Vape FYI

HOME > ペン型スターターキット >RipTide Crios スターターキット(リップタイド クリオス) [INNOKIN(イノキン)] レビュー

19 2018

RipTide Crios スターターキット(リップタイド クリオス) [INNOKIN(イノキン)] レビュー

IMG_6975.jpg

INNOKIN(イノキン)の爆煙スティック型VAPE、RipTide Crios スターターキット(リップタイド クリオス)のレビューになります。

RipTideは潮衝という意味で、爆煙を例えているようです。
ポストaspire K4と目される、味良しミスト量良しのスティック型スターターキットなようですので、期待しています。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_6944.jpg

何処と無くスマホのパッケージのようです。

IMG_6945.jpg

パッケージ裏面
注意事項や内容物などの記載と、シリアルナンバー付き正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。
バッチIDもプリントされており、しっかりとした品質管理が行われているようです。

IMG_6948.jpg

ブックカバータイプになっています。
内箱には引き出し用のリボンが付いており便利です。

IMG_6947.jpg

iPhoneのパッケージを意識しているようです。

IMG_6949.jpg

やっと本体を拝むことが出来ました。

IMG_6952.jpg

IMG_6953.jpg

内容物
            • RipTide Mod ×1
            • Crios Tank 4ml(0.25ohmコイル組込済み) ×1
            • 予備コイル 0.25ohm ×1
            • 予備ガラスチューブ ×1
            • 予備Oリング一式 ×1
            • USBケーブル ×1
            • INNOKINステッカー ×1
            • ワランティカード ×1
            • ワーニングブックレット(日本語記載有り) ×1
            • バッテリーワーニングカード ×1
            • クイックスタートガイド(英語のみ) ×1

            IMG_6954.jpg

            肝心なクイックスタートガイド(マニュアル)は英語記載のみですが、イラストによる解説と非常に単純な操作方法なので問題無いと思います。

            IMG_6955_1.jpg

            クイックスタートガイドは卓上ポップになります。

            IMG_6968.jpg

            ケーブルが硬くなく見た目もなかなか良いUSBケーブルです。

            RipTide Crios のスペック

            サイズ ø24.0mm*142.7mm
            重さ 150g
            材質 SS+ガラス
            バッテリー容量 3000mAh
            出力 定電圧出力
            3.7-4.2V
            最大W数 65W
            抵抗値範囲 0.2-3.5Ω
            スレッド 510
            ドリップチップ 810
            ※ドリップチップ側にOリング
            タンク容量 4ml
            リキッドチャージ トップフィル
            エアフロー ボトムエアフロー
            カラー Black, Green, Purple, Red, Yellow, Blue

            riptide_color.jpg

            カラーバリエーション
            ブラック/グリーン/パープル/レッド/イエロー/ブルー

            IMG_6970_1.jpg

            直径24mmで3000mAhのバッテリーなので、それなりの大きさになっています。

            IMG_6972.jpg

            IMG_6973.jpg

            Crios Tank

            IMG_6976.jpg

            真っ黒な塗装ではなく、染めたような雰囲気の仕上げになっています。
            デザインはとてもシンプルで万人受けすると思います。
            直径24mmの普通のクリアロマイザーなので、BOX-MODに載せても何の違和感もありませんでした。

            IMG_6977_1.jpg

            トップキャップに"INNOKIN"と"CRIOS"のロゴが刻印されています。

            IMG_6979.jpg

            IMG_6981.jpg

            810ドリップチップですが、Oリングがドリップチップ側にあるタイプです。
            トップキャップ側の接続部内径は、12.7mmでした。

            IMG_6986_1.jpg

            デルリン製810ドリップチップ
            出口外径:13.1mm、出口内径:10.0mm
            接続部外径:12.4mm、接続部内径:7.6mm
            高さ:8.5mm(接続部含まず)

            IMG_6982.jpg

            エアフローは無段階調整のボトムエアフローで、3ヶ所開いておりストッパー付きです。
            滑り止め加工がされているため、回し難くはありません。

            IMG_6980.jpg

            ポジティブピンはデッキ内から挿し込まれています。

            IMG_6983.jpg

            トップキャップはネジ式になっています。

            IMG_6984.jpg

            この状態でリキッドをチャージする、トップフィル方式です。
            チャージホールは大きめで、どのようなボトルのノズルでも楽にチャージ出来そうです。

