Vape FYI

HOME > RTA >Serpent SMM RTA(サーペント エスエムエム) [Wotofo(ウォトフォ)] レビュー

06 2017

Serpent SMM RTA(サーペント エスエムエム) [Wotofo(ウォトフォ)] レビュー

  • CATEGORYRTA
  • COMMENT0
IMG_0879_2.jpg 

今回のレビューは、ケロロ軍曹でお馴染みの宇宙アイドルすすもちゃんです!

嘘です。

Wotofoの大人気24mmアトマイザー、Serpent SMM RTAのレビューになります。

海外YouTuberのSuck My Modさんとのコラボ商品で、頭文字を取って”SMM"となっています。
日本では”すもも”と可愛らしい愛称で呼ばれていますが、実はちょっとエロいジョークだったんですね。(たぶん)

24mm人気の火付け役とも言われ、かなり評価が高いRTAなので楽しみです。


提供していただいたのはベプログショップさんです。ありがとうございます!

開封してみよう

IMG_0873.jpg 

パッケージサイズは、95mm*63mm*43mmです。
スライド式になっています。

IMG_0874.jpg

パッケージ裏面には、内容物一覧が記載されています。 

IMG_0875.jpg 

パッケージ底面には、正規品確認のためのセキュリティコードスクラッチが付いています。

IMG_0877.jpg 

なんと、予備ガラスタンクが2つも入っています。
1つ割っても平気ですね。2つ割ったら慎重になりましょう。

IMG_0878.jpg 

内容物
    • Serpent SMM RTA本体 ×1
    • 予備ガラスタンク ×2
    • 510ウルテムドリップチップ ×1
    • 多国語マニュアル(日本語記載無し) ×1
    • GIVEAWAYカード ×1
    • 日本製コットン ×1
    • プリメイドNi80クラプトンコイル ×3
    • 予備Oリング一式
    • 予備ネジ ×4
    • +ドライバー ×1

    Serpent SMM のスペック

    種類 RTA
    材質 304 Stainless Steel+ガラス
    スレッド 510
    ドリップチップ 510
    直径 24mm
    高さ(ドリップチップ・スレッド含まず) 32mm
    重量 120g
    コイル シングル
    エアフロー ボトム吸気サイドエアフロー
    タンク容量 4ml
    リキッドチャージ トップフィル

    IMG_0879.jpg 

    特に装飾があるわけでもなく、至ってシンプルなRTAらしいデザインとなっています。
    どんなMODにも似合いそうで、万人受けするデザインですね。
    カラーは、ブラックやゴールドなどもラインナップされています。

    IMG_0883.jpg 

    トップキャップも、とてもシンプルなデザインです。
    510規格のドリップチップが使用可能になっています。

    IMG_0900_0.jpg 

    直径 16mm / 接続部内径 5.5mm / 出口内径 11mm / 高さ 8.5mm(接続部含まず)

    付属のドリップチップはウルテム製になります。
    私の撮影技術が未熟なため写真では伝わりにくいかと思いますが、実物はべっこう飴のような艶やかで深い良い色をしています。
    出口は大口径ですが入り口は小径になっているので、絞られたミストが一気に広がる構造になっています。

    IMG_0886.jpg 

    トップキャップを外して(ネジ式)リキッドをチャージする、トップフィル方式になっているのでリチャージがとても楽です。

    IMG_0884.jpg 

    ボジティブピンは金メッキになっています。

    IMG_0885.jpg 

    ポジティブピンは1mm出ているかいないかくらいです。

    IMG_0902.jpg

    インシュレーターとOリングで漏れを防止しています。 

    IMG_0888.jpg 

    タンクにリキッドが残っている状態でも、デッキにアクセスすることが出来る構造になっています。

    IMG_0894.jpg 

    特に臭いはありませんでしたが、恒例の儀式なのでバラして中性洗剤で洗浄してきました。

    IMG_0896.jpg 

    SERPENT SMM のロゴ

    IMG_0897.jpg 
    SUCK MY MOD のロゴマーク
    かっこいいロゴですね。


    IMG_0898.jpg 

    チャンバー内はドーム状になっています。
    チャンバーからチムニーに繋がる箇所もドーム状に加工されていて、なかなかの拘りが見てとれます。

    IMG_0895.jpg 

    デッキとエアフローリングの間にはOリングが2つありますが、取り外し取り付け、回転はとてもスムーズです。
    取り付けの際は、デッキ側矢印の凸とエアフローリングの凹部分を合わせてください。
    この凸凹によって、余分に回転しないことはもちろんのこと、デッキを外すときにくるくる回ってしまわないので良いですね。

    全開でもスッカスカというほどでもなく、全閉だと吸えないので密閉度は高いです。

    IMG_0889.jpg 

    ボトムから吸気されたエアーが、ポストに開いた2段のエアホールから排出されます。

    ウィックホール径がそこそこの大きさなので、コイル径は3mm~が安心かと思います。
    この構造なら、ウィックがエアホールに接触していたり、よほどウィックホールをスカスカにしない限り漏れなさそうで良いですね。

    デッキ下がかなり深くなっているので、背の低さのわりには4mlも入るわけですね。

    IMG_0890.jpg 

    コイルの固定は+ネジで行います。
    各ポストに2箇所づつあるので、逆巻きコイルにも対応できます。
    ビルドがとても楽そうです。

    ビルドして吸ってみよう プリメイド編

    IMG_0903.jpg 

    付属のプリメイドNi80クラプトンコイル 内径3mmを使ってみます。
    ドライバーン後で0.29Ωと、なかなか攻めた抵抗値です(°_°)
    良い色に焼けました。

    今回使用するバッテリーは、SONY VTC4 30A シングルなので、安全マージンを加味しても許容範囲です。
    VTC5 などの20Aバッテリーを、シングルでは使用されない方が良いかもしれません。

    IMG_0905.jpg 

    フラットワイヤーなので、特にコイルの設置が簡単でした。
    コイルの足がチャンバーに接触してショートしないように、しっかりとポストの際でカットしてください。

    コイルの位置は、コイルの両足がほぼ水平になっている状態です。
    上段のエアホールが、コイルの中央から下部分に被るくらいの高さになります。

    サイドフローのエアーの流れは、エアホール出口からチムニーに向かって斜め上ではなく、意外にも真横に直進しますので、コイルをあまり上にしない方が良いと思います。
    (エアホールの形状によって異なる場合があります)

    IMG_0906.jpg 

    付属の日本製コットンを使用します。
    手で千切れるタイプなので使いやすかったです。

    多少抵抗があるくらいで左右に動かせる量のコットンをコイルに通します。
    デッキ下が深いので、最後までリキッドを吸えるように長めでカットしました。
    3mm径のコイルに通る量のコットンであれば、カット時に潰れた端をほぐす程度であまり梳いたりしない方が良いと思います。
    ウィックホールがゆるゆるすぎると、漏れの原因になってしまいます。

    IMG_0907.jpg 

    ウィックホールもそこそこの大きさなので、楽に入れ込めます。

    これくらいコイル幅があるとまず大丈夫ですが、コットンがエアホールに被らないようにしないと伝い漏れの原因になります。

    RTAなのにウィッキングがある程度雑で良いのは楽ですね。
    私的に、これはかなりポイントが高い部分です。

    IMG_0910.jpg 

    ビルドが済んだので、DONKEY KAHN(ドンキーカーン)をチャージして吸ってみます。

    55W エアホール全開です。

    シュコォォォーーーー
    ぐぇっへごっほっごっほくぁwせdrftgyふじこlp;

    盛大に咽ました・・・
    フラットクラプトン高Wの一発目はいつもこうなるのに、油断していました( /ω)

    改めて、シュコォォォーーーー

    シルキーな大量のミストで、薄めと言われているHumble Juiceもしっかりと味が出ています。
    エアホールを半分閉めると、より味が濃く出ましたが、この低抵抗だと冷却面で心配になります。

    The Viper RTAでも感じたのですが、このSMMもタンク味がしなくてRDAぽい味がします。
    特にSMMは、デッキだけ見ればRDTAに見えますよね。


    Humble Juiceは高Wで焚け、ということで75W エアホール全開でいきます。

    シュコォォォーーーー

    いいですね!
    味も甘みも、より感じることができます。
    部屋があっという間に真っ白になってしまいました。
    そういえば、スピットバックはほとんど来ないです。

