240W出力のMODに見合った0.15Ωクアッドコイル爆煙クリアロマイザーでとても楽しみです。


提供していただいたのはVAPTIOさんです。ありがとうございます!

Thank you for the offer! VAPTIO!

開封してみよう

IMG_5936.jpg

ブラックとゴールドの高級感のあるパッケージです。

IMG_5938.jpg

パッケージ側面
注意事項などが記載されています。

IMG_5939.jpg

パッケージ底面
正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_5937.jpg

パッケージ裏面
内容物一覧などが記載されています。

IMG_5940.jpg

IMG_5941.jpg

MOD本体は保護フィルムに包まれています。

IMG_5943.jpg

IMG_5944.jpg

内容物
                  • N1 PRO 240W MOD ×1
                  • トリプルバッテリー用カバー ×1
                  • USBケーブル ×1
                  • FROGMAN TANK(FROGMAN-W8 0.15Ωコイル組込済み) ×1
                  • FROGMAN-W2 0.4Ωコイル ×1
                  • 予備ガラスチューブ ×1
                  • 予備Oリング ×3
                  • ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×2
                  • コーションカード ×2
                  • クオリティチェックカード ×1

                  IMG_6032.jpg

                  日本語記載はありませんが、イラスト付きでとても分かりやすくなっています。
                  MODのマニュアルでこんなに分かりやすいのは初めてです。

                  N1 PRO 240W KIT

                  IMG_5949.jpg

                  IMG_5951.jpg

                  IMG_5956.jpg

                  IMG_5957.jpg

                  IMG_5958.jpg

                  n1pro_color.jpg

                  カラーバリエーション
                  ブラック&レッド/ブラック&ゴールド/ホワイト&レッド/ホワイト&ゴールド

                  N1 PRO 240W MOD のスペック

                  サイズ 92.2*55.0*39.6(45.0)mm
                  重量 227g
                  ※バッテリー含まず
                  ワット数範囲 バッテリー3本:1-240W
                  バッテリー2本:1-200W
                  充電最大入力 5V-1A
                  スレッド 510(スプリング式)
                  バッテリー 18650バッテリー ×2/×3
                  出力モード Regulated/Bypass/Temper(Ss,Ni,Ti,NiCr,M1-3)
                  カーブモード有り
                  温度範囲
                  100-315℃/200-600℉ (Temper modes)
                  保護機能 短絡保護
                  内部温度保護
                  過充電保護
                  自動カットオフ(10s)
                  過放電保護

                  IMG_5959.jpg

                  若干青みのあるパールホワイトとゴールドのワンポイントがお洒落なMODです。

                  IMG_5960.jpg

                  IMG_5988.jpg

                  背面のバッテリーカバーには"VAPTIO"のロゴがプリントされています。

                  IMG_5969.jpg

                  IMG_5987.jpg

                  "N1 PRO 240W"のロゴがプリントされています。
                  ここのスリットはバッテリーケースに繋がっていないので、本体冷却用のようです。

                  IMG_5990.jpg

                  IMG_5961.jpg

                  パフボタン/0.91インチ ディスプレイ/+ボタン/-ボタン/マイクロUSB端子

                  カラーディスプレイですが、約11*20mmと小さめのサイズになっています。
                  表示させられる情報も多くはありません。

                  IMG_5962.jpg

                  下部正面とサイドのスリットも本体冷却用のようです。

                  IMG_5985.jpg

                  PCのUSBやスマホのアダプターで充電できます。
                  5V-2Aの急速充電には未対応です。

                  IMG_5964.jpg

                  上面
                  両サイドの細かいスリットは装飾であり貫通はしていません。

                  IMG_5965.jpg

                  スプリング式の510スレッドです。
                  シリアルNoがプリントされています。

                  IMG_5967.jpg

                  底面
                  バッテリーカバーを開けるための押しボタンがあります。

                  IMG_5976.jpg

                  IMG_5977.jpg

                  IMG_5970.jpg

                  デュアルのスタック(直列)です。
                  バッテリーの脱着時に皮膜が傷付くようなことはなく、丁度良い硬さです。

                  IMG_5982.jpg

                  IMG_5981.jpg

                  上:デュアルバッテリー用カバー
                  下:トリプルバッテリー用カバー

                  IMG_5971.jpg

                  トリプルバッテリー用カバーにはリボンが付いていないので、少し取り出し辛いです。

                  IMG_5972.jpg

                  IMG_5973.jpg

                  IMG_5975.jpg

                  トリプルバッテリー用カバー装着時
                  それほど持ち難くはありませんが、やはり重いです。

                  操作方法

                  電源ON パフボタン 5クリック
                  キー ロック/アンロック パフボタン 5クリック
                  電源OFF キーロック中にパフボタン長押し
                  メニュー パフボタン 3クリック

                  メニュー
                  IMG_2667.jpg

                  Out Mode
                  IMG_2668_1.jpg
                  RegulatedがPower(VW)です。
                  ScreenOffはディスプレイが消灯するだけでボタンは有効です。
                  ディスプレイを再び点灯させるには、パフボタンを3クリックします。

                  System
                  IMG_2675_1.jpg
                  カーブモードの編集方法
                  1. +/-ボタンでX軸移動(赤ライン)
                  2. パフボタンでX軸確定(青ライン)
                  3. +/-ボタンでY軸調整(W数)
                  4. 右側エンターマークで完了
                  (X軸はおそらく0.5s刻みだと思います)

                  Smoke timeはオートカットオフの秒数です。
                  Sleep timeはディスプレイ消灯までの秒数ではなく、何のことなのか分かりませんでした。

                  FROGMAN TANK のスペック

                  種類 クリアロマイザー
                  材質 SS+ガラス
                  スレッド 510
                  ドリップチップ 510
                  直径 23.5mm
                  高さ 49.5mm
                  ※スレッド含まず
                  重量 64g
                  コイル 交換式
                  FROGMAN-W2 0.4Ω Kanthal(シングル)
                  FROGMAN-W4 0.15Ω Kanthal(デュアル)
                  FROGMAN-W6 0.2Ω Kanthal(トリプル)
                  FROGMAN-W8 0.15Ω Kanthal(クアッド)
                  エアフロー ボトムエアフロー
                  タンク容量 2.0ml
                  リキッドチャージ トップフィル

                  IMG_5992.jpg

                  ガラスチューブに"FROGMAN"のロゴマークがプリントされています。
                  亀忍者の蛙版みたいなものでしょうか?

                  IMG_5993.jpg

                  トップキャップ一体型ドリップチップかと思いきや・・・

                  IMG_5997.jpg

                  510ドリップチップです。
                  トップキャップの熱から唇を守るために、このような形状になっています。

                  IMG_6016.jpg

                  内部はテーパー状になっています。

                  出口外径:14.6mm、出口内径:10.0mm
                  接続部内径:5.4mm、高さ:12.5mm(接続部含まず)

                  IMG_6001.jpg

                  エアフローは無段階調整のボトムエアフローで3ヶ所あり、ストッパー付きです。

                  IMG_6000.jpg

                  ポジティブピンは挿し込み式です。

                  IMG_6004.jpg

                  IMG_6005.jpg

                  リキッドチャージはこの状態で行うトップフィル方式です。

                  IMG_6008.jpg

                  トップキャップの取り付け方法が特殊で、タンク側の出っ張りとトップキャップ側の溝を合わせて押し込みながら回します。
                  ネジ式よりは素早く取り外しが出来ますが、スライド式には敵いません。

                  IMG_6011.jpg

                  少量のリキッドが残った状態でもコイル交換は可能そうです。

                  IMG_6014.jpg

                  デッキ/コイル/ガラスチューブ/トップベース/トップキャップ/ドリップチップ

                  ガラスチューブが分厚く強度がありそうです。

                  IMG_6017.jpg

                  手前左右2ヶ所と奥1ヶ所の計3ヶ所のエアホールがあります。
                  デッキからエアフローリングの取り外しは出来ません。

                  IMG_6024.jpg

                  IMG_6025.jpg

                  IMG_6018.jpg

                  左:FROGMAN-W8 0.15Ω Kanthal 50-100W(BEST 60-80W)
                  右:FROGMAN-W2 0.4Ω Kanthal 30-80W(BEST 45-65W)

