VapeFYI

HOME > アトマイザー > RTA > Galaxies MTL RTA(ギャラクシーズ) [Vapefly(ベイプフライ)] レビュー

14 2018

Galaxies MTL RTA(ギャラクシーズ) [Vapefly(ベイプフライ)] レビュー

  • CATEGORYRTA
  • COMMENT0
IMG_9218.jpg

Vapefly(ベイプフライ)のアトマイザー、Galaxies MTL RTA(ギャラクシーズ)のレビューになります。

8段階ギアホイールの多彩なエアフローシステムを採用し、MTL向けのアトマイザーなのでしっかりと味を楽しめます。
デッキ内のインナーキューブを交換することによって、さらにエアー量の調整が可能になっています。


IMG_9211_20180612135322efb.jpg

Galaxiesという商品名に合わせて星がデザインされたパッケージです。

IMG_9212.jpg

パッケージ裏面
製品仕様や注意事項、メーカーについてなどが記載されています。
正規品確認用のスクラッチシールも貼られています。

IMG_9213.jpg

パッケージカバーはスライド式になっています。

IMG_9214.jpg

ホログラムの封印シールが2ヶ所貼られています。

IMG_9215.jpg

クッション材は白い普通のスポンジ製です。

IMG_9216.jpg

内容物
  • Galaxies MTL RTA ×1
  • デルリン510ドリップチップ ×1
  • バブルガラスチューブ 5ml ×1
  • インナーキューブ ×1
  • プリメイドコイル(Ni80 26ga) ×2
  • オーガニックコットン ×1
  • ビルドツール ×1
  • 六角レンチ ×1
  • 予備ネジ ×6
  • 予備Oリング一式 ×1
  • ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×1


IMG_9217.jpg

日本語での記載が無いマニュアルですが、イラストを用いて解説してあるので分かりやすくなっています。

Galaxies MTL RTA のスペック

種類 RTA
材質 SS+ガラス
スレッド 510
ドリップチップ 510
直径 22mm
高さ 50mm
※スレッド含まず
重量 52.3g
コイル シングル
エアフロー ボトムエアフロー
タンク容量 3ml/5ml
リキッドチャージ トップフィル
カラー SS,Gold,Black

galaxies_mtl_rta_color.jpg

カラーバリエーション
シルバー/ゴールド/ブラック

IMG_9219.jpg

直径22mmで3mlタンクなので、少々縦長になっています。
下部のエアフロー部分は星座を模した装飾が施されています。
Galaxies MTL RDAと同じドリップチップですが、特にデザインの共通性はありません。

IMG_9236.jpg

付属のバブルガラスチューブ5mlに組み変えてみました。
容量は大幅に増えますが、MOD転倒時に破損の恐れがあるのでVAPEバンドは必須です。


IMG_9220_1.jpg

Ⅰ:小、Ⅱ:中

ダイヤル式という変わったエアフローが2ヶ所あります。
ノッチなどは無く360°周ります。
Ⅰ→閉じる→Ⅱ→閉じる→

IMG_9222_1.jpg

反対側に、Ⅲ:中、Ⅳ:大

恐らくですが、ⅡとⅢは同径だと思われます。
2ヶ所のエアフローを組み合わせると、
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅰ+Ⅲ、Ⅰ+Ⅳ、Ⅱ+Ⅲ、Ⅱ+Ⅳ
の、8パターンになります。

IMG_9224.jpg

付属のドリップチップのサイズに合わせたトップキャップデザインが、Berserler MTL RTA [VANDY VAPE]に似ている気がします。

IMG_9225.jpg

510規格のドリップチップですので、お好みのドリップチップを使用することが出来ます。

IMG_9230_1.jpg

PMMA510ドリップチップ
出口外径:10.0mm、出口内径:3.5mm、接続部内径:6.0mm
高さ:11.5mm(接続部含まず)

IMG_9233_1.jpg

デルリン510ドリップチップ
各サイズはPMMAと同じです。

IMG_9228.jpg

トップキャップはネジ式になっています。
滑り止めの装飾が施されているので回しやすいです。

IMG_9229.jpg

この状態でリキッドをチャージする、トップフィル方式です。
チャージホールは大きく、ガラススポイトでも余裕のサイズです。

IMG_9226.jpg

金メッキされた導電性の良いポジティブピンです。

"GALAXIES"
"MTL RTA"
"Designed and Manufactured By Vapefly"

