VapeFYI

HOME > 加熱式たばこ > ヴェポライザー > FENiX(コンベクション方式 ヴェポライザー) [WEECKE(ウィーキー)] レビュー

13 2018

FENiX(コンベクション方式 ヴェポライザー) [WEECKE(ウィーキー)] レビュー

IMG_7487.jpg

WEECKE(ウィーキー)のヴェポライザー、FENiX(フェニックス)のレビューになります。

ヴェポライザーには全く興味が無かったのですが、以下のような理由があり思い切って試してみることにしました。
  • 自室の窓を閉め切る季節はVAPEのミストで部屋中がベタつく
  • ヒートスティックが1箱丸ごとハズレでスカスカだった
ヒートスティックはiQOS互換品レビューの時に1箱くらい吸うだけなので、ちょっとイラッとしただけです。

1番の理由はやはり部屋中がミストでベタつくことです。
過去に紙巻たばこを吸っていた時も、PCや家電にヤニが付くのが嫌で自室では吸っていませんでした。
VAPEもなるべくキッチンの換気扇下で吸っていたのですが、季節的に風呂上り後はさすがに辛いので高抵抗設定の物を自室で吸っています。
しかし、閉め切った部屋では高抵抗設定のミスト量でも空気清浄機を稼動させても、ミストが充満してしまいます。
結果、壁・窓・モニターなどがミストでベタベタになっていました。
幸い水拭きで簡単に落ちるのですが、ファンのあるPCやAV機器の内部は?と考えると憂鬱です。

ということで、閉め切った自室では非常にミストの少ないヴェポライザーが良いのではないか?と思ったわけです。

開封してみよう

IMG_7479.jpg

IMG_7481.jpg

VAPEのMODのパッケージはシンプルなデザインが多いですが、FENiXのパッケージはなかなかカラフルです。

IMG_7480.jpg

パッケージ裏面
内容物一覧などが記載されています。

IMG_7482.jpg

クッション材はスポンジです。
細かいことですが、パッケージに切り欠きがあると開封がとても楽で良いです。

IMG_7484.jpg

IMG_7500.jpg

内容物
                      • FENiX本体 ×1
                      • オイル・ワックス用カップ ×1
                      • USBケーブル ×1
                      • ピンセット ×1
                      • ワックスツール ×1
                      • クリーニングブラシ ×1
                      • 予備メッシュスクリーン ×2
                      • 予備メッシュスクリーン用Oリング ×2
                      • 予備マウスピース用Oリング ×2
                      • 警告カード ×1
                      • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

                      IMG_7489.jpg

                      予備マウスピース用Oリング/予備メッシュスクリーン用Oリング/メッシュスクリーン

                      IMG_7488.jpg

                      ワックスツール/ピンセット/クリーニングブラシ

                      IMG_7502.jpg

                      IMG_7501.jpg

                      ユーザーマニュアルは英語のみの記載ですがイラストも用いてありますので、最低限の英語力があれば使用に困ることは無いと思います。

                      IMG_7503.jpg

                      警告カード
                      重要な内容だけあって、これだけは日本語で記載されています。

                      !警告
                      ※充電は必ず1A,5V以下の充電器で行ってください。それ以上の電圧で充電をすると爆発や火災を引き起こします。
                      パススルー未対応です。充電をしながらの使用は絶対にやめて下さい。
                      ※満充電後は早めに充電プラグを抜いて下さい。

                      上記を守らない事による如何なる物的損害、火災、金銭的損失、怪我、病気、後遺症、死亡事故等の様々な被害におきまして、メーカー、販売者は責任を負いません。

                      FENiX のスペック

                      サイズ 111.0*28.0*58.0mm
                      重量 134.7g
                      バッテリー LGクラス リチウムバッテリー
                      2200mAh
                      充電最大入力 5V-1A
                      加熱方式 コンベクション方式(熱風対流)
                      温度&モード 338℉=170℃
                      356℉=180℃
                      374℉=190℃
                      410℉=210℃
                        +
                      エンハンス/ソフトモード
                      喫煙可能時間 電源ONから5分後に自動電源OFF
                      (予熱が約30秒なので約4分30秒)
                      保護機能 短絡保護
                      過電流保護
                      過充電保護
                      過放電保護
                      過熱保護
                      開放負荷保護
                      センサーエラー保護

