Vape FYI

HOME > クリアロマイザー&コイル交換式 >CleitoEXO(クリートEXO) [aspire(アスパイア)] レビュー

04 2017

CleitoEXO(クリートEXO) [aspire(アスパイア)] レビュー

IMG_0832.jpg

Cleitoが進化!爆煙を超える煙量を体験できます!
前作と異なりトップエアフロー式の新構造に変化。
トップから入った空気がコイル下に回る循環システムで、超爆煙なのに味も良く、液漏れしない!

CleitoEXOを開封してみよう

IMG_0828.jpg 

プラスチックのケースです。
私が今までに手にしたMODやアトマイザーは、全て紙の箱だったので新鮮に感じます。
潰れたりしないので良いですね。

IMG_0831.jpg 

裏面には、内容物一覧や正規品チェック用のスクラッチがあります。

IMG_0830.jpg 

第一印象は、コイルでかっ!でした。

IMG_0833.jpg 

内容物
  • aspire CleitoEXO 本体(0.16Ωコイル含む)
  • 0.4Ωコイル ×1
  • 予備デルリンドリップチップ ×1
  • 予備Oリング ×2
  • ワランティカード

CleitoEXOのスペック

種類 クリアロマイザー
材質 SS+PCTG(タンク)
スレッド 510
ドリップチップ デルリンドリップチップ又は510
直径 23.5mm
高さ(スレッド含まず) 57mm(デルリンドリップチップ装着時)
コイル 交換式
エアフロー トップボトムエアフロー(調整不可)
タンク容量 0.16Ωコイル時:2ml / 0.4Ωコイル時:3.5ml
リキッドチャージ トップフィル
IMG_0832.jpg 

クリアロマイザーは、ペン型しか扱ったことがないので楽しみです。
タンクがステンレスで覆われているため、衝撃に強そうで良いですね。

タンクの素材がPCTGという樹脂製なので、柑橘系リキッドに含まれるリモネンという成分によってクラックが入る可能性がありますので注意してください。
メンソールは使用可能です。

IMG_0835.jpg 

分解してみました。
コイルでかいな~
コイルとトップキャップがネジ式で、他は嵌め込み式なので簡単に分解できました。
これなら洗浄も楽ですね。

IMG_0836.jpg 

エアーの流れが少し特殊なアトマイザーになっています。
  1. タンク上部の外側からエアーを取り込み(赤矢印)ステンレスパーツの間を通ってタンク下部の内側からが出てきます。(黒矢印)
  2. デッキ下部からエアーを取り込み(赤矢印)デッキ中央へ流れます。(黒矢印)
  3. コイル下部からエアーを取り込み(赤矢印)ミストと共に吸い口へ排出されます。(黒矢印)
このような構造によって、万が一コイル下部からリキッドが漏れてもデッキで受け止めることができ、外に漏れないようになっています。
なかなか良く考えられた構造になっていますね。
漏れダメ、ゼッタイ!

IMG_0840.jpg 

上:初期状態でアトマイザーに装着済みの0.16Ωコイル
下:予備として付属の0.4Ωコイル

コイルの体積が違うので、使うコイルによってリキッドの入る量が変わります。
0.16Ωコイル:2ml / 0.4Ωコイル:3.5ml


IMG_0844.jpg 

ポジティブピンは金メッキで、分解調整不可です。
少ししか出ていませんし、クリアロマイザーをハイブリッドで使うのはやめましょう。

IMG_0838.jpg 

変わったタイプのデルリン製ドリップチップです。
ドリップチップベースにOリングが付いていて、覆うように装着します。
同じ物が予備で1つ付いてきますので、無くしても安心ですね。

IMG_0839.jpg

一般的な510規格のドリップチップも使用できます。
キットに付属のウルテムドリップチップは内径が細くなっていて、味を重視して楽しむことができます。
私はこのドリップチップが大好きで、色々なアトマイザーで使用しています。
ウルテムドリップチップの単品購入もできますよ。

IMG_0837.jpg 

リキッドはトップキャップを外してチャージする、トップフィル方式なので簡単です。

IMG_0841.jpg 

Pico25に載せました。
強そう!ヽ(´∀`)ノ

使ってみよう

※初めて使用するコイルの場合はドライヒットを防止するため、リキッド補充後15分ほど置いてコイルにリキッドをよく染み込ませてください。

コイルは0.4Ω(推奨W数:40-60W)を使用します。

IMG_0802.jpg 


味の説明(ベプログより)
クッキーにホイップクリーム、カラメルをオフトッピングしたグラハムクラッカーベースのクッキー味

ベプログショップさんで、海外リキッドNo.1の座をずっとキープしているリキッドです。
以前に、RDAで始めてウーキークッキーを吸ったときはちょっと苦手だったんですよね。
吐き出し時の小麦感が苦手だったと記憶しています。
相変わらず、匂いは最高に美味しそうです。

⇒40W
ズォォォーーー、思いっきり吸い込みます。
あれ?あれれ?
苦手だった小麦感とか全く感じないです。
それよりも吐き出し時に、カラメルを物凄く感じます。

めちゃくちゃ美味しい!

以前RDAで吸ったときよりも、低抵抗で高Wなのが良かったのかもしれません。

⇒60W
甘みが強くなりました。
W数が上がったのでミストもより温かくなっています。
完全に好みになりますが、私は60Wで吸う方が好きですね。


まとめ

CleitoEXOは、私的には全然有りのアトマイザーでした。
さすがクリアロマイザーに定評のあるaspire製だと思いましたね。

良かった点は、
  • メンテナンスが簡単
  • 構造的に漏れない ← 超重要!
  • 爆煙なのにちゃんと味が出る
  • ドローがスッカスカというほどでもない
  • スピットバックがほとんど無い
  • タンクが衝撃に強い
惜しかった点は、
  • エアフローの調整不可
  • 柑橘系リキッドの使用不可
  • 0.16Ωコイルは要らなかった
エアフローの調整不可が一番気になるところですが、元々爆煙系アトマイザーなので調整の必要性はあまり感じませんでした。
ドローがスッカスカということもないですし、ウルテムドリップチップに変えることでドローが少し重くなり味も濃くなります。
私としては、調整できないよりは出来た方が良かったかな?とは思いますが、調整可能になることによって漏れの可能性が生まれるくらいなら調整不可の方が良いです。

アトマイザーで一番重要なのは「漏れないこと」だと私は考えます。
私が始めて買ったVAPEはeGo AIOですが、これはペン型で全くの漏れ知らずです。
もし初めて買ったVAPEが漏れやすいクリアロマイザーやRTAだったら、きっと私はVAPEは漏れる物なんだと思いVAPE自体を早々に止めていたと思います。
なのでこの漏れないCleitoEXOは味もミストも申し分なく、これからVAPEを始める方におすすめできるアトマイザーです。
実際にしばらく使用していますが、全くの漏れ知らずで快適ですよ。


こちらから購入できます!送料無料!

Cleito EXO【aspire】 [ベプログショップ]



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

aspire 

0 Comments

Leave a comment