VapeFYI

HOME > アトマイザー > RTA > The Viper RTA [Wotofo] レビュー

21 2017

The Viper RTA [Wotofo] レビュー

  • CATEGORYRTA
  • COMMENT0
IMG_0565_2.jpg 

メーカー: Wotofo
製品名 : The Viper RTA


Wotofoの新作RTAアトマイザー、The Viper RTAをレビューしていきたいと思います。
蛇要素が全く分かりませんが、爆煙RTAだってことだけは分かりますね。



商品は海外大手通販サイトのFAST TECHさんから提供していただきました。

ありがとうございます!


Thank you for your offer! FAST TECH!



 スペック 
種類 RTA
材質 316SS
スレッド 510
ドリップチップ トップキャップ一体型
直径 24mm
高さ(スレッド含まず) 40mm
コイル シングル
エアフロー ボトムエアフロー
タンク容量 3ml
リキッドチャージ トップフィル
その他 ジュースコントロール付き


 開封 
IMG_0559.jpg 
IMG_0560.jpg 
底面に正規品確認のためのスクラッチがあります。

IMG_0561.jpg 
IMG_0562.jpg 

内容物は、
  • The Viper RTA
  • 予備ガラスチューブ
  • ユーザーマニュアル
  • プリメイドクラプトンコイル×2
  • 日本製コットン
  • T字ツール
  • 予備ネジ
  • 予備Oリング(全箇所分)
IMG_0564.jpg 

上下にある窪みの装飾が結構カッコイイと思います。
リベットみたいな感じでメカ感が出ていて私は好きですね。
回す時の滑り止めとしても一躍かっています。
上側はジュースコントロールを回すために、下側はエアホールリングを回すために良い感じの感触です。

IMG_0566.jpg 

大きく分けるとこの3部位になります。
タンクにリキッドが残っている状態でも、デッキにアクセスできるタイプです。

IMG_0567.jpg 

トップキャップ一体型のドリップチップになります。
ねじ込み式の完全に専用品です。
もしかしたら501ドリップチップが刺さるかと思って試しましたが、無理でした。

ドリップチップ部分の実測値
外形:14mm 内径:7mm

IMG_0569.jpg 

トップフィルで穴も大きめなので、ガラススポイトでも余裕です。

IMG_0571.jpg 

チムニー内部は滑らかなドーム状に仕上がっています。

IMG_0572.jpg 

2ポール2ホールのシングルデッキになります。
非常に広くてビルドがしやすそうですね。

IMG_0576.jpg 

エアホールは無段階調整式になっています。
全開だとスカスカで、全閉だと全く吸えないので密閉度は高いですね。

IMG_0574.jpg 

このアトマイザーは、ジュースコントロール付きになっています。
赤い壁が見えている状態が、ジュースホール全閉です。
閉じ方は、タンクもしくはチムニー上部の窪み装飾がされている部分を左回し(鍵が掛かっているマークの方向)
ほどよい抵抗感で簡単に回ります。

IMG_0575.jpg 

ジュースホールが全開の状態です。
開け方は、タンクもしくはチムニー上部の窪み装飾がされている部分を右回し(鍵が開いているマークの方向)

IMG_0577.jpg 

金メッキのポジティブピンは、メカニカルMODでも使えそうなくらい出ています。
絶縁インシュレーターの他、Oリングも入っていました。

IMG_0580.jpg 

デッキ側の出っ張った部分と、エアフローリングの溝のある部分を合わせて組みます。
これによって、エアフローリングがくるくると回ってしまうことがありません。
こういった小さな気配りが良いですね。

IMG_0579.jpg 

完全分解して、しっかり洗浄しました。
デッキ部分はこれ以上分解できなさそうだったので、圧入されているのだと思います。


 ビルド 
IMG_0581.jpg 

せっかくなので、付属のプリメイドクラプトンコイルを使ってみました。
ヒューズドクラプトンの実物を始めて見ましたが、カッコイイですね。
このコイルについての詳細は、メーカーHPとマニュアルを確認しましたが何も書いてありませんでした。
内径は3.5mmでした。
おまけコイルでも、一応詳細は記載しておいてほしいですね。
Wotofoに問い合わせたら教えてくれるかな?
芯が0.3*0.8で外が0.2のカンタルだと思うんですけど、どうですかね?