IMG_9227.jpg

ポジティブピンの出しろは0.8mmでした。

IMG_9237.jpg

リキッドが残っている状態でもデッキへのアクセスが可能です。

IMG_9240.jpg

チャンバーはドーム状ではありませんが、テーパー状になっています。

IMG_9238.jpg

ドリップチップ/トップキャップ/チャンバー/ガラスチューブ/デッキ

IMG_9239.jpg

チャンバーには"GALAXIES"のロゴがプリントされています。

IMG_9241.jpg

IMG_9245.jpg

2ポストのシングルコイル用デッキです。
中央の2つ穴が開いたパーツが交換可能のインナーキューブで、ポスト側面から-ネジ1つで固定されています。
コイル設置部分はかなり広く、コイル用-ネジを緩めるだけで足を挟めますので、コイル設置は楽そうです。

IMG_9242.jpg

IMG_9243.jpg

コイルの足を逃がすための窪みが設けられています。
ポスト側面の-ネジがインナーキューブ固定用のネジです。

IMG_9244.jpg

ウィックホールが広く、貫通していないタイプですので、ウィッキングには少々慣れが必要かもしれません。

IMG_9246.jpg

インナーキューブを取り外した状態です。
インナーキューブは上から載せることも、手前から挿し込むことも出来ますので、コイルが設置されている状態でも着脱可能です。

IMG_9251.jpg

インナーキューブ
小×1/小×2、大×1/楕円×1

4つのパターンから選ぶことが出来ます。

IMG_9247.jpg

付属インナーキューブの楕円×1にしてみました。

MODとの組み合わせ

IMG_9250.jpg


IMG_9248.jpg


IMG_9249.jpg

ビルドして吸ってみよう

IMG_9252.jpg

Ni80 26ga プリメイドコイル、内径2.5mm、0.83Ω

ジグを通した状態のコイルをインナーキューブの真上に置き、ネジを締めた後に少し持ち上げるだけで、
コイルの設置はとても楽でした。

IMG_9254.jpg

インナーキューブの真上に設置したので、中央より少しずれた位置になっています。

IMG_9253.jpg

コイルの足がほぼ水平の状態で、程よい距離だと思います。

IMG_9255.jpg

IMG_9256.jpg

コットンは給水後に膨らみやすいKendo Vape Cotton Gold Editionを使用しました。
あまり抵抗を感じない程度の量をコイルに通し、ウィックホールが広いためコットンの端は梳かずに入れ込んでいます。

IMG_9257.jpg

予めコットンにリキッドを染み込ませた状態でタンク部分を組み付けます。
トップフィルですので、リキッドチャージはとても楽です。

IMG_9258.jpg

リキッド:COFFEE BLEND [VAPE FUEL JAPAN](PG30/VG70)


コイル:Ni80 26ga 0.83Ω
出力:16.5W(約3.7V)
インナーキューブ:小×2

エアフロー「Ⅰ」は、シェイクを吸い上げるような激重なドローでMTLしやすいです。
エアフロー「ⅡまたはⅢ」は、少し軽くなるもののMTLに適したドローです。
エアフロー「Ⅳ」は、さらに軽くはなりますがMTLには問題の無いドローです。
エアフロー「Ⅱ+Ⅳ」は、重めのDLが可能になります。
インナーキューブを変更することによって、さらに重くも軽くもすることが可能です。

味はむせ返るような濃厚ミストでとても濃く出ています。
今回使用したリキッドが良いのもありますが、かなり美味しいです。
チェーンをし過ぎれば当然トップキャップは熱くなってきますが、Hastur MTL RTA Miniよりもチャンバーが長いせいかGalaxies MTL RTAの方が熱くなり難かったです。
1タンク消化してみましたが、気になるようなスピットバックは無く、ジュルりもありませんでした。
あまり深く考えずに行ったウィッキングでしたが、供給不足やリキッドの滲みもありませんでした。

まとめ

IMG_9260.jpg

良かったところ
  • 素直に美味い
  • ドリップチップ2個付き
  • 大容量5mlバブルタンク付き
  • 8パターンエアフロー
  • 4パターンインナーキューブ
  • コイル設置は楽
  • MODを選ばない直径22mm

気になったところ
  • ウィッキングが少し面倒

8パターンのダイヤル式エアフローと4パターンのインナーキューブを、「多彩な組み合わせが出来て楽しい」と思うか「面倒くさい」と思うかで評価が分かれそうなMTL RTAだと思います。
個人的には、インナーキューブの組み換えはとても簡単なので「アリ」ですが、ダイヤル式のエアフローはあまり好きではないです。
使い始めれば頻繁にエアフローを変える事はないので良いのですが、8パターンも無くていいから普通のエアフローリングで4サイズのエアホールの方が楽、と思ってしまいます。
しかしダイヤル式にもメリットは有り、エアフローリングはMODに載せた状態では回し難いのに対し、ダイヤル式は調整が容易です。

8パターン×4パターンの組み合わせから、お好みの吸い心地が見つかること間違いなしのMTL RTAです!


こちらから購入できます!送料無料!
Galaxies MTL RTA【Vapefly】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

Vapefly  ベプログショップ 

0 Comments

Leave a comment