Vape FYI

HOME > クリアロマイザー&コイル交換式 >DAMO Subohm Tank(ダモ) [OBS(オービーエス)] レビュー

02 2018

DAMO Subohm Tank(ダモ) [OBS(オービーエス)] レビュー

IMG_7233.jpg

OBS(オービーエス)のクリアロマイザー、DAMO Subohm Tank(ダモ)のレビューになります。

直径25mmでタンク容量5mlと、ビッグサイズの爆煙アトマイザーになっています。
OBS製品の取り扱いは始めてなので楽しみです。


提供していただいたのはHEAVEN GIFTSさんです。ありがとうございます!

Thank you for the offer! HEAVEN GIFTS!

開封してみよう

IMG_7224.jpg

"DAMO"のロゴがカッコイイ質感の良い紙のパッケージです。

IMG_7226.jpg

パッケージ側面
インスタグラムとフェイスブックのQRコードがプリントされています。

IMG_7227.jpg

パッケージ側面
正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_7225.jpg

パッケージ裏面
内容物などが記載されています。
メーカーサイトには無いカラー(RAINBOW/GREEN/ORANGE/RED)も記載されていますので、今後発売されるのかもしれません。

IMG_7228.jpg

スライド式のパッケージカバーになっています。

IMG_7229.jpg

ブックカバータイプの丈夫そうな内箱です。
クリアロマイザーにしては、と言っては失礼ですが、かなりしっかりとしたパッケージで驚きました。

IMG_7230.jpg

乾燥剤が入っています。(アクセサリー箱上)

IMG_7231.jpg

内容物
                    • DAMO Tank(M6 0.2Ωコイル組込済み) ×1
                    • M2 0.4Ωコイル ×1
                    • 510ドリップチップアダプター ×1
                    • 予備ガラスチューブ ×1
                    • 予備Oリング一式 ×1
                    • ワーニングカード ×1
                    • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

                    IMG_7232.jpg

                    イラストがメインのユーザーマニュアルですので、使用方法に困ることは無いと思います。

                    DAMO のスペック

                    種類クリアロマイザー
                    材質SS304+クォーツガラス
                    スレッド510
                    ドリップチップオリジナル規格
                    ※510ドリップチップアダプター付属
                    直径25.0mm
                    高さ50.1mm
                    ※スレッド含まず
                    重量49.0g
                    コイルM2 0.4Ω、M6 0.2Ω
                    エアフローボトムエアフロー
                    タンク容量5ml
                    リキッドチャージトップフィル
                    カラーSS,Black,Gold,Blue

                    damo_color.jpg

                    カラーバリエーション
                    ステンレスシルバー/ブラック/ゴールド/ブルー

                    IMG_7234.jpg

                    アルマイト仕上げのような綺麗なブルーです。
                    直径が25mmでタンク容量も5mlと大きいサイズになっています。
                    爆煙系クリアロマイザーはこのくらいのタンク容量があると、頻繁にリキッドチャージせずに済んで楽です。

                    IMG_7236.jpg

                    トップキャップには"OBS"のメーカーロゴが刻印されています。(反対側にも有り)

                    トップキャップを上にスライドさせるとリキッドチャージホールが現れる、トップフィル方式です。
                    白い▲マークで、リキッドチャージホールの位置が分かるようになっています。

                    IMG_7239.jpg

                    樹脂製のドリップチップでトップキャップを覆うようになっており、唇が熱くないように配慮されています。

                    IMG_7241.jpg

                    510ドリップチップのように見えますが、オリジナル規格のサイズです。
                    何故810ではダメだったのか不思議でなりません。

                    IMG_7248_1.jpg

                    POMドリップチップ
                    出口外径:14.2mm、出口内径:10.7mm、接続部内径:7.3mm
                    高さ:11.2mm(接続部含まず)

                    内部はテーパー状になっています。

                    IMG_7240.jpg

                    510ドリップチップアダプターが付属していますので、お好みの510ドリップチップを使用することが可能です。

                    IMG_7251_1.jpg

                    510ドリップチップアダプター
                    外径:15.9mm、厚み:2.4mm

                    IMG_7238.jpg

                    エアフローは無段階調整のボトムエアフローで、2ヶ所あります。ストッパー付きです。
                    エアフローリングには凹凸のある装飾が施されているので、とても回しやすくなっています。

