VapeFYI

HOME > アトマイザー > RTA > Dead Rabbit RTA(デッドラビット) [Hellvape(ヘルベイプ)] レビュー
22 2018

Dead Rabbit RTA(デッドラビット) [Hellvape(ヘルベイプ)] レビュー

  • CATEGORYRTA
  • COMMENT0
IMG_1229_20181122154243ac7.jpg

Hellvape(ヘルベイプ)のアトマイザー、Dead Rabbit RTA(デッドラビット)のレビューになります。

人気のアトマイザーDead Rabbit RDAのRTAバージョンがリリースされました。
可愛らしい「ウサギの耳」のロゴが特徴的な直径25mmの爆煙系RTAアトマイザーです。
シングル・デュアルビルドが可能で、ビルドスペースにゆとりがありコイルが組み易い構造になっています。
ガラスタンクの上部にエアフローが付いているトップエアフロー式で、液漏れも起こり難いのが特徴です。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_1224_20181122154245b42.jpg

可愛らしいウサギのロゴマークが印象的な、ホワイトベースの清潔感あるデザインの覗き窓付きパッケージです。

IMG_1225_2018112215424610e.jpg

パッケージ裏面
製品仕様や内容物などが記載されています。
正規品確認用のスクラッチシールも貼られています。

IMG_1226_201811221542474ca.jpg

クッション材は白いスポンジ製で、アクセサリーは小箱に納められています。

IMG_1227_201811221542491fd.jpg

内容物
  • Dead Rabbit RTA本体 ×1
  • 4.5ml バブルガラスチューブ ×1
  • レジンブラック810ドリップチップ ×1
  • 510ドリップチップアダプター ×1
  • -ドライバー ×1
  • 六角レンチ ×1
  • 予備Oリング一式 ×1
  • 予備ネジ ×4
  • Dead Rabbitステッカー ×1
  • 多国語ユーザーマニュアル(日本語記載無し) ×1

IMG_1228_20181122154250d9a.jpg

ユーザーマニュアルに日本語の記載はありませんが、一般的な構造のRTAですのでイラストだけでも十分に理解出来ると思います。

Dead Rabbit RTA のスペック

種類 RTA
材質 SS+ガラス
スレッド 510
ドリップチップ 810
直径 25mm
高さ 43.5mm
※スレッド含まず
重量 60g
コイル シングル/デュアル
エアフロー トップエアフロー
タンク容量 2ml/4.5ml
リキッドチャージ トップフィル

dead_rabbit_rta_color.jpg

カラーバリエーション
パープル/ガンメタ/ゴールド/ブルー/SS/レインボー/ブラック/フルブラック

IMG_1230_20181122154635265.jpg

Dead Rabbit RDAのデザインを継承した、ローレット加工が上下に施されています。
Dead Rabbit RDAもそうでしたが、シンプルな形状で万人受けするかっこいいデザインです。

IMG_1247.jpg

付属のバブルガラスチューブに付け替えると、倍以上のタンク容量の4.5mlになります。

IMG_1232_201811221546360b2.jpg

エアフローは無段階調整のトップエアフローで2ヶ所設けられています。(ストッパー付き)
トップエアフローではありますが、コイルの斜め上からエアーが当たる構造になっていますので、ほぼサイドエアフローのような感じです。

IMG_1234.jpg

トップキャップ上面が斜めに加工されているので、唇の当たりが良くなっています。

IMG_1235_201811221546399cc.jpg

ドリップチップ側にOリングの無い一般的な810規格のドリップチップが採用されていますので、お好みのドリップチップを使用することが出来ます。

IMG_1239_1.jpg

レジンホワイト810ドリップチップ
出口外径:17.0mm、出口内径:11.7mm、接続部内径:7.9mm
高さ:6.5mm(接続部含まず)

IMG_1240_2018112215464242f.jpg

レジンブラック810ドリップチップ
レジンホワイトと全く同じサイズの色違いです。

IMG_1241_20181122154644fc9.jpg

510ドリップチップアダプターはトップキャップと面になるため、510ドリップチップ使用時でも見た目を損なうことがありません。

IMG_1242_1.jpg

SS510ドリップチップアダプター
出口外径:13.5mm、内径:8.6mm、厚み:0.6mm(接続部含まず)

IMG_1249.jpg

IMG_1244_201811221548563b1.jpg

ネジ式のトップキャップを外してリキッドをチャージする、トップフィル方式です。
直径25mmということもありチャージホールは大きめですので、ガラススポイトのような大き目のボトルノズルでも余裕を持って注入出来ます。

IMG_1245_20181122154857715.jpg

金メッキされた導電性の良いポジティブピンです。(調整不可)

底面刻印内容
"Designed by Heathen"
"HeLLvape"

IMG_1246_201811221548598a6.jpg

ポジティブピンの出しろは、ピーク材を含めで1.0mmでした。

IMG_1250_20181122155013ee8.jpg

ネジ式のデッキを取り外すとこのような状態になりますので、リキッドが満タンの状態でもデッキにアクセス可能です。

IMG_1251.jpg

チムニー上面内部はドーム状ではありませんが、テーパー状に加工されています。
テーパー状部分にエアホールが設けられているため、コイルの斜め上にエアーが当たるようになっています。

