Vape FYI

HOME > ヴェポライザー >AURA(オーラ コンダクション式 ヴェポライザー) [FLOWERMATE(フラワーメイト)] レビュー

17 2018

AURA(オーラ コンダクション式 ヴェポライザー) [FLOWERMATE(フラワーメイト)] レビュー

IMG_8275.jpg

FLOWERMATE(フラワーメイト)のヴェポライザー、AURA(オーラ)のレビューになります。

ペン型のコンダクション式で、携帯性に優れたヴェポライザーです。
喫味も良いらしいので期待しています。


提供していただいたのはGEAR BESTさんです。ありがとうございます!

Thank you for the offer! GEAR BEST!

開封してみよう

IMG_8238.jpg

IMG_8239.jpg

パッケージ裏面
内容物などの記載と、正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_8240.jpg

ブックカバータイプのパッケージになっています。

IMG_8241.jpg

本体は保護袋に入れられており、ディスプレイには保護シールが貼られています。

IMG_8242.jpg

IMG_8243.jpg

内容物
  • AURA本体 ×1
  • USBケーブル ×1
  • ドライハーブポット ×1
  • オイル/ワックスポット ×1
  • 巾着袋 ×1
  • クリーニングブラシ ×1
  • 掻き出し棒 ×1
  • マウスピース用メッシュスクリーン ×2
  • チャンバー用メッシュスクリーン ×3
  • ワランティカード ×1
  • スペシャルノートカード ×1
  • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

IMG_8244.jpg

マニュアルは英語記載のみですが、基本的には電源のON/OFFと温度調整だけですので困ることはないと思います。

IMG_8245.jpg

持ち運び時に便利なベロア調の巾着袋付きです。

AURA のスペック

サイズ ø28*147mm
重量 102.5g
バッテリー 2600mAh
出力 3.7V
加熱方式 コンダクション方式(直接加熱)
温度範囲 40-230℃
喫煙可能時間 電源ONから5分後に自動電源OFF
(予熱含む)
保護機能 短絡保護
過充電保護
過放電保護

aura_color.jpg

カラーバリエーション
ブラック/ホワイト/レッド

IMG_8254.jpg

本体はラバー塗装されており手触りが良く高級感があります。
デザインはアメリカのカリフォルニアでされ、生産は中国で行われています。

IMG_8255.jpg

チャンバー部の両サイドには放熱用もしくはエアフローの穴が開いています。

IMG_8256.jpg

AURAロゴ/電源ボタン/+ボタン/-ボタン

IMG_8258.jpg

OLEDディスプレイ

IMG_8260.jpg

マウスピース
叩くと軽い音のする少々安っぽい感じのプラスチック製です。
熱い時に取り外すと割れやすいらしいので注意してください。
恐らくメンソールにも弱いと思います。

IMG_8261.jpg

本体とマウスピースにそれぞれOリングがある嵌め込み式です。

IMG_8262.jpg

マウスピースのメッシュスクリーンはネジ式になっています。
マウスピース用メッシュスクリーンの直径は7.9mmです。


IMG_8263_1.jpg

セラミックチャンバーのコンダクション式です。
チャンバーの直径は約10mm、深さは約18mm(セラミック部分)です。

右側はチャンバー用のメッシュスクリーンを入れた状態です。
チャンバー用メッシュスクリーンの直径は9.8mmです。

IMG_8269.jpg


IMG_8259.jpg

底面には"FLOWERMATE"のロゴマークと、充電用のマイクロUSB端子があります。

IMG_8265.jpg

PCのUSBやスマホのアダプターで充電します。
マニュアルやメーカーサイトに記載はありませんでしたので、恐らく5V-1Aまでの対応だと思います。

充電中はバッテリーアイコンがアニメーション表示され、充電が完了するとアニメーションが停止します。

IMG_8246_1.jpg

IMG_8249.jpg

ドライハーブポット
蓋付きですので、複数個用意して持ち運び時に使うのでしょうか?

IMG_8250_1.jpg

IMG_8253.jpg

オイル/ワックスポット(オーガニックコットン入り)
オイルやワックスを使用するためのポットです。

操作方法

IMG_8266.jpg

電源のON/OFF:電源ボタンを5クリック

予熱中はリアルタイムで温度が表示されます。
予熱中に+/-ボタンで温度を設定出来ます。
設定温度に到達すると左端に温泉マークのようなアイコンが表示され喫煙可能になります。
電源ONから5分後(予熱含む)に自動的に電源がOFFになります。

使ってみよう

味覚・臭覚には個人差や好みがあり、設定温度やシャグの詰め方によっても大きく変わります。
あくまでご参考程度にお願いします。
たばこは20歳からです。加熱式であっても喫煙はおすすめしません。

IMG_8270_1.jpg

喫煙前/230℃喫煙後

C VAPOR2+より味は出ているような気がしましたが、同じ温度でもAURAの方がミストが熱いです。

マウスピースの穴は小さめですが、ドローは非常に軽くスカスカです。

チャンバーまでの距離が近いため、FENiXほどではありませんがシャグは詰めやすい方だと思います。
少なくともC VAPOR2+よりはとても楽に詰めることが出来ます。

使用中の本体温度はそこそこ温かくなりますが、上部でも握れる程度の温度です。

満充電の状態で20℃から230℃まで約80秒掛かり、バッテリー残量が減るほど予熱時間が延びて最大で約200秒掛かったこともありました。
マニュアルには「出力:3.7V」と記載されていますが、定電圧出力ではなくバッテリー電圧そのままで加熱していると思われます。

満充電から要充電まで230℃で12回使うことが出来ました。

IMG_8273.jpg

ぱっと見は上手く全体が焼けているように見えます。
シャグは高確率でポロっと出てきますが、メッシュスクリーンも一緒に出てきてしまいます。

IMG_8274.jpg

バラしてみると下半分が生焼け状態です。
しばらくの間使ってみましたが、かなり緩めに詰めない限り下半分は生焼けになります。

IMG_8272.jpg

新品の状態で1度だけ230℃で吸った後のチャンバーです。
マウスピースに結露したミストが垂れてくるのか、毎回1ヶ所はこのような焦げ痕が付きます。

まとめ

IMG_8268.jpg

良かったところ
  • バッテリー持ちが良い
  • 高確率でシャグポン出来る

気になったところ
  • 予熱に時間が掛かる
  • マウスピースが割れやすい(らしい)
  • マウスピースが洗い難い

とにかく予熱時間が長すぎます。
マニュアルには「予熱25秒」と記載されていましたが、「何度から何度まで」との記載は無いので嘘にはなりませんが、最高温度まで2分も3分も掛かるのは長すぎます。

これは好みと慣れの問題ですが、ドローが軽くて吸い難く、ミストがかなり熱く気をつけていないと舌焼けしてしまうので、私には少々使い難く感じました。


こちらから購入できます!
AURA【FLOWERMATE】 [GEAR BEST]

国内での購入はこちらから!



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事









FLOWERMATE  GEARBEST 

0 Comments

Leave a comment