VapeFYI

HOME > ビルド > 初心者的ウィッキング術[ものぐさ]
14 2017

初心者的ウィッキング術[ものぐさ]

mqdefault.jpg

私はウィッキングが苦手です。

コイルを巻くのは好きなんです。
ジグ使えば簡単だから!
iPhoneな方は、無料で日本語の「Coil Builder」というアプリが便利ですよ。
課金でProバージョンにすると選べるワイヤーの種類が増えますが、一般的なワイヤーは無料で選べます。

ウィッキングの話でした。
スコティッシュロールという方法が良いらしいということで、これでしかやったことがなかったんです。
きっちりマネてやってました。

YouTubeでよく見かける髭のおじさんが解説してくれています。
この人は素人さんなんですかね?何か只者じゃない雰囲気です。
英語が理解できれば今の世の中本当に楽しかっただろうな、と思いますね。
残念ながら私は既に手遅れですが・・


これが、まー面倒くさい
千切るからコットンの繊維が散らばるわ、ちまちま広げなきゃならないわ、無駄にする範囲が多いわってなもんです。
そもそも3mm径に入る量なんてコットンの1/4なんだけど、この髭のコイル径はどうなっているんだ?
一番最初のアトマイザーにRDAを選んだのは「ちょこちょこリキッドを変えて楽しみたい」のもあったのに「ウィッキング面倒だからいいや・・」で、コットンがお亡くなりになるまで同じリキッドを使ってました。

これはイケナイ!
ということでウィッキング方法を改めました。

IMG_0265.jpg 

My way , No regrets.さんの最高のVAPEのコットンは?市販化粧用コットン比べてみた!に影響されてM’S COSME(80枚入り378円)を使っています。

多くの先輩Vaperさんが有益な記事を上げてくれていて、大変助かっています。感謝。



IMG_0266.jpg 

いきなりハサミで1/4にカットします。
使う分だけに分けるので作業も楽で早いし無駄がありません。

1/4でも多いので、減らす意味でも表裏の面を剥がします。

スコティッシュロールのようにざっくり広げます。
必死に広げるメリットをあまり感じられないので、2倍くらいにします。
ハサミで潰れた両端は、広げている時にあまり気にならなくなれば放置、気になったら仕方がないので取ります。
あまり神経質になっても大した違いは感じません。


IMG_0267.jpg 

巻いてコイルに入れるわけですが、私は多少すかないと入ったことがありません。
写真では1つのコットンの真ん中まで入れてしまっていますが、実際は1つのコットンを半分ずつで2回使います。
1枚のコットンで8回分です。
エコですね。ケチじゃないですよ。


IMG_0268.jpg 

デッキより5mmくらい長めでカットします。
RDAはあまり長くても意味が無い気がするので、ウェルに着くくらいの長さです。
コットンの量を増やしても、端から綺麗に吸い上げてくれずリキッドを無駄にするだけだと思います。
リキッドの粘度にもよるのかな?
ケンドーコットンは端から綺麗に吸ってくれるらしいですね。
RTAを買ったら試してみたい気もしますが、RDAでは別にいいかな。


IMG_0269.jpg 

ハサミでがっつり潰れていた部分を軽ーくほぐします。
ざっとでいいです。
ウェルから吸うわけじゃあるまいし。


IMG_0270.jpg 

エアフローに気をつけながらピンセットで収めて完成です。

抵抗値やW数にもよると思いますが、これで20パフ以上はできています。

以上、スコティッシュロールを私なりに簡略化していっただけです。
というか、こんな感じのウィッキングが普通のやり方なのかもしれないですね。
なにせスコティッシュロールしか知らなかったものですから。

この方法にしてからウィッキングが「苦行」ではなくなりました。
好きではないですけど・・

ちなみに、このウィッキング方法をお勧めしているわけではありません
苦痛でない方は、スコティッシュロールが良いと思います。
私同様ものぐさな方には、こんなやり方でも大して変わらないから楽しようぜ、と言っておきます。


↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

1 Comments

Masa  

同感です
私の場合は無印コットンをハサミで6等分して
ほぐしもせずそのままねじって2.5mmに突っ込んでます
毎回コンスタントなコットン量に出来るので失敗がなくなって便利

2018/04/19 (Thu) 00:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment