VapeFYI

HOME > スターターキット > コンパクトスターターキット > Nautilus AIO Kit(ノーチラスAIOキット) [aspire(アスパイア)] レビュー

23 2018

Nautilus AIO Kit(ノーチラスAIOキット) [aspire(アスパイア)] レビュー

IMG_1089.jpg

aspire(アスパイア)のコンパクトスターターキット、Nautilus AIO Kit(ノーチラスAIOキット)のレビューになります。

人気のクリアロマイザー「Nautilus」シリーズと同じコイルを採用した、カートリッジ式のオールインワンキットが登場しました。
コンパクトな手のひらサイズ&スタイリッシュで高級感のある、aspireらしいコンパクトVAPEになっています。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_1081_20181020131452820.jpg

メーカーカラーのシンプルでかっこいいデザインのパッケージです。

IMG_1083_20181020131454b8a.jpg

パッケージ底面
バッチコードのプリントや、正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_1082_20181020131456cf6.jpg

パッケージ裏面
内容物一覧やメーカーの詳細などが記載されています。

IMG_1084_201810201314577ae.jpg

パッケージカバーはスライド式になっています。

IMG_1085_20181020131459509.jpg

合板製の頑丈で高級感のあるブックタイプのパッケージです。
クッション材はプラスチック製ですが、本体は保護カバーに包まれているので擦り傷などの心配はありません。

IMG_1087_20181020131500db3.jpg

内容物
  • Nautilus AIO本体 ×1
  • Regular Nautilus BVC Coil 1.8Ω ×1
  • BVC Coil for Nicotine Salt 1.8Ω ×1
  • USBケーブル ×1
  • 予備シリコンキャップ ×1
  • 予備Oリング ×2
  • ワランティカード ×1
  • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

IMG_1088.jpg

ユーザーマニュアルは英語のみの記載ですがイラストを多用して解説されているので、VAPEが始めての方も基本操作に迷うことは無いと思います。

Nautilus AIO のスペック

サイズ H87.5*W37*D21mm
※保護キャップ込み
重量 53.4g
※保護キャップ&コイル込み
バッテリー容量 1000mAh
最大充電入力 5V-1A
出力電力 12W
コイル Regular Nautilus BVC Coil 1.8Ω
BVC Coil for Nicotine Salt 1.8Ω
エアフロー ボトムエアフロー
吸引方法 パフボタンを押しながら
リキッドチャージ ボトムフィル
タンク容量 4.5ml
安全保護機能 オートカットオフ(10s)
短絡保護
低電圧保護
過充電保護
本体温度保護(75℃)

nautilus_aio_color.jpg

カラーバリエーション
ブルー / グリーン / シルバー / ブラック / レッド / パープル

IMG_1090_1.jpg

肌理の細かいサラサラとした手触りのマットブラックにゴールドのラインがよく映えていて、高級感があります。
フレームは金属製ではなく樹脂製ですので、非常に軽量になっています。


IMG_1094_20181020131809798.jpg

味に定評のあるクリアロマイザーのNautilus2と同じコイルが採用されています。


IMG_1093_20181020131811243.jpg

100円ライターとのサイズ比較です。
とてもコンパクトなサイズですので、ポケットに忍ばせても邪魔になりません。

IMG_1096.jpg

パフボタン
透明の電源マークがLEDで光るようになっており、パフ時や充電時にバッテリー残量に応じた色のLEDが点灯します。
パフボタンはカチカチとクリック感があり、マウスのボタンのように押し心地が良いです。

電源のON/OFF:5クリック

IMG_1097.jpg

表面下部には"aspire"のロゴがプリントされています。

IMG_1099.jpg

両側面にカートリッジリリースボタンがあり、掴むように押すとカチッという音と共にカートリッジが浮き上がります。
片側の側面には充電用のマイクロUSB端子があります。

