VapeFYI

HOME > MOD > メカニカルMOD > Fujin 24 Mod 18650(風神) [Aria×CK|S(アリア シーケーエス)] レビュー
17 2018

Fujin 24 Mod 18650(風神) [Aria×CK|S(アリア シーケーエス)] レビュー

IMG_6834.jpg

CK|SとAriaBuiltのコラボレーションチューブMOD、Fujin 24 Mod 18650(風神)のレビューになります。

今回の製品は、提供品や購入した物ではなく「当選品」です。
2017年の9-10月に、Beyond Vape Japanさんが以下のようなプレゼント企画をされていまして、


Dead Rabbit当たらないかなーと、軽い気持ちで応募したところ、


なんと、特賞のFujin 24 Modが当たりました。ありがとうございます。
無欲の勝利なのか、目的の製品は外れたので負けなのか、どちらにせよ当面の当選運を使い切ったことは間違いありません。


Beyond Vape Japanさんは、こんなショップです。
BeyondVapeJapan.jpg

Beyond Vape Japanは、アメリカ西海岸(カルフォルニア州・ワシントン州)・東海岸(ニューヨーク州・マサチューセッツ州)において14店舗のVAPE SHOPを展開するE-リキッド、ベポライザーメーカー、BeyondVapeの日本(東京)支店です。
E-リキッド、デバイス、アクセサリー、etc...VAPEに必要なアイテムすべてを自主製産、販売、卸し、輸入、輸出、日本にてBeyondVapeオンラインショップで通信販売と合わせ、原宿表参道にて営業するBeyond Vape Japan1号店を拠点に日本国内におけるVAPEカルチャー、VAPOR製品の認知活動をしています。

開封してみよう

!!! 警告 !!!
専門的な知識や技術が必要な製品です。
理解の無い方が取り扱うと重大な事故に繋がる可能性があります。

IMG_6826.jpg

マットブラックで質感の良いパッケージに、グロスブラックで風神が描かれています。
金文字の"FUJIN 24"がブラックに良く映えています。

IMG_6830.jpg

パッケージ上面
シルアルナンバーが手書きされています。

IMG_6829.jpg

パッケージ底面
CK|SとAriaBuiltのコラボレーション製品で、Made in USAです。

IMG_6831.jpg

内容物
      • Fujin 24 Mod 18650本体 ×1
      • beyond Vape Japanカード ×1

      本当に本体のみしか入っておらず、素人お断り感が凄いです。
      ただ、クッション材のくり抜きサイズが合っていないのが非常に気になります。
      上下に動いて本体に擦り傷が付く可能性があるので、適当なスポンジでも詰めておいてほしかったです。

      Fujin 24 Mod 18650 のスペック

      種類 ハイブリッド接続メカニカルMOD
      サイズ ø24.5*92.0mm
      重量 148.8g
      材質 ステンレススチールチューブ
      スレッド 510
      バッテリー 18650
      スイッチ マグネット式

      IMG_6846.jpg

      IMG_6835.jpg

      表面
      マットブラック仕上げのチューブに、ブラックPVDグロスで風神が描かれています。
      やはり、ブラックとゴールドの組み合わせはカッコイイです。

      約150gとずっしり重く、なにか妙な満足感があります。

      IMG_6847.jpg

      IMG_6836.jpg

      裏面

      IMG_6842.jpg

      上面
      ハイブリッド接続の510スレッドです。
      シリアルナンバーが刻印されています。

      IMG_6837.jpg

      下部-表面
      "CK|S"のロゴが刻印されています。

      IMG_6838.jpg

      下部-裏面
      "ARIA"のロゴが刻印されています。

      IMG_6839.jpg

      底面
      風神の顔がエンボス加工されたパフボタンです。
      ロック機構はありません。

      IMG_6840.jpg

      横から見ると立体的になっているのが良く分かります。

      IMG_6844.jpg

      ベントホールは5箇所設けられています。

      IMG_6845.jpg

      トップキャップ/チューブ/スイッチ
      トップキャップとスイッチのネジはぬるぬると滑らかに回り、切削精度の良さが窺えます。

      IMG_6857.jpg

      IMG_6858.jpg

      トップキャップは24Kメッキされており、導電性が良く見た目も美しいです。

      IMG_6859.jpg

      IMG_6860.jpg

      デルリン製の絶縁体が入っています。

      IMG_6851.jpg

      チューブ上
      絶縁体が入っているのが見えます。

      IMG_6854.jpg

      チューブ下
      絶縁体が落ちてこないように段差が設けられています。

      IMG_6852.jpg

      チューブ上
      上から絶縁体を取り出すことが出来ます。

      IMG_6850.jpg

      チューブ型デルリン製絶縁体/チューブ

      IMG_6861.jpg

      スイッチは24Kメッキされており、導電性が良く見た目も美しいです。

      IMG_6862.jpg

      コンタクトは真鍮製で、導電性の良い銀メッキがされています。

      IMG_6865.jpg

      バッテリーの長さに合わせられるよう、微調整が可能です。

      IMG_6863.jpg

      風神の顔がエンボス加工されたパフボタンです。

      IMG_6866.jpg

      パフボタン/スイッチベース/コンタクト/アジャストリング
      スイッチを分解してみました。

      IMG_6867.jpg

      スイッチベースのピンとパフボタンの溝を合わせるようになっています。

      IMG_6868.jpg

      黒いリングは、カスタムエポキシ被覆のマグネットです。

      アトマイザーとの組み合わせ

      IMG_6875.jpg

      IMG_6870.jpg

      IMG_6873.jpg


      キットであるかのように良く似合っています。

      IMG_6871.jpg

      IMG_6872.jpg


      22mmはもっと違和感があるかと思っていましたが、意外といけます。

      使ってみよう

      IMG_6869.jpg

      Fujin 24 Modは絶縁体が入っているので大丈夫だと思いますが、ショートを防ぐためのチューブMOD作法として、必ずアトマイザーを取り付けてからバッテリーを挿入します。
      外す時は逆の手順で、必ずバッテリーを抜いてからアトマイザーを外します。

      スレッドの切削制度も良く、するすると気持ち良くアトマイザーが入っていきます。
      バッテリーに少し遊びがあったので、スイッチのアジャストリングを調整しました。
      パフボタンは硬くも柔らかすぎることも無く、もちろん引っ掛かりなども無く、とても操作しやすく疲れません。

      まとめ

      IMG_6874.jpg

      ハイブリッド接続のメカニカルチューブMODという、取り扱いに注意の必要な製品ではありますが、各所に絶縁体が入っており最低限の安全が確保されていることに好感が持てました。
      ボタンのロック機構はありませんが、持ち運び時や長時間放置時にはバッテリーを抜くのが作法ですので、特に不便は感じません。

      上を見れば値段に切りの無いメカニカルチューブMODですが、Fujin 24 Modは切削精度も良くデザイン性にも優れ、値段もそこそこの良い製品でした。
      東京近郊で興味のある方は、Beyond Vape Japanさんにお邪魔すれば実物を見せてもらえると思いますよ!


      こちらから購入できます!


      ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

      関連記事

      AriaBuilt  CKS 

      0 Comments

      Leave a comment