VapeFYI

HOME > アトマイザー > RTA > Pharaoh Mini RTA(ファラオ ミニ) [Digiflavor(デジフレーバー)] レビュー
05 2018

Pharaoh Mini RTA(ファラオ ミニ) [Digiflavor(デジフレーバー)] レビュー

  • CATEGORYRTA
  • COMMENT0
IMG_6046.jpg

Digiflavor(デジフレーバー)のフレーバーRTA、Pharaoh Mini RTA(ファラオ ミニ)のレビューになります。

100万人のチャンネル登録者数を誇る有名YouTuberの、"Rip Trippers"さんがプロデュースするシリーズのアトマイザーです。
前作のPharaoh RTAより一回り小さくなり、デザインも洗練されたのが今回のPharaoh Mini RTAになります。
"フレーバーRTA"と公言されていますので、期待しています。


提供していただいたのはEfun.topさんです。ありがとうございます!

Thank you for the offer! Efun.top!

開封してみよう

IMG_6036.jpg

いつもの覗き窓付きパッケージですが、今回は白ではなく黒地になっています。

IMG_6038.jpg

パッケージ底面
Rip Trippersのサインがプリントされています。

IMG_6037.jpg

パッケージ裏面
簡易仕様の記載などと正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_6039.jpg

両サイドに封印シールが貼られています。

IMG_6040.jpg

クッション材にゴールドの台紙が貼られています。
窪みの底がレインボーになっているため、ガラスチューブが美しく見えます。

IMG_6041.jpg

内容物
              • Pharaoh Mini RTA 2ml本体 ×1
              • 810ドリップチップ ×1
              • 510ドリップチップ ×1
              • 510ドリップチップアダプター ×1
              • 予備ガラスチューブ 2ml ×1
              • 予備ガラスチューブ 5ml ×1
              • 5ml用チムニーエクステンダー ×1
              • 5ml用チャンバーロック ×1
              • チャンバーロックキー ×1
              • 予備Oリング一式 ×1
              • 予備ネジ ×4
              • 予備バネ ×3
              • ビルドツール ×1
              • ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×1

              IMG_6042.jpg

              日本語の記載はありませんが、イラスト付きで分かりやすくなっています。

              Pharaoh Mini RTA のスペック

              種類 RTA
              材質 SS+シリカガラス
              スレッド 510
              ドリップチップ 810(ハーフインチ)/510
              直径 24mm
              高さ 2ml:47.0mm(リップチップ込み)
              5ml:55.0mm(リップチップ込み)
              ※スレッド含まず
              重量 2ml:65.8g(リップチップ込み)
              コイル シングル
              ※別売ベロシティデッキでデュアル可
              エアフロー ボトムエアフロー
              タンク容量 2ml/5ml
              リキッドチャージ トップフィル
              カラー SS,Black

              Digiflavor-Pharaoh-Mini_color.jpg

              カラーバリエーション
              ステンレスシルバー/ブラック

              IMG_6047.jpg

              2mlガラスチューブ組み込み時
              SSカラーですがステンレス地ではなく、サンドブラスト処理されたように見えます。
              滑り止めのスリットが設けられているくらいで、シンプルなデザインになっています。

              IMG_6075.jpg

              5mlガラスチューブ組み込み時
              8mmほど背が高くなりました。
              付属の5ml用チムニーエクステンダーとチャンバーロックを使用します。

              IMG_6048.jpg

              上面 トップキャップ
              専用品の810リップチップです。
              大口径ですが丸みがあって可愛らしく見えます。
              熱から唇を保護するために分厚くなっているそうです。

              IMG_6053.jpg

              810リップチップ
              出口外径:20.0mm、出口内径:14.0mm
              接続部内径:7.7mm、高さ:10.0mm(接続部含まず)

              IMG_6058.jpg

              IMG_6059.jpg

              810リップチップ/810ドリップチップ/510ドリップチップ/510ドリップチップアダプター

              IMG_6054.jpg

              810ドリップチップ
              出口外径:18.8mm、出口内径:10.7mm
              接続部内径:10.6mm、高さ:7.0mm(接続部含まず)

              IMG_6055.jpg

              510ドリップチップ
              出口外径:15.0mm、出口内径:11.0mm
              接続部内径:6.0mm、高さ:10.0mm(接続部含まず)

              IMG_6057.jpg

              510ドリップチップアダプター
              出口外径:12.5mm、出口内径:8.6mm
              接続部内径:6.1mm、高さ:0.0mm(接続部含まず)

              トップキャップ上面と面になるので、510ドリップチップ使用時にも見栄えが悪くなりません。
              取り外しは、トップキャップ裏側から押し出す必要があります。

              IMG_6052.jpg

              上:ジュースコントロール
              メーカーの説明には"クラシックな機械式"とあったので、どういうことかと思っていたら、
              タンク部分をデッキへ完全に絞める ⇒ 開く
              タンク部分をデッキから少し緩める ⇒ 閉じる
              ということでした。
              ですので、緩めすぎると当然リキッドが漏れ出します。

              下:エアフローコントロール
              ボトムエアフローで2ヶ所あります。
              全開から全閉まで5段階のノッチ式でとてもスムーズに動き、ストッパー付きです。