    ちなみに、このコイルと高Wで燃費が極悪です。

    ビルドして吸ってみよう 手巻き編

    IMG_0916.jpg 

    プリメイドコイルはイカツ過ぎたので、普通のコイルにしてみます。

    カンタル24g、3mm径、6巻、ドライバーン後で0.6Ωです。

    IMG_0917_0.jpg 

    コイルの位置は、コイルの両足がほぼ水平になっている状態です。
    上段のエアホールが、コイルの中央から下部分に被るくらいの高さになります。

    単線でもコイル設置は楽々でした。

    IMG_0919.jpg 

    今回も付属の日本製コットンを使用します。

    IMG_0920.jpg 

    プリメイドコイルに比べてコイル幅が狭くなりましたので、コットンがエアホールに被らないようにして伝い漏れを予防します。

    IMG_0911.jpg 

    今回も、DONKEY KAHN(ドンキーカーン)を吸ってみます。

    25W エアホール全開です。

    シュコォォォーーーー

    んー?ちょっと味が薄く感じますね。
    エアホールを半分閉じたら、濃厚で美味しくなりました。


    45W エアホール全開です。

    シュコォォォーーーー

    これこれ!
    焚くとミストも温かくなって美味しいです。
    ミスト量も濃さも、クラプトンじゃなくても申し分ありませんね。


    ~ 追記 ~
    コイル :カンタル26g、3mm径、7巻、1.0Ω
    SMM :エアフロー1.5~2.0mm開け、味重視ウルテムドリップチップ
    MOD :13W

    このセッティングで、たばこ系リキッドをちびちび吸っていますが、高抵抗&低Wでもしっかりと味が出ていて美味しいですよ。

    まとめ

    IMG_0914.jpg 

    さすが人気のあるアトマイザーだけあって、欠点が思いつきませんでした。
    ジュースコントロールはありませんが、もしジュースコントロールが実装されたら全くの別物になってしまい、Serpent SMMの良いところがトレードオフされてしまいます。

    特に私が気に入った点ランキング
    1. ウィッキングが雑でも問題ない
    2. コイルの設置が簡単
    3. 自宅運用なら漏れない
    4. 低抵抗から高抵抗まで幅広く運用可能
    ようするに、楽で漏れないってことですね。

    ビルドが楽なのは重要です。
    RTAなので定期的にウィックとコイルを交換する必要がありますが、これがシビアだと間違いなく使うのが嫌になってしまいます。
    Serpent SMMはRDTAのように、ウィックホールへ突っ込めばいいだけなので楽です。


    漏れないことも重要です。
    ビルドの腕次第ですが、私は2~3回連続でビルドに失敗して漏れさすと使う気が失せます。
    Serpent SMMはウィックホールのコットンが極端に緩すぎたりせず、エアホールへの接触を気をつければ、通常運用で漏れることはないはずです。
    リキッドチャージ時に漏れてくる方は、その2点を確認してみてください。

    ジュースコントロールが無いので、横倒し状態で長時間放置すれば構造上エアホールから漏れます。
    また、低抵抗高Wで運用する場合に起きやすいことですが、長期間使用すると、デッキとエアフローリングの間に結露して貯まったリキッドが染み出ることがあります。
    これは漏れではなく、このタイプの構造上致し方がないことですので、定期的にエアフローリングを外して拭き取ってあげてください。
    もしくは、吸い残し・吸い戻しをしない吸い方をすることによって、結露を防止します。


    はRDAのようで申し分ありません。
    DL(直肺)のフレーバーチェイサーですので、MTL(口吸い)の方にはお勧めできませんが、DL派の方には自信を持ってお勧めできるRTAです。
    クラプトンコイル、単線マイクロコイルで高Wを掛けても、ほとんどスピットバックが無かったのも良かったです。


    24mmの載るMODをお持ちの方は、今からでも人気のSerpent SMMを試してみてください!

    24mmの載るMODをお持ちでない方は、iStick Pico25と一緒に24mmデビューしてみませんか?


    こちらから購入できます!送料無料!


    ↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事

    Wotofo  ベプログショップ 

    0 Comments

    Leave a comment