IMG_1252_20181122155016c91.jpg

ドリップチップ / トップキャップ / エアフローリング / チムニー / ガラスチューブ / デッキ
エアフローリングも外れますので、隅々までしっかりと洗浄可能です。

IMG_1253_2018112215501743e.jpg

可愛らしい"Dead Rabbit"のロゴマークが刻印されています。

IMG_1254_20181122155019c34.jpg

"Dead Rabbit"のロゴが刻印されています。

IMG_1255_20181122155020740.jpg

大きめのジュースホールが2ヶ所設けられています。

IMG_1256_20181122155022bb3.jpg

Dead Rabbit RDAのポストとほぼ同じの、2ポール4ホールのシングル/デュアル対応デッキです。
事前にコイル足の長さ調整が必要ではありますが、比較的ビルドが楽なデッキだと思います。
コットンもウィックホールに突っ込むだけのタイプなので簡単です。

IMG_1257.jpg

大きめのワイヤーホールになっていますので、クラプトンワイヤーなどの太いコイルも余裕で設置出来ます。

MODとの組み合わせ

IMG_1258_201811221601042aa.jpg


IMG_1260_201811221601067af.jpg


IMG_1259.jpg

IMG_1261_20181122160108810.jpg

ビルドして吸ってみよう

IMG_1262_20181122160110ba9.jpg

カンタル24ga、内径3mm、5巻き、シングル、0.55Ω
一応シングルでも組んでみました。
内径3mmのシングルでは、大きなウィックホールを埋めることが出来るのか怪しいです。

IMG_1263_20181122160111bda.jpg

カンタル26ga、内径3mm、5巻き、デュアル、0.4Ω
事前にある程度コイルの足の長さを調整しておく必要はありますが、比較的簡単にコイルを設置することが出来ました。
少々はみ出た足は下からカット可能なので、大体の長さにカットして設置してしまって大丈夫です。

IMG_1264_2018112216011359b.jpg

コットンは、PERFECTION WICKS [SAITO WIRE vapors creation]を使用しました。
コイルからウィックホールまで結構距離がありますので、余裕を持った長さのコットンが必要です。
ウィッキング自体は、端を軽く梳いてからウィックホールに詰めるだけなので簡単でした。


IMG_1265_20181122160158c3b.jpg

デッキを組み込む前に、コットンにある程度リキッドを染み込ませておきます。

IMG_1266_20181122160159192.jpg

トップキャップを外してリキッドを上から注入出来るので、とても楽です。

IMG_1269_20181122160202565.jpg

リキッド:MELON CREAM [MK Lab](PG40/VG60)

エアフローは全開でも少しだけ抵抗感があるような感じですが、基本的にはスカスカです。
エアフローコントロールは非常に良く効き、少し閉じただけでもドローがはっきりと変わります。
個人的には今回のような爆煙セッティングなら、全開から3/4開け、絞っても2/3開けくらいが吸い易いドローの重さでした。

味の方は、トップエアフローですがほぼサイドエアフローのようなものだと思いますので、凄く濃い!とは行かないまでも、よく出ていて不満を感じることはありません。
ドリップチップからコイルまでの距離がありサイドエアフロー風なので、私のお気に入りのGOON RDAのようなドライでシルキーなミストがとても心地良く好みです。
表現が難しいのですが、RTAはRTAっぽい味やミスト、吸い心地になることが多いのですが、Dead Rabbit RTAはRDAのような感じを受けました。

0.4Ωとはいえ単線で組んだこともあるかと思いますが、チェーンしてもトップキャップが熱くなることや、スピットバック、リキッドの吸い上げは一切ありませんでした。

まとめ

IMG_1268_20181122160201cbf.jpg

良かったところ
  • 見た目が可愛カッコイイ
  • シルキーな爆煙ミスト
  • 漏れ難いトップエアフロー
  • 便利なトップフィル
  • スムーズな動きのエアフローリング
  • ドリップチップ2色付き
  • 510ドリップチップも使用可

気になったところ
  • MODを選ぶ直径25mm

個人的には上からコイルを刺すタイプのデッキはあまり好みではないのですが、それを差し引いてもかなり使える好みのRTAでした。
ビルドは物凄く簡単というほどでもなく簡単寄り、という位置づけですが、そんなに頻繁にリビルドするわけでもないことを考えると、単線ビルドが最高にやり難いGOON RDAなどに比べれば全然良いです。
特に気に入ったポイントは、トップエアフローでありながらほぼサイドエアフローな味わいで、倒さない限り絶対に漏れないという点です。
RTAはビルドがバッチリ決まっても、ふとした拍子に滲んだり漏れたりするのを嫌って常用し難かったのですが、Dead Rabbit RTAは立てている限り漏れないですし、ミストの感じが好みのRDAのようでとても気に入りました。

Dead Rabbit好きな方はもちろん、漏れないRTAをお探しの方にもおすすめです!


こちらから購入できます!送料無料!
Dead Rabbit RTA【Hellvape】 [ベプログショップ]


↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

関連記事

Hellvape  ベプログショップ 

0 Comments

Leave a comment