                  両方共にパラレルのバーチカルです。
                  組込済みだったクアッド0.15Ωに期待しています。

                  FROGMAN XL TANK(別売)

                  IMG_6033.jpg

                  N1 PRO 240W KIT付属のFROGMAN TANKの5mlバージョンになります。

                  基本的には、高さが2mm高くなり直径が26.5mmになっただけで同じ物です。
                  付属のコイルや予備パーツも同じです。

                  frogman_color.jpg

                  カラーバリエーション
                  ブラック/シルバー/パープル/ブルー

                  IMG_6034.jpg

                  左:N1 PRO 240W KIT付属のFROGMAN TANK 2ml
                  右:FROGMAN XL TANK 5ml

                  IMG_6035.jpg

                  MODも大きいので、直径の大きいXL TANKの方がよく似合っています。

                  使ってみよう

                  IMG_6027.jpg

                  コイルが新品の場合はドライヒットを防ぐため、上面と横のジュースホールのコットン部分にリキッド数滴滴下します。


                  IMG_6028.jpg

                  ※この画像以降、洗浄後にガラスチューブの向きを間違えたので蛙が逆さまです。

                  十分な大きさのリキッドチャージホールで楽にチャージできます。

                  コイルが新品の場合はドライヒットを防ぐため、アトマイザーを立てたまま10分以上放置してリキッドをよく染みこませます。

                  IMG_6029.jpg

                  コイル :FROGMAN-W8 0.15Ω Kanthal 50-100W(BEST 60-80W)

                  エアフローは全開でも適度に抵抗があり丁度良い重さです。
                  ミスト量は期待していた通り、イカレタ爆煙でとても楽しいです。
                  70Wでエアフロー全開か、60Wでエアフロー2/3開けくらいが美味しく感じました。
                  ミストは熱めですがスピットバックは無く、ドリップチップが熱くなることもありません。
                  1つ注意点としては、あまり勢い良く吸い過ぎるとリキッドを吸い上げてしまうので、優しく~普通の強さで吸うと良いです。
                  TPD仕様の2mlタンクなので、あっという間にリキッドが無くなります。


                  コイル :FROGMAN-W2 0.4Ω Kanthal 30-80W(BEST 45-65W)

                  こちらはシングルコイルなのでドローが軽くなりました。
                  60W、エアフロー1/2くらいが丁度良く、ジュルりもありません。
                  味は、爆煙系クリアロマイザーの中では「普通」くらいに感じました。
                  スピットバックは無く、ドリップチップのお陰で唇に熱が伝わることもありませんでした。

                  まとめ

                  IMG_6031.jpg

                  良かったところ
                  • バッテリーがデュアル/トリプルを選べる
                  • カーブモード有り
                  • MOD操作が分かりやすく簡単

                  気になったところ
                  • VWがVVを兼ねていない
                  • MODその物が重め

                  アトマイザーは、可もなく不可もなく普通の爆煙クリアロマイザーでした。
                  クアッドコイルの爆煙は楽しく、味も圧倒的なミスト量のせいか美味しく感じました。

                  MODの機能としては必要十分で操作もしやすいUIですので、トリプルバッテリーの必要性がある方には良いかもしれません。
                  アトマイザーが必要ない方にはMOD単体でもリリースされていますので、そちらをどうぞ!


                  クリスマス&ニューイヤーセール中で今ならかなり安く購入可能です。
                  期間:2017/12/24~2018/01/01
                  N1 PRO 240W KIT:$136.60$40.98
                  N1 PRO 240W MOD:$74.40$37.20

                  こちらから購入できます!



                  ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
                  ブログランキング・にほんブログ村へ
                  にほんブログ村


                  関連記事

                  VAPTIO 

                  0 Comments

                  Leave a comment