IMG_1101_20181020131818439.jpg

PCのUSBやスマホのアダプターなどで充電します。
5V-1Aまでの対応ですので、タブレット用などの5V-2Aの急速充電には対応していません。

充電中:3回点滅後バッテリー残量に応じたLEDが点灯、充電完了:20回点滅後LED消灯

バッテリー残量 LED
3.8V以上 ブルーオレンジ
3.8-3.5V ブルー
3.5V以下 オレンジ

IMG_1098_20181020131817900.jpg

裏面下部には"Nautilus AIO"のロゴがプリントされています。

IMG_1104.jpg

持ち運び時や未使用時に衛生的な保護キャップ付きです。
爪などは無い嵌め込み式ですが、簡単に外れてしまうことはありません。

IMG_1105_20181020131948168.jpg

マウスピースはカートリッジと一体型で、吸い口の外径は15.5mm*6.5mm、内径(金属部分)は5mmです。

IMG_1106.jpg

カートリッジ / 本体(バッテリー)
両側面のリリースボタンを押すとカートリッジを外すことが出来ます。

IMG_1108_20181020131951da4.jpg

本体側接続部
ネガティブ/ポジティブ/ネガティブのバネ式端子が3つあります。

IMG_1107_201810201319530a8.jpg

保護キャップ / カートリッジ / 本体(バッテリー)
大きく分けると3つのパーツで構成されています。

IMG_1109_2018102013204934c.jpg

マウスピース一体型のカートリッジになっています。
コイル無しのカートリッジのみが別売されていますので、複数のリキッドを手軽に交換して楽しむことが出来ます。

IMG_1111_2018102013205161b.jpg

カートリッジ裏面
中央にコイルのキャップ兼エアフローユニット、端にリキッド注入口のオレンジのシリコンキャップがあります。

IMG_1110.jpg

エアフロー
無段階調整のボトムエアフロー(ストッパー付き)で1ヶ所のみです。

IMG_1112_1.jpg

リキッド注入口のシリコンキャップには摘みが付いているので、開閉がとても楽です。
エア抜き用の穴がありませんので、リキッド注入時にはノズルで穴を完全に塞いでしまわないように注意する必要があります。

IMG_1115_201810201320555a0.jpg

コイルの付いたエアフローユニットはネジ式になっています。

IMG_1119_1.jpg

コイルはネジ式でエアフローユニットに取り付けられています。

IMG_1120_20181020132058b54.jpg

カートリッジ / コイル / エアフローユニット

IMG_1121_2018102013210059d.jpg

Regular Nautilus BVC Coil 1.8Ω(4.2-5.0V、10-14W) / BVC Coil for Nicotine Salt 1.8Ω(10-12W)
BVC Coil for Nicotine Salt 1.8Ωはニコチンソルトリキッドに最適なコイルですが、ノンニコチンリキッドでも問題なく使用可能です。

IMG_1122_20181020132101731.jpg

両方共にシングルワイヤーのバーチカルコイルです。

IMG_1100_20181020132108937.jpg

本体底面
5つのベントホールが設けられています。

使ってみよう

IMG_1123.jpg

ボトルのノズルを深く入れ過ぎてリキッドチャージホールを塞がないように注意しながら、リキッドを注入します。(エアーが抜ける隙間を確保していないと、リキッドが溢れてくる可能性があります。)

コイルが新品の場合はドライヒット(コットンの焦げ)を防ぐため、リキッドチャージ後にカートリッジを立てた状態で10分以上放置し、コイルのコットンへリキッドをよく浸透させます。

IMG_1124_20181020132212c3a.jpg

リキッド:Vegas [BaksLiquidLab.]

Regular Nautilus BVC Coil 1.8Ω
クリアロマイザーのNautilus2と同じ方のコイルを使用してみました。

エアフローは全開でも軽めのMTL(タバコ吸い)に適した重さで、重めのDL(直肺)も可能なドローです。
但し、MTL向きの高抵抗コイルの場合は、吸い込みを長くDLするとドライヒットする可能性がありますので、DLをする場合は短めに、基本的にはMTLで吸った方が良いと思います。
ギリギリまでエアフローを絞るとかなりタイトなドローにも出来ますが、個人的には1/3開け程度の重さが吸い疲れもせず快適にMTL出来るドローでした。

肝心な味の方はと言いますと、Nautilus2と同じコイルなので同じレベルの味を期待していましたが、カートリッジ式としては普通くらいは出ているものの、残念ながらNautilus2ほどの味は出てくれません。
Nautilus2との違いは、エアフロー(特に関係ないと思います)と、コイルから吸い口までの距離(Nautilus2の方が距離がある)と、出口の内径(Nautilus2のドリップチップの方が細い)です。
あとはMODで使用するクリアロマイザーとは違い、出力が変更出来ない点も大きいかもしれません。

ジュルりやスピットバックは無く、チェーンスモークしてもマウスピースが熱くなること無く快適に吸えました。(ミストは熱めです)

まとめ

IMG_1126_20181020132214dcf.jpg

良かったところ
  • 高級感のあるお洒落なデザイン
  • Nautilusシリーズのコイルを採用
  • 1000mAhの大容量バッテリー
  • 4.5mlの大容量タンク
  • 保護キャップ付き
  • エアフロー調整可能

気になったところ
  • Nautilus BVCコイルの性能を生かしきれていない

デザインはBreeze2よりも洗練されていてカッコ良く、所有欲を満たしてくれるコンパクトVAPEでした。
バッテリー容量とタンク容量が大きく、持ち出し用途としても申し分のないスペックです。
ただ、クリアロマイザーのNautilusシリーズと同じ味をカートリッジ式で味わえると期待していたので、コイルの性能を出し切れていない点は残念でした。
しかしながら、クリアロマイザーのNautilusシリーズを吸ったことがない方にとっては、カートリッジ式としては十分に合格点かもしれません。

Nautilusシリーズのコイルを余らせている方やVAPEデビューにおすすめです!


こちらから購入できます!送料無料!
Nautilus AIO Kit【aspire】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

aspire  ベプログショップ 

0 Comments

Leave a comment