                      IMG_7490.jpg

                      IMG_7491.jpg

                      ラバー塗装で高級感があり、とても手触りが良いです。
                      サイズは大きめですがバッテリー容量とのトレードオフですし、特に操作するわけではないので気になるほどではありません。

                      中国メーカーの中国製ですが、デザインはアメリカのカリフォルニアでされたようです。

                      IMG_7504.jpg

                      IMG_7505.jpg

                      マウスピースは回転させることによって収納出来る構造です。

                      IMG_7508.jpg

                      IMG_7510.jpg

                      咥えやすい丁度良い角度です。

                      IMG_7509.jpg

                      "FENiX"のロゴマークがプリントされています。
                      ※光ったりはしません。

                      左側フィンの部分がLEDで光るようになっています。
                      (中央の白っぽい4ライン部分)

                      IMG_7523.jpg

                      電源ボタンの表面はシボのあるマットブラックで塗装され、回りはシルバーでお洒落な仕上がりになっています。
                      押し心地はクリック感があり丁度良い硬さです。

                      IMG_7518.jpg

                      トップキャップ/本体

                      トップキャップの接続は強力なマグネット式で、先端に爪もあるため簡単に外れてしまうことはありません。
                      LEDは本体側に有り、光が半透明の白い樹脂を通ってトップキャップのフィン部分を光らせる仕組みです。

                      IMG_7519_1.jpg

                      本体側の窪みにトップキャップの爪を引っ掛けてから、マグネットでパチンと閉まります。

                      IMG_7521.jpg

                      チャンバー
                      直径:13mm、深さ:約13mm

                      底面のメッシュ部分から熱風が出てきて加熱する「コンベクション方式」です。
                      一般的なヴェポライザーは、チャンバー自体を加熱する「コンダクション方式」になっています。

                      コンベクション方式はコンダクション方式に比べると、加熱にムラが無く、濃厚で雑味の無いマイルドな味わいになるそうです。
                      また、チャンバー内が焦げ付かないためクリーニングが非常に楽です。

                      IMG_7495_1.jpg

                      オイル・ワックス用カップ
                      外径:12.0mm、内径:10.0mm、深さ:7.7mm、高さ:13.6mm

                      IMG_7522.jpg

                      オイル・ワックス用カップをチャンバーにセットするとこのようになります。
                      オイルやワックスを使用する際に本体を傾けると、液体が漏れて本体が故障する恐れがあるので、真っ直ぐの状態で使用します。

                      個人的には、オイルやワックスなどの液体は使用しない方が良いと思います。

                      fenix_spacer.jpg 

                      予めシャグを詰めたスペーサーを用意し、外出先で素早く交換が可能です。

                      IMG_7515.jpg

                      マウスピースは挿し込み式ですが、510規格ではありません。

                      トップキャップ側内径:9.2mm


                      IMG_7516.jpg

                      マウスピース

                      出口内径幅:9.7mm、出口内径高さ:3.6mm、長さ:35.0mm

                      IMG_7517.jpg

                      マウスピース接続部


                      fenix_510dt.jpg

                      別売の510ドリップチップアダプターで、お好みのドリップチップを使うことが出来ます。
                      フィルター装着可能なドリップチップや内径の細いドリップチップなど、色々と楽しめそうです。

                      WEECKE FENiX専用 510ドリップチップアダプター

                      IMG_7513.jpg

                      トップキャップ裏側
                      メッシュスクリーンは、シャグなどの葉を吸い込んでしまわないための物です。

                      IMG_7514.jpg

                      汚れやすい部分ですが、シリコン製Oリングの脱着がとても簡単で良いです。


                      IMG_7493.jpg

                      底面
                      吸気用エアホール/充電用マイクロUSB端子/LEDインジケーター

                      エアホールを塞いで使用すると、故障の原因になりますので注意してください。

                      IMG_7494.jpg

                      PCのUSBやスマホのアダプターなどで充電します。
                      くれぐれも、5V-1A以下であることを確認して使用してください。

                      充電中赤LED点滅、充電完了緑LED点灯

                      バッテリー残量は、電源ON時のLEDの色で確認出来ます。

                      電源ON時のLED バッテリー残量
                      100-60%
                      オレンジ 60-20%
                      20-0%
                      /が3回点滅 要充電 ※強制電源OFF

