VapeFYI

HOME > MOD > テクニカルMOD > iStick Pico 75W [Eleaf] レビュー

19 2017

iStick Pico 75W [Eleaf] レビュー

IMG_1677.jpg

泣く子も黙る、知らないVaperなぞ居ない、もっとも売れたと言っても過言ではない Eleaf iStick Pico 75WFAST TECHさんで購入したので、今更最遅レビューしていきたいと思います。

去年なんてまだVapeっていう単語すら知らなかったですからね。仕方がないよね。

開封してみよう

IMG_1666.jpg

IMG_1667.jpg

パッケージ側面に、正規品確認用のスクラッチがあります。

IMG_1668.jpg

パッケージ裏面には内容物などが記載されています。

IMG_1665.jpg

IMG_1669.jpg

内容物
  • iStick Pico本体
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル

iStick Pico 75W のスペック

サイズ45mm*23mm*70.5mm
スレッド510
出力モードVW/Bypass/Smart/TC(Ni,Ti,SS,TCR-M1,M2,M3) mode
ワット数範囲1-75W
抵抗値範囲0.05-1.5ohm (TC modes)
0.1-3.5ohm (VW/Bypass/Smart mode)
温度範囲100-315℃/200-600℉ (TC modes)
バッテリー18650

IMG_1670.jpg

IMG_1671.jpg

人気があるのも頷ける可愛らしいフォルムです。
ボディカラーが色物は剥げやすいと聞いたのでSSカラーにしました。

IMG_1675.jpg

本体上から、パフボタン/ディスプレイ/マイクロUSB端子

IMG_1673.jpg

IMG_1672.jpg

スプリング式510スレッドになります。
※再撮影のため使用感があります。

IMG_1674.jpg

ベントホール/-ボタン/+ボタン
※再撮影のため使用感があります。

IMG_1676.jpg

18650バッテリーの+を下にして入れます。
キャップにOリングが無いので非常に不安です。

ファームウェアのアップデート

弄くる前にファームウェアを最新にアップデートします。


上記のURLでファームウェアV1.03が公開されています。

  1. iStick Pico For Windows か iStick Pico For MAC をクリックして iStick_Pico_V1.03.zip をダウンロードします。
  2. ZIPファイルを解凍します。
  3. iStick Pico と PC を接続します。
  4. 解凍して出来たフォルダ内の UpdateEleaf.exe を実行します。
  5. Updateボタン を押して iStick_Pico_V1.03.bin を選択します。
  6. ついでに LOGOボタン を押して LOGO.bmp を選択します。

万が一失敗しても慌てることなく、もう一度最初からやりましょう。
手持ちのUSBケーブルで上手くいかなかった場合は、付属のUSBケーブルを使うと何故か上手くいくことがあるようです。

基本操作

 電源OFF時  
 パフボタン 5クリック 電源ON 
 パフボタン 20クリック ファームウェアのバージョン表示
 ーボタンとパフボタン 長押し 電池の電圧表示
 +ボタンとーボタン 長押し 液晶画面の反転 
 +ボタンとパフボタン 長押し TCR設定とプレヒート設定

 電源ON時  
 パフボタン 5クリック 電源OFF 
 +ボタンとーボタン 長押し
+/-ボタンロック
 ーボタンとパフボタン 長押し ステルスモード ON/OFF
 パフボタン 3クリック 出力モード切替 
 +ボタンとパフボタン 長押し 表示内容切替(A/パフ数/パフ時間)
パフ数・パフ時間のリセット方法:
該当箇所が点滅中に+-ボタンを長押し
 パフボタン 2クリック ロゴ表示設定 ON/OFF

モード切替

  1. 電源ON時にパフボタン3クリック
  2. +-ボタンで切り替え
  3. パフボタン1クリックか10秒放置でモード決定

画像3

VW(ワット数可変)モード:ワット数を固定して出力

画像4

バイパスモード:バッテリーの電圧をそのまま出力

画像5

スマートモード:ワッテージモードを視覚的に分かりやすくしただけ

画像6
画像7
画像8
画像9
画像10
画像11

TC(温度管理)モード:温度を一定に保つように調整される

温度管理

パフボタン 3クリックコイルの種類を選択(Ni,Ti,SS)
+ボタンとパフボタン 長押し抵抗値 固定/解除
パフボタン 4クリック設定温度に到達するまでのW数
+ボタン -ボタン温度設定
※華氏°Fと摂氏℃の切り替え
 数値が最大時に+ボタン・最小時にーボタン

表示切替

  1. 電源ON時に+ボタンとパフボタンを長押し
  2. +-ボタンで切り替え
  3. パフボタン1クリックか10秒放置でモード決定

※パフ数とパフ時間のリセットは、ファームウェアの書き換えでしか出来ないようです。
V1.03からV1.02に書き換えてからV1.03に戻す・・・くそ仕様ですね。

パフ数・パフ時間のリセット方法:該当箇所が点滅中に+-ボタンを長押し

画像12

シンプル

画像13

パフ数

画像14

パフ時間

画像15

バッテリー電圧

プレヒート設定

VWモード時に立ち上がりを良くするための機能です。
クラプトンだと立ち上がりが遅いので最初の1秒間だけは40Wにする、とかです。

  1. 電源OFF時に+ボタンとパフボタンを長押し
  2. パフボタンで切り替え M1→M2→M3→Power 20WTime OFF
  3. Power 20Wまで移動する
  4. +-ボタンでW数を設定
  5. パフボタンでTime OFFへ移動する
  6. +-ボタンで秒数を設定(OFFだとプリヒート機能を使用しない)

まとめ

良かったところ
  • 値段が安い。
  • 握りやすいフォルムで人差し指パフボタン派の方には良いかと。私は液晶を手前にする親指パフボタン派。
  • 見た目が可愛い。

悪かったところ
  • バッテリーキャップとエアフローが被るアトマイザーがある。
  • 上記の状態になると、リキッドが結露してバッテリーキャップがびちょびちょになる。
  • パフ回数とパフ時間のリセット方法がありえない。

まあでも 安いから良いと思う!

安いからPicoにしたんだしね。
エアフローとキャップが被る場合は危ないので、アトマイザー用ヒートシンクで嵩上げするなどの対策をした方が良いと思います。
それと、ロゴ表示は邪魔なので常にOFFですヽ( ´_`)丿

バッテリーびちょびちょ問題は危険なので、初めてBOX-MODを買う方は気をつけてください。


こちらから購入できます!送料無料!

iStick Pico TC75W【Eleaf】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

Eleaf  FASTTECH 

0 Comments

Leave a comment