VapeFYI

HOME > スターターキット > コンパクトスターターキット > X-Force Kit(エックスフォース) [SMOK(スモック)] レビュー
16 2018

X-Force Kit(エックスフォース) [SMOK(スモック)] レビュー

IMG_1175.jpg

SMOK(スモック)のコンパクトスターターキット、X-Force Kit(エックスフォース)のレビューになります。

SMOKより2000mAhの大容量バッテリーポッド式VAPEがリリースされました。
グリップしやすいデザインでパフボタンも大きく、握るだけの簡単操作になっています。
ポッドとコイルが分離可能な構造で、少々変わったコイルが採用されている点にも注目です。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_1167_20181111122158504.jpg

黒を基調としたシンプルなデザインで、嵩の深いパッケージです。

IMG_1170.jpg

パッケージ側面
メーカーの詳細の記載、シリアルコードや正規品確認用のスクラッチシールが貼られています。

IMG_1169_20181111122201625.jpg

パッケージ裏面
X-Forceの製品仕様や内容物一覧、注意事項などが記載されています。

IMG_1168_20181111122203091.jpg

パッケージカバーはスライド式になっています。

IMG_1171_20181111122204820.jpg

上段に本体、下段にアクセサリーやユーザーマニュアルが収納されています。
クッション材は、上下段共に黒いスポンジ製です。

IMG_1172_20181111122206693.jpg

内容物
  • X-Force本体 ×1
  • X-Forceタンク ×1
  • X-Forceコイル 0.6Ω ×1
  • X-Forceコイル 1.2Ω ×1
  • USBケーブル ×1
  • ユーザーマニュアル(英語のみ) ×1

IMG_1173_20181111122207b56.jpg

IMG_1174_20181111122209edc.jpg

ユーザーマニュアルは英語のみの記載ですが、イラストを多用した説明とワンボタンで電源のON/OFF操作のみなので、初心者の方も使用方法に迷うことは無いと思います。

X-Force のスペック

サイズ 本体:H102.5*W52*D30.4mm
タンク:H52*W51.3*D30.3
重量 本体:99.8g
タンク:30g
バッテリー容量 2000mAh
充電 5V、0.6-0.7A
電力範囲 <45W
入力電圧 3.3-4.2V
待機電流 <200μA
コイル X-Force Coil 0.6Ω、1.2Ω
エアフロー サイドtoボトムエアフロー
吸引方法 パフボタンを押しながら
リキッドチャージ サイドフィル
タンク容量 7ml
安全保護機能 オートカットオフ(8s)
短絡保護
低電圧保護
過充電保護

x_force_color.jpg

カラーバリエーション
ブラック / レッド / ホワイト / イエロー / ブルー / パープル

IMG_1176_1.jpg

上下の斜めのラインを合わせると「X」になるようにデザインされています。
中央部が山形に膨らんだ形状は握り易く、グリップパフに適しています。

※スタンダードエディション(7ml)のパッケージに誤ってEUエディション(2ml)のカートリッジが入っていましたが、以後7mlの定でレビューを進めさせていただきます。
EUエディションはタンク容量を減らすためにタンク内上部にシリコンが入っているだけで、カートリッジ自体は同じ物です。

IMG_1184_201811111224001a1.jpg

マウスピースはカートリッジと一体型になっています。

IMG_1185_20181111122614487.jpg

X-Force / 100円ライター / Nautilus AIO
お世辞にも「コンパクト」とは言い難いサイズ感で、BOX-MODにRDAを載せたくらいの大きさがあります。
しかしながら無駄に大きなサイズなわけではなく、2000mAhの大容量バッテリー&7mlタンクという長時間使用に耐えられる仕様になっています。

IMG_1179_20181111122402278.jpg

カートリッジには"SMOK"のロゴがプリントされています。

IMG_1180.jpg

本体中央付近には5つのバッテリーインジケーターが、下部には"X-FORCE"のロゴがプリントされています。
バッテリーインジケーターは、パフ時や充電中にバッテリー残量に応じた数のLEDが点灯します。

IMG_1178_201811111224036f9.jpg

本体側面
カートリッジ部分にエアー取り込み口、グリップパフし易い大きなパフボタン(赤色部分)、充電用のマイクロUSB端子があります。
大きなパフボタンはどの部分を押しても反応するわけではなく、中央より上の部分を押す必要があります。

IMG_1181_2018111112240504d.jpg

PCのUSBやスマホのアダプターなどで充電します。
5V-2Aの急速充電には未対応ですので注意してください。

充電中:バッテリー残量に応じた数のLEDが点滅、充電完了:LED5つ点灯

LED バッテリー残量
1つ 1-9%
2つ 10-29%
3つ 30-69%
4つ 70-89%
5つ 90-100%

IMG_1182.jpg

マウスピース
出口外径:12.5mm、出口内径:8.7mm、高さ:16.0mm

マウスピースのサイズ感としては、MTL(タバコ吸い)もDL(直肺)もいける中間を狙ったのではないかと思います。

IMG_1186_20181111122617dfa.jpg

IMG_1187.jpg

カートリッジ / 本体(バッテリー)
カートリッジの取り外しは引っ張るだけの簡単な方式です。
パフボタン側内側に爪がありますので、取り付け時にはカチッと音がするまでしっかりと押し込んでください。

※初期状態でコイルは組み込まれていません。

IMG_1188_201811111226202d5.jpg

本体側接続部
金メッキされた導電性の良い端子が2つあります。

IMG_1189.jpg

材質は、PCTG(ポリエステル樹脂)とシリコンです。
メンソールへの耐性はありますが、柑橘系リキッドに含まれるリモネンによってシリコンが溶ける可能性がありますので注意が必要です。