                      電源ON時に赤LED→そのまま1回使用後、PCのUSBで充電したところ約2時間で充電が完了しました。
                      その後もう1度使用してみましたが、途中で電源がOFFになってしまったので、電源ON時に赤LED→そのまま1回使用したら充電しましょう。

                      操作方法

                      電源のON/OFF 5クリック
                      電源をONにすると約30秒間LEDが点滅して予熱されます。
                      喫煙可能状態になるとLEDが点灯になります。
                      ※電源ONから5分後に自動電源OFF
                      ※強制電源OFF可
                      温度変更 2クリック
                      エンハンス/ソフトモード 3秒長押し
                      エンハンス:速く点滅
                      ソフト:ゆっくり点滅
                      ※ソフトが標準で、エンハンスが+5℃らしいです。

                      喫煙方法は、ただ吸うだけでボタンを押す必要はありません。(吸引中はLEDが点滅します)

                      ※連続喫煙出来てしまいますが、バッテリーに負荷が掛かるため5分以上の間隔を置くようにしてください。
                      ※予熱中や喫煙中にカンカンカンという小さな音が聞こえることがありますが、故障ではなく仕様です。

                      IMG_7529_1.jpg

                      LED 温度
                      338℉=170℃
                      356℉=180℃
                      374℉=190℃
                      410℉=210℃

                      使ってみよう

                      ※くれぐれも、たばこは20歳からです。また、加熱式でも喫煙はおすすめしません。

                      IMG_7591.jpg

                      チェ・シャグ(che shag) 25g ¥550
                      バーレー・バージニア・オリエンタル・メリーランド葉を使用した無香料・無添加のシャグ。

                      IMG_7593.jpg

                      しっとり加湿されています。

                      IMG_7583.jpg

                      シャグの量や詰め方は、好みやシャグによって変わりますので正解はありません。
                      ふわっとした感じで詰めると味が持続しませんし、多く詰め過ぎるとシャグ全体が加熱されなくなるので、丁度良い量を模索する必要があります。
                      私は、ちょっと少ない(緩い)かな?と思う程度が美味しく感じます。

                      温度は紫の190℃か赤の210℃のエンハンスモードで、吸い方はMTL(たばこ吸い=口内に含んでから肺へ)です。
                      温度を低く設定すれば咽ずに終始DL(直肺)も出来ますが、どうにも違和感があるのでヴェポライザーに限ってはMTL派です。

                      味の出方やキック感は、
                      0-30秒:予熱
                      30秒-2分:全く吸っている気がしない状態から徐々に味を感じるようになる
                      2-4分:十分に味があり美味しい
                      4-5分:徐々に薄くなる
                      です。
                      吸っている感があり美味しいのはたった2分間ですが、シャグの詰め方が決まった時は気分が悪くなるほどニコクラが来ます。
                      温度や詰め方を色々試しましたが、基本的にキック感は弱く「ガツン」とくる感じはありません。

                      ドローはVAPEで言う重めのDLくらいで、決してMTLしやすい重さではなく、紙巻たばこのような重さでもありません。私的には、なんとかMTL出来る重さです。
                      YouTubeで見る限り、海外の方はハーブ?をDLで吸っているようでした。

                      iQOSのヒートスティックと比べると、味は良いですがキック感は弱いか変わらないくらいです。ヒートスティックは口内が紙巻たばこを吸った後のように気持ち悪くなるのですが、ヴェポライザーでは全くなりませんでした。ただし、吸い心地(ドロー)は圧倒的にiQOSの方が紙巻たばこに近いです。

                      紙巻たばこと比べると、キック感は弱く、味は燃やしていないので全くの別物で、吸っている感も非常に弱いです。しかし、ニコチンの摂取感はとても近く、VAPEのニコリキやプルームテックなど比べ物にならないです。ニコクラもあり、たばこ特有の気だるさが来ることもあります。

