VapeFYI

HOME > スターターキット > BOX-MODスターターキット > Armour Pro Kit(アーマープロ) [Vaporesso(ベイパロッソ)] レビュー

10 2018

Armour Pro Kit(アーマープロ) [Vaporesso(ベイパロッソ)] レビュー

IMG_0133.jpg

Vaporesso(ベイパロッソ)のスターターキット、Armour Pro Kit(アーマープロ)のレビューになります。

3種のバッテリー(21700/20700/18650)に対応し、カラーディスプレイ部分がパフボタンになっているグリップタイプのテクニカルMODです。
爆煙且つ味の良いメッシュコイルを採用したクリアロマイザーがセットになったキットで、本格的なVAPEデビューにもおすすめのスターターキットです。


提供していただいたのはVaporessoさんです。ありがとうございます!
Thank you for the offer! Vaporesso!

開封してみよう

IMG_0121.jpg

IMG_0122.jpg

パッケージ裏面
製品仕様や内容物、メーカーについてなどが記載されています。

IMG_0123.jpg

硬いプラスチック製の衝撃吸収材ですが、MODは保護袋に包まれているので擦り傷の心配はありません。

IMG_0124.jpg

MODのディスプレイ部分には保護シールが貼られています。

IMG_0126.jpg

ワランティカードの裏面に、正規品である証のホログラムセキュリティコードシールが貼られています。

内容物
  • Armour Pro Mod ×1
  • Cascade Baby Tank(GT Mesh Coil 0.18Ω組込済み) ×1
  • GT CCELL2 Coil 0.3Ω ×1
  • 18650バッテリースリーブ ×1
  • USBケーブル ×1
  • 予備ガラスチューブ ×1
  • 予備Oリング一式 ×1
  • ワランティカード ×1
  • ユーザーマニュアル(日本語記載有り) ×1

IMG_0128.jpg

メーカーのロゴマークがプリントされた、メッシュ皮膜の凝ったUSBケーブルです。

IMG_0127.jpg

日本語での記載があるマニュアルですが、MODのモード説明などについては一切書かれていません。英語ページにも説明は無く、メーカーホームページにも説明はありません。

Armour Pro Kit

armour_pro_color.jpg

カラーバリエーション
ブラック/ミッドナイトブルー/ホワイト/シルバー/グリーン/レッド+ブルー

IMG_0129_1.jpg

21700バッテリーにも対応したスリムなグリップタイプのスターターキットです。
グリップタイプですが、もちろん親指でパフする一般的な使い方も可能です。
マットなパールホワイトの塗装はサラサラとした手触りで高級感があります。

IMG_0131_1.jpg

直径25mmのアトマイザーまでが収まります。
大きく見易い0.96インチのカラーディスプレイを搭載しています。

Cascade Baby Tank のスペック

種類クリアロマイザー
材質SS+パイレックスガラス
スレッド510
ドリップチップ510
直径24.5mm
高さ53.2mm
※スレッド含まず
重量68.3g
※コイル含む
コイルGT Mesh Coil 0.18Ω、GT CCELL2 Coil 0.3Ω
エアフローボトムエアフロー
タンク容量5ml
リキッドチャージトップフィル

IMG_0134.jpg

コイルが隠れて見えないデザインになっているため、ぱっと見はクリアロマイザーなのかRTAなのか分かりません。
コイルが隠れている部分にもリキッドを多く保持するので、タンク容量5mlにしてはガラスチューブが小さくなっています。
仕上げはかなり美しく、ゴールドのワンポイントが高級感を演出しています。

IMG_0140_1.jpg

トップキャップを引き上げながら"↑"マーク方向へ押すと、スライドしてリキッドチャージホールが現れるトップフィル方式です。

IMG_0137.jpg

コイルが隠れている位置に"VAPORESSO"のロゴがプリントされています。

IMG_0138.jpg

エアフローは無段階調整のボトムエアフローで3ヶ所設けられています。(ストッパー付き)

IMG_0141.jpg

IMG_0142.jpg

爆煙系クリアロマイザーには珍しく、510規格のドリップチップが採用されています。
お手持ちの510ドリップチップを使用することが可能です。

IMG_0147_1.jpg

510ドリップチップ
出口外径:13.5mm、出口内径:11.0mm、接続部内径:6.5mm
高さ:11.0mm(接続部含まず)

IMG_0143.jpg

ポジティブピンは挿し込み式ですので、ハイブリッド接続メカニカルMODでの使用は厳禁です。

"Cascade Baby"
"Designed and Manufactured by Vaporesso"