IMG_1190_20181111122753b5b.jpg

カートリッジ上部側面にエアーの取り込み口があります。
上部からエアーを取り込み下部のコイルへ導く仕様なので、滲みや漏れには強いと思います。

IMG_1191_1.jpg

カートリッジの側面にリキッドチャージホールがある、サイドチャージ方式です。
横長で大きめのエア抜き兼用チャージホールなため、リキッドが逆流してしまうことはありません。

IMG_1193_20181111122756000.jpg

マウスピース
出口外径:12.5mm、出口内径:8.7mm、高さ:16.0mm

マウスピースのサイズ感としては、MTL(タバコ吸い)もDL(直肺)もいける中間を狙ったのではないかと思います。

IMG_1194_20181111122757c9a.jpg

カートリッジ底面は全面シリコンになっており、コイルは嵌め込み式です。
シリコンも取り外すことが出来るので、タンクの洗浄はし易い方だと思います。

IMG_1195_20181111122759053.jpg

IMG_1196_20181111122800bea.jpg

指を掛けやすいように窪みが設けられているので、簡単に取り外すことが出来ます。
取り付け時は、しっかりと押し込むだけです。

IMG_1197_1.jpg

左側からエアーを取り込み、右側のマウスピースへミストが抜けていく構造です。
上側からリキッドを取り込むので、タンク内のリキッドを最後まで使うことが出来ます。
また、この構造のためリキッドが残ったままでもコイル交換が可能です。

x_force_air.jpg

メーカー製品ページの図を見ると分かり易いかと思います。

IMG_1199_20181111122910074.jpg

0.6Ωは「巨大で高密度なミスト」、1.2Ωは「シルキーな味と高耐久性」のようです。
コイルのベース(白色部分)はセラミック製で、金色の部分は金メッキされた導電性の良い接続端子です。

IMG_1203_2018111112295821a.jpg

どちらのコイルも単線のワイヤーで、材質に関しては記載がありませんでした。

IMG_1201_20181111122912d24.jpg

こちらは吸気側になります。

IMG_1200_20181111122913fc0.jpg

上側のリキッド取り込み口を覗いてみると、中身は一般的な交換式コイルのように見えます。
特殊なコイルのように見えますが、ようするにバーチカルの交換式コイルが横向きに置かれているだけのようです。

IMG_1202.jpg

コイル底面の接続端子も導電性の良い金メッキが施されています。

IMG_1183_201811111229567ce.jpg

本体底面にはベントホールが2つ開いています。

使ってみよう

IMG_1205_201811111229594c4.jpg

カートリッジ側面のシリコンキャップを外してリキッドを注入します。

コイルが新品の場合はドライヒット(コットンの焦げ)を防ぐため、リキッドチャージ後にカートリッジを立てた状態で5分以上放置し、コイルのコットンへリキッドをよく浸透させます。

IMG_1206_20181111123001d91.jpg

リキッド:「IZANAMI」La France menthol [TAMA VAPE](PG40/VG60)

X-Forceコイル 1.2Ω
ドローは軽くも重くもないのですが、どちらかと言えば軽めのMTL(タバコ吸い)、重めのDL(直肺)といった感じです。
マウスピースの径がMTLにしては大きめなのでドローが軽めに感じるのだと思いますが、MTLし難いわけでもなく「もう少し径が細ければ」と思いました。
吸い始めはコイル(コットン)の味が若干しましたが、しばらくすると気にならなくなり、洋梨の風味と甘味がしっかりと感じられ味は十分に出ていると思います。
ミスト量は1.2Ωということで控えめではありますが十分な量があります。

X-Forceコイル 0.6Ω
ドローは1.2Ωと比べて若干軽いような気がしないでもないですが、気のせいかもしれない程度です。
抵抗値が半分になったことにより自動的に出力も上がっているようで、ミスト量も(極端にではありませんが)多くなっています。
味の方は、ミスト量が増えたことにより若干1.2Ωより良く感じます。
0.6ΩということでDL向きなのかと思いましたが、少しドライヒット気味になったので、基本的にはMTL向きキットなのかもしれません。(1.2ΩでDLしても問題ありませんでした)

どちらのコイルもジュルりやスピットバックは無く、ミストも熱くなくマウスピースが熱くなることもありませんでした。
但し、初回時及びコイル交換時の最初だけジュルっと音がしましたが、直ぐに収まりました。(リキッドの吸い上げはありませんでした)

まとめ

IMG_1207.jpg

良かったところ
  • 2000mAhの大容量バッテリー
  • 7mlの大容量タンク
  • 分かり易いバッテリーインジケーター
  • グリップパフし易い大きなパフボタン
  • リキッドが残ったままコイル交換可能

気になったところ
  • サイズが大きめ

カートリッジ(ポッド)式VAPEとしては大きめのサイズになりますので、大容量バッテリー&タンクを生かした使い方をされる方には良いかもしれません。(逆に、携帯性やステルス性を求められる方にはNautilus AIOなどをおすすめします)
味はよく出ている方だと思いますし、吸い口からコイルまでの距離があるためミストが冷やされ、スピットバックが皆無なのも高ポイントです。

自宅や持ち出し先で長時間使われる方に特におすすめです!


こちらから購入できます!送料無料!
X-Force Kit【SMOK】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

SMOK  ベプログショップ 

0 Comments

Leave a comment