            IMG_6985.jpg

            810ドリップチップ/トップキャップ/トップフィル/ガラスチューブ/コイル/デッキ/エアフローリング

            IMG_6988.jpg

            デッキの凸と、エアフローリングの溝を合わせて組み込みます。

            IMG_6989.jpg

            カンタル 0.25Ω(推奨範囲30-50W)
            "INNOKIN"と"CRIOS"のロゴがプリントされていますので、専用コイルのようです。
            大きめのジュースホールが3ヶ所開いています。

            IMG_6990.jpg

            大きなエアホールからワイヤーが見えています。

            IMG_6993.jpg

            コイル上面
            クラプトンワイヤーが使われています。

            RipTide Mod

            IMG_6958_1.jpg

            表/裏
            ラバー塗装されており、スベスベで手触りが良く高級感もあります。

            IMG_6960.jpg

            IMG_6965.jpg

            LEDインジケーター/パフボタン
            LEDインジケーターは、パフボタンを押した時と充電時にバッテリー残量に応じて点灯します。
            パフボタンはゴム製になっています。

            電源のON/OFF:パフボタンを3クリック

            パフ時のLED バッテリー残量
            1つ点灯 0-10%
            2つ点灯 11-30%
            3つ点灯 31-100%

            IMG_6964.jpg

            潮衝のイラストが描かれています。

            IMG_6962.jpg


            IMG_6963.jpg

            "designed by Ryan Michaels"とプリントされています。
            調べてみましたが、どのような方なのかは分かりませんでした。

            下部には、充電用のマイクロUSB端子があります。

            IMG_6969.jpg

            PCのUSBやスマホのアダプターで充電します。
            記載が無かったので、5V-1Aまでの対応だと思われます。

            充電中のLED バッテリー残量
            3つ点滅 0-10%
            1つ点灯、2つ点滅 11-30%
            2つ点灯、1つ点滅 31-99%
            3つ点灯→全消灯 充電完了

            IMG_6966.jpg

            スプリング式の510スレッドです。
            クロームメッキされた上に潮衝のイラストが描かれています。

            IMG_6967.jpg

            底面もクロームメッキされており、ピカピカでとても綺麗です。

            使ってみよう

            IMG_6996.jpg

            チャージホールの大きいトップフィル方式なので、とても楽にリキッドチャージすることが出来ます。

            コイルが新品の場合はドライヒット(コイルの焦げ)を防ぐため、リキッドを注入後本体を立てたまま10分以上放置し、コイルのコットンへリキッドを十分に浸透させます。

            IMG_6997.jpg

            リキッド:Coé de x on the Beach [小江戸工房](PG50/VG50)


            エアホールが3ヶ所開いているのでスカスカかと思いましたが、全開でも多少抵抗感があります。
            コイルの抵抗値的にも、全開から1/2開けくらいまでが良さそうです。

            ミストはウェット寄りで、とにかく爆煙です。
            クラプトンワイヤーのお陰か、味も良く出ています。
            エアフローはドローの好みで2/3開けにしましたが、全開でも特別味が薄いと感じることはありませんでした。

            RipTide Modは定電圧出力ですが、何Vなのかは公表されていなかったので、Crios TankをBOX-MODで使ってみました。
            3.3-3.7Vまで試した感じでは、3.4-3.5VくらいがRipTide Modと近いように思いました。
            コイルの推奨範囲が30-50Wであることからも、3.4-3.5Vくらいの出力で合っていそうです。

            粘度が低めのリキッドでしたので、ドライヒットに気を使うことなくチェーンスモークしましたが、ジュルりやスピットバックは無く、トップキャップが熱くなることもありませんでした。
            ドリップチップは口径が大きすぎず咥え心地は良好です。

            気のせいかもしれませんが、0.25Ωのわりには燃費が悪く感じませんでした。
            もちろん、決して燃費が良いわけではありませんが、少し低めの定電圧出力なのが要因かもしれません。

            まとめ

            IMG_6998.jpg

            良かったところ
            • とにかく爆煙で味も良い
            • 定電圧出力で味とミストが終始一定
            • シンプルな操作
            • 3000mAhの大容量バッテリー
            • ラバー塗装で手触りが良い

            製品としては特別気になったところはありませんでしたが、細かい仕様の公開をしないメーカーだという印象を受けました。(定電圧出力のV、充電のA、保護機能など)

            ワンボタンの簡単操作で、ミスト量良し、味良しのスティック型スターターキットでした。
            爆煙VAPEデビューにおすすめです!


            こちらから購入できます!送料無料!


            ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
            ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

            関連記事

            INNOKIN  ベプログショップ 

            0 Comments

            Leave a comment