コイル位置は、わりとエアホールに近づけました。
あまり近づけすぎると、エアホールの端にコットンが触って、伝い漏れするかもしれません。

IMG_0585.jpg 

ドライバーンしたら良い色になりました。
手持ちのクラプトンはこんな色にならないんですけど・・凄く気になります。

この時点で、0.57Ωです。

IMG_0586.jpg 

コットンも付属の物を使ってみました。
手で千切って使えるタイプのコットンで、使いやすかったです。
梳きすぎると漏れる恐れがあるので、そこそこにしておきましょう。

IMG_0587.jpg 

軽く端を梳いてウィックホールに詰めました。
エアーホールにコットンが被らないように気をつけて整形しています。


 試吸 
IMG_0589.jpg 

IMG_0590.jpg 

24mmのアトマイザーがはみ出ずに乗るMODを持っていないので、物理的に乗るMODに乗せてみました。
ち、近くで見なければ意外とだ、大丈夫ですよ!

SMASH MOUTHを30W(MOD表示0.59Ω)エアホール全開で吸ってみたところ、思いっきり予想を裏切られました。
爆煙用だから大味だろうと思っていたのですが、とてもシルキーで濃くて美味しいです。
いわゆるタンク味じゃなくて、RDAに近い味がするので不思議です。
ほぼワンタンク一気に消費してしまって、空気清浄機全回の部屋が真っ白です(;゜0゜)
チェーンスモークしまくりでしたが、供給がかなり良いようでドライヒットは一切ありませんでした。

エアホールを絞っていけば、好みのドローの重さや濃さを自由に調整できて良いですね。
私は全開から半開くらいが好みでした。
激絞りにすればMTLできますが、これはDLで楽しんでもらいたいですね。

ドリップチップがトップキャップと一体型で、交換不可なのがどうかなと思っていましたが、外径・咥え心地・唇がトップキャップに当たる感触、どれも良好で問題なしです。
潔く一体型にすることによって、スッキリしていて良いと思います。


 総評 
$25前後で購入できてしまう、コスパの高いアトマイザーです。
中国のマスプロダクツ製品のクオリティは高いですね。
表面の仕上げや各クリアランスなども非常に良いです。

特に気に入った点は、
  • RDAのような味
  • ジュースコントロール
  • 漏れない
  • ビルドが簡単
です。
私がRTAで一番重要視するのは「漏れないこと」(漏れは一気に使う気が失せる)
RBA全般で重要視するのは「ビルドが簡単なこと」(面倒で美味しいのは最初は良くても結局使わなくなる)
なのでバッチリです。

リキッドチャージの手順は、
  1. ジュースホールを閉じる
  2. トップキャップを外してリキッドチャージ
  3. アトマイザーを逆さにしてジュースホールを開ける
この手順で何回も行っていますが、漏れたことはありません。
3.の必要は無いかもしれませんが、心配性なので念のためやっています。
1.は必ずやってくださいね。やらないと圧力的な問題で漏れます。

このアトマイザーは常用確定なので、もう少し使用日数を重ねてからさらに感想を追加するつもりです。
良い意味で予想を裏切られた良RTAだったので、24mmがちゃんと乗るMODが欲しくなってしまいました。

24mmが許容できて、DL好きな方には超おすすめRTAです!


こちらから購入できます。
the_vaper_rta_13.jpg



追記
開封から1週間毎日1タンク使用しました。
リキチャ時にジュースホールを閉め忘れてダダ漏れが1回
明らかにウィックを梳きすぎてジワ漏れが1回
これ以外の漏れは一切あらず、簡単快適に使えています。


↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

FASTTECH  Wotofo 

0 Comments

Leave a comment