                      VAPE用リキッドの滴下も試してみました。
                      無味リキッド2滴
                       ミスト量が増え、キック感も増し、吸っている感は格段に上がります。
                       VG特有の甘みを感じ、たばこ葉本来の味が台無しです。
                       終盤になると喉にイガリを感じます。
                      メンソールリキッド2滴
                       VAPEを吸っているみたいですので、VAPEを吸えばいいと思います。
                      私にはリキッドの滴下は合いませんでした。そもそも推奨されていない使い方ですし、ミストは部屋を汚すので私は少ない方が良いです。あと、メッシュスクリーンからマウスピースまでがベタベタになるのも嫌でした。
                      ※リキッド滴下は故障の原因になるためメーカー非推奨です。試される方は自己責任でお願いします。

                      1度吸ったシャグをもう1度吸ってみました。
                      不味いとかではなく、味やニコチンをほとんど感じませんでした。DLすれば多少ニコチンを感じますが、乾燥してしまっているので辛く美味しくはありません。時間とバッテリーの無駄なので、私は1回吸ったら捨てています。
                      ※シャグや温度、吸い方や好みによると思います。

                      使用中の本体温度は、温かくなる程度で熱くはなりませんでした。体感としてはカイロよりも低い温度です。

                      最初はケミカル臭がするというレビューを見ましたので、
                      洗剤とお湯で洗浄→7回空焚き→最後にもう1度洗浄
                      を行ってから使用したところ、特に気になる匂いはしませんでした。

                      IMG_7584.jpg

                      喫煙後のシャグはカラッと乾いていて少し縮んでいます。

                      IMG_7587.jpg

                      本体を逆さにしてトンッと叩くと、シャグの塊がコロンッと出てきます。

                      IMG_7585.jpg

                      喫煙後シャグを取り出した直後のチャンバーです。
                      全く汚れていないと言っても過言ではなく、10回喫煙してもほぼ変わりません。
                      クリーニングの必要性を感じませんが、気が向いた時に綿棒で拭いています。

                      トップキャップ側は1日に1回はクリーニングの必要がありそうです。
                      水と付属のクリーニングブラシを使うだけで大体綺麗になります。
                      毎日クリーニングするかは人によると思いますが、唾液の付着するマウスピースだけは毎日洗った方が良いと思います。


                      IMG_7592.jpg

                      コルツ・バニラ(COLTS VANILLA) 40g ¥880
                      甘いバニラ風味のシャグ。

                      IMG_7594.jpg

                      しっとりと加湿されています。

                      開封した時の匂いは車用芳香剤のバニラそっくりで、かなり濃くバニラの香りがします。
                      実際にヴェポライザーで吸ってみると、バニラ風味程度で甘ったるいようなことはありません。
                      特に好きでも嫌いでもありませんが、私はノンフレーバーの方が好みかもしれません。
                      やりませんが、付属の巻紙で手巻きして吸ったら美味しそうです。


                      IMG_7596.jpg


                      シャグのパウチの開け閉めが面倒なのと乾燥対策として、完全密閉出来るジャム瓶を買いに行ったのですが、ジップロック スクリューロックの方が使い勝手が良さそうだったので試しに買ってみました。
                      マスキングテープにシャグ名を手書きして貼るだけでも良かったのですが、今回は拾った画像を印刷して梱包用テープで貼り付けました。

                      追記
                      上記の保存容器は密閉出来ていなかったので、残念ながらシャグ保存には向いていません。

                      BormioliRocco_500.jpg

                      安価で密閉出来るこちらのジャーに買い直しました。

                      まとめ

                      IMG_7506.jpg

                      ・本体価格
                      iQOS 2.4 Plusの定価とほぼ同額で購入可能です。(2018/02/05現在)

                      ・ランニングコスト
                      チェ・シャグ 25g ¥550
                      25g÷0.3g(1回の使用量)=83回分
                      ¥550÷83回=¥6.6(1回)
                      1日20回×30日×¥6.6=¥3,960(1ヶ月)
                      ※1回の使用量を実際に量った結果が0.3g前後でした。

                      iQOSヒートスティック 20本 ¥460
                      ¥460÷20本=¥23(1本)
                      1日20本×30日×¥23=¥13,800(1ヶ月)