                    IMG_7242.jpg

                    デッキ裏プリント内容
                    "DESIGNED BY OBS"
                    "OBS"
                    "DAMO"
                    "OBS712"

                    ポジティブピンは金メッキされており、導電性が良くなっています。

                    IMG_7243.jpg

                    トップキャップ内に結構な空間がありますので、リキッドが残ったままでもコイル交換が可能です。

                    IMG_7246.jpg

                    ドリップチップ/トップキャップ/ガラスチューブ/コイル/デッキ

                    IMG_7247.jpg

                    デッキ内部
                    ポジティブピンは差し込んであるだけですので、ハイブリッドでは使用しないでください。
                    エアフローリングを取り外すことは出来ません。

                    IMG_7255.jpg

                    左:M6 0.2Ω 40-80W(BEST 50-70W)組込済み
                    右:M2 0.4Ω 30-50W(BEST 35-45W)付属

                    ジュースホールは4ヶ所開いており、M2 0.4Ωコイルの方が大きなサイズになっています。

                    IMG_7257.jpg

                    コイル上面
                    M6 0.2Ωコイルは、パラレルワイヤーのバーチカルでトリプルコイルです。
                    M2 0.4Ωコイルは、パラレルワイヤーのバーチカルでシングルコイルです。
                    M2のコットンは、コイルに巻いてあるのではなく両サイドから挟んである変わったタイプです。

                    オーガニックコットンが使用されています。

                    IMG_7256.jpg

                    底面のエアホールサイズは同じです。

                    MODとの組み合わせ

                    IMG_7258.jpg


                    IMG_7259.jpg


                    IMG_7260.jpg

                    吸ってみよう

                    IMG_7263.jpg

                    リキッドチャージホールはかなり大きめですので、ガラススポイトでも楽にチャージすることが出来ます。

                    コイルが新品の場合は、組み込み前にコイルのジュースホールへリキッドを滴下してください。
                    また、ドライヒット(コットンの焦げ)を防ぐため、リキッドチャージ後にアトマイザーを立てたまま10分以上放置し、コイルのコットンへリキッドをよく浸透させます。

                    IMG_7264.jpg


                    M6 0.2Ω 40-80W(BEST 50-70W)

                    ドローはエアフロー全開でも抵抗感があり、丁度良い重さです。
                    50-60Wでは出力が足りず、70Wでエアフロー全開が一番美味しく感じました。
                    80Wまで上げると味が飛び気味になるので、最高で73Wくらいが良いと思います。
                    ミスト量は文句無く爆煙ですので、十分楽しめます。
                    スピットバックやジュルりも無く、トップキャップを覆ったドリップチップのお陰で唇が熱いこともありませんでした。


                    M2 0.4Ω 30-50W(BEST 35-45W)

                    ドローはM6コイルより軽くなりましたが、軽い抵抗感はあります。
                    エアフロー全開では、M6では無かった笛音が少々気になります。
                    35Wは約3.8V掛かっていますが、味は薄く感じました。
                    美味しく感じたのは、45Wでエアフロー1/2か50Wでエアフロー全開でした。
                    M6コイルほどではありませんが、ミスト量は十分に多いです。
                    こちらもスピットバックやジュルりは無く、M6コイルより熱くなりませんでした。


                    味の違いを極端に感じることはありませんでしたので、より爆煙で楽しみたいのならM6コイルを、リキッドとバッテリーの燃費を気にするのならM2コイルを選択すると良いと思います。

                    まとめ

                    IMG_7265.jpg

                    トップキャップを上にスライドさせるトップフィル方式が少し変わった構造かな?という程度で、コイルも含め基本的には普通の爆煙クリアロマイザーでした。
                    切削精度は良く、物としては良い出来だと思います。

                    他の爆煙系クリアロマイザーと比べてアドバンテージがあるとしたら、5mlの大容量タンクです。
                    燃費の悪いM6 0.2Ωコイルでも、頻繁にリキッドチャージせずに済むので楽でした。

                    余裕の大容量タンクで爆煙好きな方におすすめです!


                    こちらから購入できます!
                    2018/02/24まで30%OFFセール中!クーポン「AHG30

                    DAMO Subohm Tank【OBS】 [HEAVEN GIFTS]



                    ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
                    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

                    関連記事

                    OBS  HEAVENGIFTS 

                    0 Comments

                    Leave a comment