IMG_0144.jpg

結構な量のリキッドが残っている状態でもコイル交換が可能です。

IMG_0145.jpg

この部分でコイルが隠れるようになっています。
コイルの上部分はテーパー状に加工されています。

IMG_0146.jpg

デッキ / コイル
コイルはネジ式になっています。

IMG_0150.jpg

IMG_0153_1.jpg

GT Mesh Coil 0.18Ω 50-85W / GT CCELL2 Coil 0.3Ω 35-40W
GT Meshはメッシュコイル、GT CCELL2はセラミックコイルです。
ジュースホールは4ヶ所で、GT CCELL2の方が若干大きな穴になっています。


IMG_0155.jpg

ドリップチップ / トップリッド / タンクユニット / コイル / デッキ


Cascade_baby_4.jpg

タンクユニットが硬くて分解出来ませんでしたので、メーカーから拝借した分解図を載せておきます。

Armour Pro Mod のスペック

サイズ H86*W27*D38.5mm
重量 106.7g
※バッテリー含まず
ワット数範囲 5-100W
最大充電入力 5V-2A(急速充電対応)
スレッド 510(スプリング式)
バッテリー 21700/20700/18650
出力モード VW(H/N/S)/VT(SS,Ni,Ti)/TCR(M1,M2)/BYPASS/
CCT/CCW/VV/CCV/SuperPlayer(0.03-5Ω)
抵抗値範囲
0.03-5Ω
温度管理範囲
100-315℃/200-600℉
保護機能 短絡保護
逆極性保護
本体温度保護
過充電保護
過放電保護
自動カットオフ

IMG_0156_1.jpg

21700バッテリーにも対応したスリムなグリップタイプのMODです。
グリップタイプですが、親指一本でパフする一般的な使い方も可能です。
マットなパールホワイトの塗装はサラサラとした手触りで高級感があります。

IMG_0161_1.jpg

上部両サイドに"ARMOUR PRO"のロゴがプリントされています。

IMG_0158.jpg

パフボタン兼0.96インチカラーディスプレイ / -ボタン(左)/ +ボタン(右)/モードボタン(下)
ディスプレイ部分全体がパフボタンになっています。
+/-ボタンとモードボタンの3ボタンで、設定操作がとても楽です。

IMG_0159.jpg

マイクロUSB端子
充電及びファームウェアのアップデートに使用します。

IMG_0174.jpg

PCのUSBやスマホのアダプターで充電します。
5V-2Aの急速充電にも対応していますので、大容量の21700バッテリーも短時間で充電が完了します。
充電中は、バッテリー残量に応じたバッテリーアイコン、%、残り充電時間がリアルタイムで表示されます。

IMG_0162.jpg

スプリング式510スレッド
直径25mmのアトマイザーまでがはみ出さずに収まります。

IMG_0163.jpg

バッテリーキャップ
ベントホールが3つ設けられています。
写真右方向に引いて開けます。閉める時は、押さえながら押し込みます。

IMG_0166.jpg

MOD奥側が+極、バッテリーキャップ側が-極です。
+端子がスプリング式になっており、バッテリーの微妙な長さの誤差を吸収します。

IMG_0164.jpg

大容量の21700/20700バッテリーに対応していますので、長時間使用することが可能です。
また、低抵抗コイルを使用する場合も余裕があり安心です。

IMG_0165.jpg

バッテリースリーブを使用することにより、18650バッテリーも使用可能です。
手持ちの18650バッテリーも無駄になりません。

IMG_0168.jpg

18650バッテリースリーブ
頑丈なプラスチック製です。
バッテリーの+極側を奥へ挿し込みます。

IMG_0169.jpg

奥には赤色で大きく+印がプリントされています。

ファームウェアのアップデート方法

Vaporessoのダウンロードページから、最新のファームウェアを入手可能です。

2018/08/01現在、Armour Pro用のファームウェアがダウンロード可能になっていますが、中身はVer1.00ですのでアップデートする意味はありません。

操作方法

電源のON/OFF パフボタンを5クリック
メニュー
モードボタンを長押し

IMG_0180_201807312012200fc.jpg IMG_0196_20180731202236732.jpg IMG_0181_20180731201221fdb.jpg
メニュー

VW・H:VWモード(プレヒート強)
VW・N:VWモード(プレヒート中)
VW・S:VWモード(プレヒート弱)
CCW:ワットカーブモード
SP:SuperPlayerモード
VV:VVモード
CCV:ボルトカーブモード
SS:TC-SSモード
NI:TC-Niモード
TI:TC-Tiモード
M1:TCR-M1モード
M2:TCR-M2モード
BP:BYPASSモード
SET:システム設定
IMG_0182_201807312016067a3.jpg CCW SET