                      単純に比較しただけでも、ヒートスティックの1/3以下の出費で済みます。
                      しかし実際には、満足感の薄いヒートスティックは本数が増え、ヴェポライザーは満足感とシャグ詰めの手間があるので回数が減ることが多いと思います。
                      それと、ヒートスティックのようにハズレが無くて良いです。

                      ・ドロー
                      MTL(たばこ吸い)するには少々軽めですが、コンベクション方式である以上仕方が無いのではと思いますので、慣れるしかなさそうです。
                      別売の510ドリップチップアダプターを使用すれば改善可能だと思います。

                      ・味の出方やキック感
                      味が最初から最後まで一定でないのは、加熱式である以上仕方がありません。
                      一定に保つには、紙巻たばこのように先端から順番に燃やすか、VAPEのように液体にするしかないと思います。
                      キックや吸っている感は非常に弱いですが、ニコチンの摂取は必要十分です。

                      ・臭いや汚れ
                      ミストは少なく部屋が汚れなさそうですが、念のため空気清浄機をMAX稼動させた状態で吸うようにしています。
                      ヒートスティックほど臭いはしませんが、しばらく続けてみないと部屋に臭いが付くかどうかは分かりません。

                      ・クリーニング
                      チャンバーは本当に汚れませんので、たまにで良いと思います。
                      トップキャップ側は毎日クリーニングしますが、iQOSのブレードのようにこびり付くわけではないので、私は大した手間に感じません。

                      ・持ち出し
                      満充電・最高温度で約8回しか吸えないので、それ以上の回数を吸う方はモバイルバッテリーか本体を複数用意する必要があります。
                      ポケットに入れて持ち歩くには少々大きめです。
                      外でシャグを詰めるのは面倒そうですし、運転中の詰め替えは大変危険です。
                      ※チューブスペーサーは付属していないので考慮しません。
                      私は宅内使用のみですので全く関係無いのですが、ヴェポライザーの持ち出し使用は少々難がありそうに思います。

                      ・身体への害
                      燃やしていないので、紙巻たばこよりは断然マシだとは思います。
                      ヒートスティックよりニコチンの摂取量は多そうで、フィルターが無いため若干タール(ヤニ)を吸ってしまっているかもしれません。


                      結局どうなの?
                      紙巻たばことは全くの別物で、味やキック感も全く違います。
                      特に違うのは、濃い煙を口内に含む感覚は無く空気のようで、喉にガツンと来るキック感も無く一応キックがある程度です。(たばこ吸いの場合)
                      ヴェポライザーに紙巻たばこ感を求めて手を出すと、後悔するかもしれません。
                      あくまで加熱式ですので比較する対象はiQOSになり、私はFENiXの方が味・ニコチン・満足感があると感じます。

                      私のようにヴェポライザー未経験の方が始める場合は、MTL(たばこ吸い)でも軽めのドロー、味やキック感は一定ではなくカーブを描く、紙巻たばこのような吸っている感は無い、ことを理解しておいた方が良いと思います。
                      ヴェポライザーに慣れる(満足出来る)には数日掛かると思いますので、最初に「いまいち吸った感が無いなー」と感じても、すぐに投げ出すのは勿体無いです。
                      私は慣れるまでに一週間前後掛かりました。

                      あくまで予想ですが、吸っている感だけを考えるならC-VAPOR2+(コンダクション方式)の方が良いかもしれません。とても興味はありますが、しばらくFENiXを使ってみるつもりです。


                      追記
                      チェ・シャグは最後の方に細かい葉が多く残るのですが、それが使い難いです。
                      細かい葉をそのまま詰めると、チャンバー底のメッシュを抜けて内部に入った葉が取れなくなります。また、荒い葉を最初に入れてから細かい葉を詰めて消費しようとしましたが、スクリーンメッシュが細かい葉まみれになってしまいます。
                      手巻きで消費するわけにもいきませんし、高いものでもないので無理に消費するのは止めることにしました。



                      関連記事

                      WEECKE 

                      0 Comments

                      Leave a comment