VapeFYI

HOME > スターターキット > コンパクトスターターキット > EQ Pod スターターキット [INNOKIN(イノキン)] レビュー

16 2018

EQ Pod スターターキット [INNOKIN(イノキン)] レビュー

IMG_0689.jpg

INNOKIN(イノキン)のコンパクトスターターキット、EQ Podのレビューになります。

巷で流行中のPOD型VAPEがINNOKINからもリリースされました。
コンパクトでシンプルなデザインに肌触りの良いラバー加工、POD型には珍しいメッシュコイルなのでシルキーなミストを楽しめます。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_0662.jpg

とてもシンプルで清潔感のあるデザインのパッケージです。
左上にも記載されているように、最大のセールスポイントはやはりメッシュコイルのようです。

IMG_0663.jpg

パッケージ裏面
注意事項や内容物一覧が記載されています。
正規品確認用のスクラッチシールと、バッチナンバーもプリントされています。

IMG_0665.jpg

パッケージカバーはスライド式です。

IMG_0666.jpg

内側のパッケージはブックタイプで、スマホのようなパッケージデザインになっています。

IMG_0667.jpg

内容物
  • EQ Pod本体 ×1
  • 2mlカートリッジ(キャップ付き) ×1
  • USBケーブル ×1
  • バッテリーワーニングカード ×1
  • ワランティカード ×1
  • ワーニングブックレット(日本語記載有り) ×1
  • ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×1

IMG_0668.jpg

マニュアルに日本語の記載はありませんが、難しい操作の無いワンボタンですので迷うこと無く使用出来ると思います。
また、イラストを多用して説明してあり分かり易いです。

EQ Pod のスペック

サイズ H90*W35*D15mm
重量 53g
バッテリー容量 800mAh
出力 レギュラーモード:13.5W
ブーストモード:15.5W
コイル MTL Mesh Type Coil 0.5Ω
エアフロー ボトムエアフロー
吸引方法 パフボタンを押しながら
リキッドチャージ ボトムチャージ
タンク容量 2.0ml
安全保護機能 短絡保護
過放電保護
過充電保護

eq_pod_color.jpg 

カラーバリエーション
パープル / レッド / ブルー / シルバー / ブラック

IMG_0669_1.jpg

POD型VAPEと言えばこの形と言ってしまっても過言では無いくらい、シンプルなデザインです。
フレームの塗装はラバー加工されているので、さらさらとした何とも気持ちの良い手触りになっています。

IMG_0674.jpg

POD型VAPEの中では大きめのサイズですが、100円ライターと比較してもこの程度の大きさですので、十分にコンパクトです。

IMG_0673.jpg

パフボタン
内側の白いラインの部分がLEDで光るようになっています。

電源のON/OFF パフボタンを3クリック
出力モードの切替 電源OFF時にパフボタンを3秒長押し
押し続けるとモードが交互に切り替わる
白LED:レギュラーモード 13.5W
赤LED:ブーストモード 15.5W
設定したい色の時にパフボタンを離す
バッテリー残量 白LED:FULL
赤LED:LOW

IMG_0672.jpg

表面下部には"EQ"のロゴマークがプリントされています。

IMG_0671.jpg

裏面下部には構造式(化学式)がプリントされています。
残念ながら私は科学に明るくないので何の構造式なのかは分かりません。

IMG_0676.jpg

持ち運びや保管時に衛生的な保護キャップ付きです。

IMG_0677.jpg

保護キャップは爪などが無い嵌め込み式ですが、簡単には外れてしまわない程度にしっかり嵌っています。

IMG_0678.jpg

ポッドと本体(バッテリー)の接続はマグネット式になっていますので、簡単に着脱出来ますし高級感もあります。
本体側には導電性の良い金メッキされた端子が2つあります。

IMG_0679.jpg

半透明の艶消しですので、リキッド残量の確認が容易です。

eq_mesh.jpg

バーチカル(縦置き)の0.5Ωメッシュコイルが採用されています。

IMG_0683.jpg

両側面下部に調整不可のエアホールが1つづつ開いています。

IMG_0681.jpg

IMG_0680.jpg

唇にフィットする形で咥え心地がかなり良く、口の端から余分な空気を吸い込みにくくなっています。
金属部分の出口はテーパー状に加工されており、味への拘りが感じられます。

IMG_0682.jpg

底面には本体との接続端子があります。

IMG_0684.jpg

IMG_0685.jpg

底面を回転させるとリキッドチャージホールが両端に現れます。
引き上げながら回すなどの手間は無く、ただ単に力を加えるだけで回転します。
シリコンキャップ方式に比べてとても楽ですし、手も汚れません。

IMG_0675.jpg

本体底面には充電用のマイクロUSB端子があります。

底面プリント内容
"INNOKIN"
"CAPACITY:800 mAh"

IMG_0688_201809151135021d1.jpg

PCのUSBやスマホのアダプターなどで充電します。
メーカーサイトにもマニュアルにも記載はありませんでしたが、恐らく5V-1Aまでだと思われます。

充電中:バッテリー残量に応じた色のLED点灯、充電完了:LED消灯

使ってみよう

IMG_0691.jpg

ギリギリの満タンまでリキッドを注入すると漏れやジュルりの原因になりますので、8割程度に留めておくことをおすすめします。(POD型全般での話です)

ポッドが新品の場合はドライヒット(コットンの焦げ)を防ぐため、リキッド注入後5分以上放置してコットンへリキッドをよく浸透させます。

IMG_0692.jpg

リキッド:ROAST COFFEE [TOKYOWORKS](PG50/VG50)

ドローは重いMTL(タバコ吸い)という程ではなく、重くも軽くもなく丁度良い具合のMTLに適した抵抗感です。
MTL Mesh Type Coilという名称の通りMTL向きのPOD型VAPEではありますが、重めのDL(直肺)も十分に可能なドローです。
しかしながら、DLで吸う場合はあまり長めのパフはせず、2秒程度に留めておいた方がドライヒットの心配もありませんし、吸い口が熱くならずに済みます。

小型とはいえ流石メッシュコイルだけあって、とてもシルキーでドライ寄りの好みのミストです。
味もよく出ており物足りなさは無く、POD型VAPEの中では十分上位に値すると思います。

出力モードの違いは、レギュラーモードに比べブーストモードはミスト量が若干多くなり、MTLだと咽そうになることがありました。
個人的にはレギュラーモードでMTL、ブーストモードでDLが良かったです。

ジュルりやスピットバックは無く、極端にチェーンスモークしたりDLし過ぎない限り唇が熱く感じることはありませんでした。

まとめ

IMG_0693.jpg

良かったところ
  • 選べる出力モード
  • POD型で手軽にシルキーな美味しいメッシュコイル
  • 唇にフィットする吸い口
  • マグネット式ポッド
  • 回転式で現れるチャージホール
  • 保護キャップ付き

気になったところ
  • 特になし

マグネット式ポッド、回転式で現れるチャージホールと大変扱い易く、よく考えられたPOD式VAPEでした。
メッシュコイルだけあって味もミストの質感も非常に良く、とても満足感のあるベイピングを楽しめます。
個人的には咥え口の形状がとても好みで、咥え易く吸い疲れしないのが良かったです。

スタンダードでシンプルなデザインながら、メッシュコイルを採用した他とは違う美味しさのPOD型VAPEでおすすめです!


こちらから購入できます!送料無料!



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

INNOKIN  ベプログショップ 

0 Comments

Leave a comment