+/-ボタン:W数+/-
パフボタン:0.5S進める
モードボタン:設定終了
IMG_0183.jpg CCV SET

+/-ボタン:V数+/-
パフボタン:0.5S進める
モードボタン:設定終了
IMG_0184.jpg VT-SS SET

TCR SET:TCR値設定
POWER SET:立ち上がりW数
CCT SET:TCカーブモード
LOCK/UNLOCK:抵抗値のロック/アンロック
IMG_0185.jpg VT-M1 SET

TCR SET:TCR値設定
POWER SET:立ち上がりW数
LOCK/UNLOCK:抵抗値のロック/アンロック
IMG_0186.jpg IMG_0187.jpg SYSTEM

TIME SET:
アナログ時計/デジタル時計/OFF
年月日時間設定
BRIGHTNESS:
ディスプレイの明るさ設定
PUFF COUNTER:
パフ数/時間のリセット
THEME COLOR:
ORANGE/GREEN/BLUE/YELLOW/RED
SMART ON/OFF:
スマートモード
AUTO ON/OFF:
オートモード
SCREEN TIMEOUT:
ディスプレイ消灯まで3秒-60分
VERSION:
ファームウェアのVer
DEFAULT:
全ての設定を出荷状態に戻す
IMG_0179_20180731201715295.jpg アナログ時計

IMG_0188.jpg VWモード(H/N/S)

W数を調整するモード
IMG_0189.jpg CCWモード

W数のカーブモード
IMG_0190.jpg Super Playerモード

0.03-5Ωまで対応したW数調整モード
IMG_0191.jpg VVモード

電圧(V)を調整するモード
IMG_0192.jpg CCVモード

電圧(V)のカーブモード
IMG_0193.jpg TCモード(SS/Ni/Ti)

温度管理モード
IMG_0194_20180731201314fb1.jpg TCRモード(M1/M2)

抵抗温度係数モード
IMG_0195.jpg BYPASSモード

バッテリー電圧直のモード

使ってみよう

IMG_0175_20180731170134b61.jpg

トップキャップをスライドさせるトップフィル方式ですので、リキッドチャージはとても楽です。

コイルが新品の場合はドライヒット(コットンの焦げ)を防ぐため、リキッドチャージ後はアトマイザーを立てた状態で10分以上放置し、コイルのコットンへリキッドをよく浸透させます。

IMG_0178_201807311701359e1.jpg

リキッド:Killer Kustard Strawberry [Vapetasia](PG30/VG70)


GT Mesh Coil 0.18Ω 50-85W

3つのエアフローでスカスカと思いきや、全開でも程よく抵抗感があり、低抵抗爆煙コイルには丁度良いドローです。
2/3開けくらいまでなら好みによって絞っても良さそうな気がします。
出力は色々試した結果、75Wが丁度良かったです。70W以下は物足りなさを感じ、80W以上は少々ミストが熱く感じます。
先端に向かって絞られた形状の510ドリップチップは咥えやすく、長さもあるため唇が金属のトップキャップに触れることも無く熱さは気になりません。

味はかなり良く、超爆煙です。
クリアロマイザーのメッシュコイルはタンクということもあり、リキッドが過剰供給気味になってミストがウェット寄りになりやすいのですが、このコイルは非常にドライでシルキーなミストで滅茶苦茶好みです。
今までに多くのメッシュコイルクリアロマイザーを扱ってきましたが、今のところ一番好きかもしれません。
一週間毎日2タンクほど使用してみましたが、ジュルジュルしてくることもなく快適に使えています。

まとめ

IMG_0176_20180731170137947.jpg

良かったところ
  • 見易い大きなカラーディスプレイ
  • 直感的に操作出来るUIのFW
  • 設定操作しやすい3ボタン
  • 21700/20700/18650バッテリーに対応
  • スリムで手にフィットするデザイン
  • 直径25mmのアトマイザーまで対応
  • 急速充電対応
  • 非常に美味しいメッシュコイル
  • 大容量タンク

気になったところ
  • 説明不足なマニュアル
  • 電圧(V)がリアルタイム値

設定に関する説明が一切無いマニュアルには驚きましたが、実際に設定操作をしてみると、直感的に操作出来るアイコン表示と分かり易い項目名で迷うことは無く、モードボタンを加えた3ボタンも非常に操作し易かったです。
グリップタイプのMODといえばP80ですが、P80はプラスチッキーな安っぽさが否めません。それに対してArmour Pro MODは高級感のある塗装の仕上げと、丸みのあるフォルムで手にフィットします。
Cascade Baby Tankにも安っぽさは無く、メッシュコイルが最高に美味しい高水準のアトマイザーでした。

高性能で使い易いMODに味の良い爆煙アトマイザーで、本格VAPEデビューにもおすすめのキットです!


こちらから購入できます!送料無料!
Armour Pro Kit【Vaporesso】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

Vaporesso 

0 Comments

Leave a comment