              IMG_6051.jpg

              底面 デッキ裏
              Rip Trippersのサインなどがプリントされています。
              ポジティブピンは金メッキされ通電性が良くなっています。調整は出来ません。

              IMG_6060.jpg

              ネジ式のトップキャップを外してリキッドをチャージする、トップフィル方式です。

              IMG_6062.jpg

              リキッドが残ったままでもリビルド可能です。
              ※洗浄前のためデッキが少々汚いです。

              IMG_6064.jpg

              クランプ式のシングルデッキです。

              IMG_6065.jpg

              T字のクランプ内にはバネが入っており、緩めるとせり上がるのでとても楽です。
              余分なワイヤーをカットしやすいよう窪みが設けられています。

              IMG_6066.jpg

              コットンホールはさほど大きくありません。

              IMG_6063.jpg

              ポジティブピンの出しろは1.0mmでした。

              IMG_6061.jpg

              付属のチャンバーロックキーを使用して、チャンバーロックを緩めます。

              IMG_6071.jpg

              デッキベース/デッキ
              チムニー/ガラスチューブ/トップベース/チャンバーロック
              トップキャップ/リップチップ

              IMG_6076.jpg

              チムニーの内部は綺麗なドーム状になっています。

              IMG_6077.jpg

              ファラオの顔がプリントされています。

              IMG_6078.jpg

              反対側には"PHARAOH"のロゴがプリントされています。

              IMG_6069.jpg

              別売のベロシティデッキに交換することが可能です。
              エアフローリングを取り外すことは出来ません。

              MODとの組み合わせ

              IMG_6278.jpg


              IMG_6275.jpg

              eVic Primo Mini [Joyetech]

              IMG_6276.jpg


              IMG_6277.jpg

              ビルドして吸ってみよう

              IMG_6080.jpg

              カンタル24g、内径3mm、5巻き、マイクロ、0.5Ω

              Rip Trippersさんの解説動画ではヒューズドクラプトンワイヤーを使用していましたが、ワイヤーのせいで美味しく感じてしまう可能性があるため単線で組みました。

              単線はコイル幅が狭くなってしまいますが、足を曲げたりする必要もなく簡単に設置できました。
              このクランプデッキはかなり楽に設置や位置調整が出来るので良いです。

              IMG_6079.jpg

              かなりエアフローに近づけたつもりです。

              IMG_6081.jpg

              M'S COSMEのコットンを使用し、少しきつめに通しました。

              IMG_6082.jpg

              コットンの端は適度に梳き、コットンホールの底にギリギリ着く長さです。

              結論を言ってしまうと、一般的なコットン使用でこのゆるさではジュルってしまいますし、2度目のリキッドチャージではチムニー内がびちゃびちゃになりました。
              ケンドーコットンなどの、リキッドを吸収すると膨らむコットンならゆるめで大丈夫ですが、一般的なコットンを使用する場合はもう少しコットンを詰めた方が良いです。

              IMG_6083.jpg

              ガラススポイトでも難なくリキッドチャージできます。

              IMG_6084.jpg

              リキッド:Koi-Koi Moon Light [MK Lab](PG28/VG72)
              コイル:カンタル24g、内径3mm、5巻き、マイクロ、0.5Ω
              30W(約3.9V)、エアフロー全開

              フレーバーRTAだと公言するだけあって、とても美味しいです。
              ミストがドライ寄りで私の好みにバッチリ合っているのも要因かもしれません。

              エアフローは全開でもかなり抵抗があり、丁度良いドローの重さです。
              1、2ノッチ閉めても吸い応えがあり美味しいです。

              私は大口径のドリップチップが苦手ですが、このリップチップは丸みがあり非常に具合が良いです。
              咥えるよりは、上唇を上面に乗せ、下唇は側面に着ける感じです。斜めに咥えるみたいなイメージですが、分かってもらえるでしょうか?

              今回のビルドではスピットバックは無く、トップキャップが熱くなることもありませんでしたので、リップチップによる遮熱性は分かりませんでした。

              まとめ

              IMG_6085.jpg

              良かったところ
              • 素直に美味しい
              • 2ml/5mlが選べる
              • コイルの設置がしやすい
              • リップチップの使い心地
              • ドリップチップが3つ付属
              • ジュースコントロール有り
              • ノッチ式エアフローリングが軽やかに回る

              気になったところ
              • パーツ点数が多い
              • チャンバーロックが面倒
              • ファラオの顔(個人の感性による)

              個人的に大好きなメーカーであるDigiflavorですが、今回のPharaoh Mini RTAも含め今のところ外れ無しです。
              大きなリップチップのせいかただの爆煙系RTAに見えてしまいますが、フレーバーRTAと公言するだけのことはあり、低抵抗から高抵抗までとても美味しいRTAでした。
              ウィッキングには多少気を使う必要がありますが、コイルの設置はとても簡単なのでビルドは比較的楽な方だと思います。

              ファラオの顔を許容出来る方は、試す価値有りですよ!


              こちらから購入できます!



              ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
              ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村


              関連記事

              Digiflavor  Efun.top 

              0 Comments

              Leave a comment